閉店・移転、情報の修正などの報告

赤峰街の人が人を呼ぶアットホームなカフェ。コーヒーにも合う新感覚『饅頭バーガー』と2人の明るく可愛らしい店主との出会いに感動!

こんにちは、台北ナビです。

人気の赤峰街でじわじわと話題になっている「饅飽 MANBAO」。日本の雑誌でも取り上げられているので、あっ!知ってる~という方も多いかもしれません。日本人のお客さんも多いですが、ヨーロッパからのお客さんの足が絶えないとう一風変わったお店です。

饅頭バーガーは割包とは違うの?!なぜそんなにヨーロッパの方からの支持があるの?など色々疑問を持って、お邪魔してみました!するとそこにはとっても愉快な2人の店主とこだわりの詰まった『おいしい』がありました。

店主のセンスが光る店内

この大きな窓を開くと、中から香ばしいコーヒーの香りと饅頭のほんのり甘い香りが道にあふれだして道行く人を引き留めます

この大きな窓を開くと、中から香ばしいコーヒーの香りと饅頭のほんのり甘い香りが道にあふれだして道行く人を引き留めます

MRT「雙連」駅から徒歩3分ほどにある「饅飽」は、趣きある外観にふと足を止めてしまう古民家風の店構え。アットホームな雰囲気が漂ってきます。

店主のJaidenさんと小郁さんはもともとそれぞれデザイン、観光を専門に学んでいました。そんな二人は共通の友達を通じて仲良くなり、一緒にお店を開くことに。そしてお店を開くならお互いが好きな『饅頭』を扱ったカフェを作ろうと思い立ちました。デザインの勉強をしていたJaidenさんのセンスが冴える店内は、一見すっきり整然としていますが、クールな雑貨が絶妙なところに配置されています。
朗らかな小郁さん(左)とセンス抜群のJaidenさん(右)

朗らかな小郁さん(左)とセンス抜群のJaidenさん(右)

料理を担当するのはJaidenさん。昔からお腹が空いたら冷蔵庫にあるものでパパっと料理を作ってしまうくらい料理好きです。専門的に調理を学んだことはないということですが、料理をする姿からはプロのような佇まいが漂います。

ホテルでのインターン、カフェでの経験を活かし、ドリンクや接客を担当するのは小郁さん。柔和な笑顔と優しい物腰でおしゃべりしているだけで癒されてしまいます。
可愛らしい出前用の自転車。前カゴ部分には饅頭の蒸し器があるのが何ともいい~♪ 可愛らしい出前用の自転車。前カゴ部分には饅頭の蒸し器があるのが何ともいい~♪

可愛らしい出前用の自転車。前カゴ部分には饅頭の蒸し器があるのが何ともいい~♪

窓際にはカウンター席が3席。おひとりさまも気軽に立ち寄れますよ~

窓際にはカウンター席が3席。おひとりさまも気軽に立ち寄れますよ~

ソファー席もあります

ソファー席もあります

思わず写真を撮りたくなるほど、カウンターのディスプレイにもセンスが光ります! 思わず写真を撮りたくなるほど、カウンターのディスプレイにもセンスが光ります! 思わず写真を撮りたくなるほど、カウンターのディスプレイにもセンスが光ります!

思わず写真を撮りたくなるほど、カウンターのディスプレイにもセンスが光ります!

店内はまるでギャラリーのように絵画が飾られていました 店内はまるでギャラリーのように絵画が飾られていました 店内はまるでギャラリーのように絵画が飾られていました

店内はまるでギャラリーのように絵画が飾られていました

友達の家に来たかのようにほっと一息つきたくなります

是非見て!と見せてもらった扉に貼ってある数々のポストカードや写真。これらはお客様から頂いたものや自分の思い出などです。これを見ながら小郁さんは言います。

「常連さんがお友達を連れてやってきて、『ここは友人の家に来たような感覚になれる場所』という声をいただいた時が感動したんです」

そう、ここは『もう一度帰ってきたいと思える場所』なんです。
お客さんからの言葉を大切にしている2人 お客さんからの言葉を大切にしている2人

お客さんからの言葉を大切にしている2人

そして、2人の似顔絵が書いているイラストについて聞いてみると、こんなエピソードがありました。

ある日本人のイラストレーターさんが台湾1周をするために台湾へ来ました。おしゃべりの中からそれを知ったおふたりは彼女とLineを交換。何かあったら助けられるように……という思いからと言います。帰国前、彼女が再度お店を訪ねた時のこと。饅頭バーガーなどのイラストを描く彼女に冗談で、「私達のことは描かないの?」と言ってみたところ、日本へ帰国後2人を描いてくれました。Lineで送ってきてくれたイラストを印刷して店内に貼ろうと思ったら、その話を聞いた彼女が日本から原画を送ってきてくれたのだとか。

このエピソードにほっこりするし、お店の温かい雰囲気に溶け込む二人の人柄を捉えた似顔絵にもほっこりしてしまいます。
この窓のペイントはイラストレーターである平野芳恵さんと河合誠子さんが即興で描いてくれたもの。

