路地 氷の怪物(市民大道店)

路地 氷の怪物(市民大道店)

閉店・移転、情報の修正などの報告

台中発の可愛すぎるモンスターかき氷。厳選食材と全行程手作りで美味しさにも自信あり!


こんにちは、台北ナビです。

数え切れないくらいのかき氷屋さんがある南国台湾から、本日は「路地 氷の怪物」の飛び切り可愛いモンスターかき氷をご紹介します。

数年前からInstagramを賑わせている台中発のこのかき氷。ナビもず~っと気になっていたのですが、なかなか伺う機会がなく…この度、ようやく台北市にある市民大道店へ行ってまいりました。結論から言ってしまうと、期待通りの可愛さと予想以上の美味しさです!!

台北のお店は東区の繁華街。MRT「忠孝復興」駅から徒歩5分です

市民大道の足4本のこの子が目印

市民大道の足4本のこの子が目印


2013年、台中市の地でソフトクリーム屋としてスタートを切ったこのお店。ある年のハロウィンイベントをきっかけに、計らずも“モンスターかき氷”が誕生します。その可愛さがInstagramやブログを通じて一気に拡散し、連日行列のモンスターブームを引き起こす人気店となりました。

そして2017年3月、台北市にも待望の支店がオープン!「食べたいけれど新幹線に乗って台中までは行くのは遠い…」と諦めていたナビのような人には嬉しすぎる朗報です。MRT板南線と文湖線が乗り入れる「忠孝復興」駅から徒歩5分の繁華街にあり、観光客もふらりと訪れやすい場所です。
現在カフェとテイクアウトを合わせて5店舗を構える不動の人気店 現在カフェとテイクアウトを合わせて5店舗を構える不動の人気店 現在カフェとテイクアウトを合わせて5店舗を構える不動の人気店

現在カフェとテイクアウトを合わせて5店舗を構える不動の人気店

ソフトクリームから“モンスターかき氷”が誕生した秘話は後ほど! ソフトクリームから“モンスターかき氷”が誕生した秘話は後ほど!

ソフトクリームから“モンスターかき氷”が誕生した秘話は後ほど!

遊び心を忍ばせた、ほっと落ち着く和空間

暖簾にひらがなで「ろじ」

暖簾にひらがなで「ろじ」


店名や外観からも想像がつくように、店内もモダンな和のデザインで統一されています。カウンターテーブルにモンスターが座っていたり、記念撮影にぴったりなエリアが用意されていたりと、ほっと落ち着く空間の中にも遊び心が満載です❤

1階と2階がイートインエリアで全80席。
1階
2階
思わず写真を撮りたくなる!

思わず写真を撮りたくなる!

テーブル席

テーブル席

畳席からはモンスターがお茶をする姿が!和む~❤

畳席からはモンスターがお茶をする姿が!和む~❤

カードにスタンプを押して注文!

ここでかき氷を注文

ここでかき氷を注文


店内を楽しく散策したところで、看板メニューの「氷の怪物」(200元)をさっそく注文をしてみましょう。

このオーダー方法がとっても楽しくてユニーク!お店を入ってすぐのカウンターで、カードとスタンプを使って“注文カード”を作るんです。初めてだとちょっと戸惑ってしまいそうですが、日本語の堪能なスタッフがいるので大丈夫! 

※そのほかの飲料やスイーツは直接会計カウンターへどうぞ。

ステップ①
かき氷の味を選び、その味のカードを取ります。

北海道十勝産の牛乳を使用したミルク味が基本で、それに抹茶やココアなどのフレーバーがプラスされています。ナビが取材に訪れた日は以下5種類のフレーバーがありました。期間限定で桜フレーバーやパンプキンフレーバーなども登場するそう。
【北海道十勝鮮乳】北海道十勝産の牛乳を使用。台湾人に人気のベーシックなフレーバー
【宇治抹茶】京都宇治産の抹茶を使っていて、このお店の定番メニュー
【黒芝麻】100%純黒ごまを低温で焼き、研磨してかき氷にミックス。栄養価も高そうなかき氷で、日本人に人気
【宮古島雪鹽花生】当店舗限定で、台湾産の手作りピーナッツバター×宮古島の雪塩のかき氷
【法國可可】フランス産の純度の高いココアを使っていて、濃厚で甘さとほろ苦さが入り混じるちょっと大人な味わい

ステップ②

かき氷のトッピングを2種類選び、そのスタンプをポン!

トッピングは25種類もあって、ソフトクリームに白玉団子やジャム、ゼリーなどバラエティ豊か。かき氷とは別の小皿で出てくるので、かき氷に乗せて食べてもよし!そのまま単品で食べてもよし!これはどれにしようか迷ってしまいます。 
スタッフのイチ押し!
ソフトクリーム

ソフトクリーム

蜂蜜金木犀ゼリー

蜂蜜金木犀ゼリー

桜の塩漬けゼリー

桜の塩漬けゼリー

白玉あずき

白玉あずき

白玉ほうじ茶ゼリー

白玉ほうじ茶ゼリー

白玉抹茶ゼリー

白玉抹茶ゼリー

ステップ③

これで注文カードが完成。これを持って向かいの会計カウンターでお会計をすれば完了です。かき氷は注文を受けて30秒~1分くらいの超スピードでできるので、そのまま「取餐區」へ向かい、かき氷をピックアップしてください。
お会計。カードは回収されないので来店の記念に!

お会計。カードは回収されないので来店の記念に!

お店奥の「取餐區」でピックアップ

お店奥の「取餐區」でピックアップ

お水はセルフサービス

お水はセルフサービス

水分一切なし!ミルクだけで作った「雪片冰」だから濃厚うまうま!

かき氷に小皿のトッピングが添えられて、和風セットで登場してきました。

まずは「宇治抹茶」フレーバーのかき氷から。軽くてフワフワの「雪花冰」のような食感を想像していたのですが、食べてみると濃厚でしっとり。京都産宇治抹茶の豊かな香りとほろ苦さが口の中に広がります。水と牛乳+フレーバー原料を固めた氷を削る「雪花冰」に対して、このお店は水分一切なしの牛乳+フレーバー原料で作っているので、かき氷とアイスクリームをミックスしたような独自の食感が生まれるそう。台湾の一般的なかき氷に比べるとやや小ぶりですが、ずっしりと食べ応えがあります。

トッピングの「白玉紅豆(白玉あずき)」は本格的な和菓子(日式などではありません~!!)で、日本の甘味屋さんに来たようなほっと落ち着くお味。もう一つの「鹽漬櫻花凍(桜の塩漬けゼリー)」は、桜の香りがほのかに漂うさっぱり味。どちらもすべて手作りで、小豆を煮たり、桜の花びらを塩漬けにしたりするところから3階の厨房で行っています。細部まで手間ヒマかけて作られたものは納得の美味しさ!
“台湾の湯圓かな”と思ったら完全に日本の白玉。失礼しました!

“台湾の湯圓かな”と思ったら完全に日本の白玉。失礼しました!

花びらを一枚一枚手作業で開いて、綺麗なゼリーが完成

花びらを一枚一枚手作業で開いて、綺麗なゼリーが完成


続いては、当店舗限定フレーバー「宮古島雪鹽花生」。台湾産の手作りピーナッツバター×宮古島産雪塩のかき氷で、濃厚なピーナッツ味にまろやかな塩気が加わって絶妙なコンビネーション。台湾の昔懐かしの味がおしゃれさんに変身~!

トッピングの「蜜汁栗子(栗のシロップ漬け)」は栗本来の味を生かした甘さ控えめで、グラッセとも甘露煮とも異なってなんとも言えない美味しさ!ピーナッツ味のかき氷と相性抜群で、一緒に食べればモンブランのようなケーキかき氷が楽しめます。黄金色に輝く「蜂蜜桂花凍(蜂蜜金木犀ゼリー)」は香り豊かでさっぱり味。濃厚なかき氷の“箸休め”的な存在としてもいい味出してます。どのトッピングもレベルが高い!
蜜汁栗子

蜜汁栗子

黄金色に輝く金木犀のゼリー

黄金色に輝く金木犀のゼリー

そう言えば、モンスターに混じってだるまさんがあちこちに!