それまではJaidenさん自身が描いていたらしいのですが、ペイントを変えたいなぁと思っていた時に二人が来店され、お願いしてみました。快諾したふたりは試し描きもなく、ササっと描いたそう。「饅飽」を連想させる饅頭バーガーやドリンク、そして台北の街で見かけた風景が描かれています。
日本のお客さんも多いのですが、なぜかフランス人のお客さんも多いのもこちらの特徴です。それはすべてクチコミやブログでこちらの魅力が広がったから。今では赤峰街界隈で『フランス人率が最も高いお店』と言われています。食の国フランス人に認められる饅頭バーガー、これは試してみない手はありません。

饅頭バーガー≠割包

Jaidenさんに言わせると台湾人にとって『饅頭』とは朝ごはんに玉子や油條を挟んで食べるもの。それ以上でもそれ以下でもなく、合わせるドリンクは豆漿(豆乳)。そんな伝統的な概念を持っているそう。でも「大好きな『饅頭』にだって、進化の余地はあるはず!」と、ふたりはコーヒーにも合うという饅頭バーガーを考案しました。

饅頭バーガーって「割包」でしょう?と思われる方が多いかもしれません。でも違うのです!割包で使われる饅頭は細長く、それを2つ折りにしています。これだと中に挟む具材の量や高さに制限ができてしまうのです。そこで考えました。ハンバーガーのバンズのように饅頭を半分にカットするのはどうだろう?でもそうすると汁が饅頭に染み込んでしまい食感が悪くなってしまう……。それなら薄い饅頭を2枚で具材を挟むのはどうかと。このアイディアを可能にしてくれたのが、経験豊かな職人さん。技術的には難しいことなんですが、彼女達の理想の饅頭を作り上げてくれたそうです。

そこから生まれた饅頭バーガーは、朝ごはんの定番「饅頭」とは一線を画す味と見た目。伝統的な食べ物が柔軟なアイディアで生まれ変わりました。
手作りの饅頭はひとつずつ形が違います。それを丁寧に蒸して提供してくれますよ! 手作りの饅頭はひとつずつ形が違います。それを丁寧に蒸して提供してくれますよ!

手作りの饅頭はひとつずつ形が違います。それを丁寧に蒸して提供してくれますよ!

秘伝の自家製調味料と作りたてにこだわります

清潔なキッチンでテキパキと動くおふたり

清潔なキッチンでテキパキと動くおふたり

お店で使用する調味料は自家製のものがたくさん!その中でも、自家製の秘伝唐辛子入り辣油は、お客さんからの要望に応えて商品化したもの。気に入ったらお土産として買って帰ることができます!家でもお気に入りの味を楽しめるのはうれしいですよね!

ナビが個人的にいいなと思ったのは、注文を受けてから調理を始めること。自分のために作ってくれていると感じられるのがいいんです。しかもそれぞれが阿吽の呼吸で作業する姿は見ていて清々しい!調理が終わったらその都度調理器具を洗って、キッチンをきれいに保っているのもいいなと思います。
このハニーアップルジャムもチリソースも自家製!自分たちで作れるものはすべて自分たちで手作りしています

このハニーアップルジャムもチリソースも自家製!自分たちで作れるものはすべて自分たちで手作りしています

この可愛らしいラベルはJaidenさんがデザインしたもの。オリジナリティを大事にして、ほかとは違う彼女ならではの感性で仕上げています

この可愛らしいラベルはJaidenさんがデザインしたもの。オリジナリティを大事にして、ほかとは違う彼女ならではの感性で仕上げています

ここに来たら絶対食べたい!店主こだわりの饅飽

メニューをざっと見てみると、全体的に台湾にしては少々価格帯が高いような気もしますが、それはおふたりが体にいいものをお客様に提供したいという思いがあってのこと。やはり安いものには理由があるということなのでしょう。いいもの、そしておいしいものを身体の中に取り入れること、それが心と身体の健康に繋がるだろうし、ナビは全然惜しくない値段だと思います。

饅頭バーガーを注文するとドリンクは20元引きになります!

饅頭バーガーを注文するとドリンクは20元引きになります!

天麻椒香秘汁雞(250元)
日本人にも人気の定番商品です。

自家製チリソースに漬けこんだ柔らかいチキンをもっちり優しい甘みを感じる饅頭でサンドしており、絶妙なおいしさ!チキンがはみ出そうなほど入っており、そこに甘みのある台湾マヨネーズで和えたキャベツやオニオン、ネギなどを挟み込み、ボリュームたっぷりです。
魅惑のふかふか饅頭

魅惑のふかふか饅頭

小郁さん特製のドレッシングは酸味が強めで後味がさっぱり。彩も豊かで栄養もバッチリ!

小郁さん特製のドレッシングは酸味が強めで後味がさっぱり。彩も豊かで栄養もバッチリ!

辛さは小辣か中辣を選べます。ナビは小辣にしましたが、少し辛さが強いと感じました。(辛いのが苦手なカメラマンは1口でもう無理~と涙目。笑) でも、台湾特有の甘いマヨネーズのおかげで口の中がマイルドになって、引きずる辛さはなし。パクパク食べてしまいました!
そのほかにも、ドイツのソーセージとピーナツバターを合わせた「法克香腸(180元)」や、照り焼き風のチキンにパインをのせハニーアップルジャムを加えた「醬燒乾煎雞(240元)」もあります。手作りキムチに自家製チリソースを加えた「史派西泡菜豬(240元)」は韓国人も絶賛するほどの味。

さらに素食(ベジタリアン)向けの「炒爆菇菇(190元)」はエリンギと九層塔(台湾バジル)を特製ダレで炒めたものに自家製のニンジン漬けをのせています。お酒も進みそうなくらい濃い味付けで、腹持ちもいいのだとか。しかも素食は色んな種類があり、それらにも対応。仏教の思想に基づく素食の人は五葷(ネギ、ラッキョウ、ニンニク、タマネギ、ニラなどのにおいの強いもの)を避ける人も多いと聞いてビックリ!注文時に食べられないものを伝えればそれらにもきちんと対応してくれますよ!

小食派におすすめのセットメニュー「小鳥胃套餐」と夏らしい新商品!

小鳥胃とは「小食」という意味。つまり「小鳥胃套餐」とは小食の方向けにつくられたセットメニューです。饅頭バーガーに各種ペーストを塗ったものとドリンクがセットになっていて、小腹がすいているときにもってこい!

ナビが注文したのはPlan B。お土産としても人気の「新竹福源」のピーナッツバターを饅頭に塗ったシンプル饅頭バーガーです。ピーナッツの香りが高く、程よい塩気で甘すぎないので、ペロっと食べられます。上にのったアーモンドが食感のアクセントになって手が止まりません。
台湾で有名なピーナッツバター

台湾で有名なピーナッツバター

ピーナッツバターの上にピーナッツを加えていますよ~!

ピーナッツバターの上にピーナッツを加えていますよ~!

このほかにも大同電鍋で蒸しあげて作るさつまいものペーストを塗ったPlan Aや自家製チリソースとピーナッツバターを塗ったPlan Cもあります。シンプルな料理だからこそ饅頭そのもののおいしさがわかり、ちょっとお茶をしたいなという時にかなり使えるセットです。

鮪魚沙拉烏龍麺220元

今夏の新商品!夏にぴったりのレモンが香るサラダうどんで、自家製のドレッシングと辣油を使用しています。食欲が落ちてくるこの時期でも箸がすすむ一品。ちなみにナビが訪れた時には近所の「赤峰猫舌菓」のオーナーであるチャーリーさんがこれを食べていて、写真を撮らせてくれました。

そして「味見どう?」と優しい言葉まで。お客さん同士が仲良くなって、そして友達の和が広がっていく……。饅飽らしいステキ体験が出来ました!

コーヒー系はもちろんクラフトビールもありますよ~!

自家製糖檸檬氣泡 120元

かわいいフォルムのグラスにレモンとミントが浮かぶ涼しげなスパークリングドリンク。レモンが際立ち、甘さ控えめでさっぱりと夏らしいさわやかな味です。辛めの饅飽と食べれば辛さを中和してくれてどんどん食欲がわいてきますね! がっつりバーガーのおともピッタリですよ。
こだわりのエスプレッソマシーン。コーヒーの香りが漂ってきます

こだわりのエスプレッソマシーン。コーヒーの香りが漂ってきます

冷蔵庫には店主が厳選した世界のお酒たちが冷やされています。

冷蔵庫には店主が厳選した世界のお酒たちが冷やされています。

普段見かけない珍しいお酒が多くて見ているだけでわくわくします

普段見かけない珍しいお酒が多くて見ているだけでわくわくします

左は台湾製のクラフトビール、右はドイツのビール。日本人には左の台湾のクラフトビールが人気のよう

左は台湾製のクラフトビール、右はドイツのビール。日本人には左の台湾のクラフトビールが人気のよう

アットホームな店内で、明るく温かい店主と触れ合いながら饅頭バーガーを食べられる「饅飽」。饅頭のおいしさを再認識し、新たな可能性と魅力を感じられる稀有なお店だと思います。赤峰街にはこうして昔からある素晴らしいものにスポットライトを当てて、新たな価値を見出すお店がどんどん増えてきています。皆さんも赤峰街でおしゃれに温故知新体験をしませんか?

以上、 台北ナビがお届けしました。
お水やカトラリーはセルフサービス!

お水やカトラリーはセルフサービス!

チップを渡したい方はこちらへ~

チップを渡したい方はこちらへ~

メニューも自分で取る方式ですよ!

メニューも自分で取る方式ですよ!

記事登録日:2019-09-04

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2019-09-04

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

下町の雰囲気と現代の流行を味わえる、フォトジェニックな赤峰街を散策!

下町の雰囲気と現代の流行を味わえる、フォトジェニックな赤峰街を散策!

初台北の大学生ナビ的指南を教えちゃいます♪