そう言えば、モンスターに混じってだるまさんがあちこちに!


こんなに可愛いかき氷が誕生した経緯をスタッフに聞いてみると、台湾らしくて面白い答えが返ってきました。

ある年のハロウィン、イベントに合わせてソフトクリームにアイシングの目をデコレーションして販売しました。それがなかなか好評だったのでかき氷にも目を付けて提供してみると、今度は“怪物”のかき氷としてSNSでたちまち話題に。実はこれ、縁起物の“だるまさん”をイメージしたデコレーションだったのですが、「みんながモンスターと言うのなら、モンスターと言うことで」と、お客さんのリアクションに合わせて誕生したのがこのかき氷なんです。台湾人らしい柔軟さが活きた、可愛いだけじゃなくて縁起もいいかき氷~!
ここにも発見

ここにも発見

オープンキッチン

オープンキッチン

計らずも生まれたこのかき氷、夏場は1日1000皿も出るそう。かき氷機フル稼働、スタッフ20人総出で大忙しだそうです。 計らずも生まれたこのかき氷、夏場は1日1000皿も出るそう。かき氷機フル稼働、スタッフ20人総出で大忙しだそうです。 計らずも生まれたこのかき氷、夏場は1日1000皿も出るそう。かき氷機フル稼働、スタッフ20人総出で大忙しだそうです。

計らずも生まれたこのかき氷、夏場は1日1000皿も出るそう。かき氷機フル稼働、スタッフ20人総出で大忙しだそうです。

ソフトクリーム店は裏の『路地』にあり!


このお店の創業メニューであるソフトクリームもテイクアウトでいただけます。

その販売場所は大通りの市民大道に面したかき氷店の裏側。かき氷店と同じ建物ですが、こんな「路地」にあります。「日本の美味しいお店は路地に多い」と日本通のオーナーが命名したそうで、それにちなんで店舗もちゃんと小道にあり。ちなみに全5店舗、路地にあるそうですよ。
路地にあり!

路地にあり!

ドリンクも販売

ドリンクも販売

かき氷店の裏側にあります。

かき氷店の裏側にあります。


北海道十勝鮮乳100元

北海道十勝鮮乳100元


【北海道十勝鮮乳100元】
かき氷と同じく、北海道十勝産の牛乳を使用。水分なしのミルクだけで作られたソフトクリームは濃厚でとってもなめらか。ミルク感たっぷりで、台湾でもう他のソフトクリームが食べられなくなりそう~。


【巣蜜130元】
ハチミツがかかったソフトクリームを予想していたら、蜂の巣がトッピングされていてびっくり。ここにしかない贅沢で濃密な味わいのソフトクリームです。
巣蜜130元。ソフトの右側に見える塊が蜂の巣!

巣蜜130元。ソフトの右側に見える塊が蜂の巣!

お団子がトレードマーク!笑顔が素敵なスタッフ

お団子がトレードマーク!笑顔が素敵なスタッフ


北海道産十勝牛乳をはじめとする厳選食材を使用し、手間を惜しまずに全行程手作りで行う「路地 氷の怪物」。かき氷の可愛さに惹かれて取材に訪れましたが、それ以上に美味しさへのこだわりを感じました。可愛さだけじゃなくて美味しいかき氷、皆さんもぜひ味わって見てくださいね。

以上、台北ナビでした。
グッズも販売!

グッズも販売!

ちなみに足4本で、某映画のまっく○くろすけとは違いますよ〜

ちなみに足4本で、某映画のまっく○くろすけとは違いますよ〜

店内ドリンク&フードメニュー

店内ドリンク&フードメニュー

冬季メニューもこんなに可愛い!(画像提供:路地 氷の怪物)

冬季メニューもこんなに可愛い!(画像提供:路地 氷の怪物)

ワッフルやお団子も!(画像提供:路地 氷の怪物)

ワッフルやお団子も!(画像提供:路地 氷の怪物)

記事登録日:2018-04-23

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-04-23

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供