スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ツアー・手配 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


太魯閣ツアー(1日/半日) 【中国語ガイド】

閉店・移転、情報の修正などの報告

いろいろ回りたい方へ朗報、太魯閣コースも1日と半日があります

★★2017年より入場料が必要です★★

2017年より観光スポットによっては入場料が必要となるものがあります。ツアー代金内には含まれておりませんので、お客様のご負担となります。

入場料に関する情報は「観光局」及び「國家管理處」からのお知らせをご覧ください。


こんにちは、台北ナビです。

台湾観光でぜひ!と言われる観光地の1つに「太魯閣」があります。ダイナミックな岩の峡谷を車で、時に徒歩で、感歎とため息をつきながらの旅は、思い出深いものになるに違いありません。今回は台湾東部の花蓮県に属する「太魯閣」の見どころを、各自が時間帯によって選べる3つのコースをご準備しました。

★★ 太魯閣1日コース・ツアー情報 ★★


集合時間:8:45~10:15(集合場所によって時間は異なります)
所要時間:7~8時間
出発曜日:毎日 
催行人数:2名様から
料金:大人(13歳以上)、子供(3歳以上~12歳以下)、3歳未満(1人としてみなします)

★ 旅行条件に含まれるものは以下の通りです。
ツアー中の車両、運転手兼ガイド(中国語)、200万元の旅行責任保険+10万元の医療保険

★人数の都合により、他の国の方たちと一緒のバスに乗ることがあります。

※花蓮市内以外のホテルへの送迎は追加料金がかかります。


主催:春悦旅行社(股)公司

ツアースケジュール

印地安酋長岩(インディアン岩)

印地安酋長岩(インディアン岩)


8:30ごろ 市内(ホテル)出発

清水断崖(台湾十景の一つ)

太魯閣国家公園管理処

布洛灣台地

燕子口(太魯閣峡谷、壷穴、沸泉、印地安酋長岩などの地質景観を見ます)

天祥

九曲洞(経由)

長春祠

七星潭

16:30~17:30 ホテル/台鉄「花蓮」駅/花蓮空港到着

出発時間・場所


集合時間:8:45~10:15(集合場所によって時間は異なります)
遠雄悅來 / 理想大地に宿泊の方は、08:30ピックアップ出発。

09:26 台鉄「花蓮」駅(花蓮県旅遊服務中心前)出発

10:15 台鉄「新城」駅出発

※正確な出発時間が判明するのはツアー催行前日の20:30頃になります。ツアー会社よりお客様の携帯電話へ連絡いたしますので、携帯電話がつながる状態にしておいてください。携帯電話がない方は宿泊先とチェックイン日などの情報を記入ください。

注意事項

1. 当日列車で来られる方は、出発時間の遅くとも5分前には到着する便に乗車ください。
2. もし上記の時間に間に合わない方は、半日コースにご参加ください。
3. 太魯閣國家公園管理處の規制によって、当日スケジュール内容が変動する場合もあります。
4. 旧正月の初日~5日は、交通規制の関係で、ツアーは行われません。
5.昼食は自費となります。


清水断崖(台湾十景の一つ)

清水山(2408m)の裾野が、そのまま太平洋に落ち込んだ部分の約22.7kmを清水断崖と言います。断崖という名の通り、切り立った岩に波が激しくしぶく様子は圧巻。日本統治時代の台湾八景の一つで、ところどころに統治時代の臨海道路がそのまま残っています。
この荒々しいダイナミクな景色

この荒々しいダイナミクな景色

1000mの高さの断崖が、22.7kmにわたって続いています

1000mの高さの断崖が、22.7kmにわたって続いています

断崖に掘られた清水トンネルは現在使用されていません

断崖に掘られた清水トンネルは現在使用されていません

東西横断公路の入口にある門と石碑、太魯閣へは門をくぐるのではなく、右の橋を渡って行きます

東西横断公路の入口にある門と石碑、太魯閣へは門をくぐるのではなく、右の橋を渡って行きます


太魯閣国家公園管理処へ

太魯閣国家公園の総面積は9万2000ヘクタールに及びます。その昔日本人は「Taruku」という音を発音出来なかったため「Taroko」という音に修正し、「大魯閣」という字を当てました。この字には勇者の開拓精神という意味があります。一番の見どころは、太魯閣渓谷。花蓮県を流れる立霧渓が太魯閣の大理石を侵食して形成された渓谷には、高山、断崖、滝など豊かな生態を感じることができます。
燕子口
(壷穴、沸泉、印地安酋長岩などの地質景観を見ます)

太魯閣の景色はここに集約されています。「燕子口」という名前の由来は、春や夏に多くのツバメがここへ渡って来て渓谷を飛び回ったり、ここに生殖するヒメアマツバメやイワツバメが多くいるからこの名前が付きました。渓谷には大きさの異なる穴が多く見られますが、この穴はツバメとは関係なく、その昔水流で流れた石が川床にあたり長年の歳月をかけて浸食したもの。それが徐々に隆起し今の形になりました。そのためポットホールの口は上流方向を向き、下流方向を向いているものは地下水が岩の中に溜まり、どんどん中から外へ染み出し次第に穴が大きくなりました。自然の偉大さを感じずにはいられません!またここまでくると景色がガラっと変わり、V字型渓谷だったのが石灰岩地質のU字型渓谷へ!この壮大さを感じてください、それだけで一見の価値ありです。
燕子口の入口、下には吊り橋

燕子口の入口、下には吊り橋

ヘルメット着用です

ヘルメット着用です

洞窟とも言える穴が各所にあります

洞窟とも言える穴が各所にあります

天祥

太魯閣観光で終着点にあたる天祥。日本統治時代の名称はタビト。ここには撫子小学校、武道館、宿泊所、療養所、今でいう居酒屋などが有り、常時100人程度の警察官とその家族が常駐していました。天祥は「東西横貫公路」の取り次ぎ場所としてとても重要なところで、トラベルインフォメーションや郵便局、食堂もあり、折り返し地点としてゆっくりされる方も多いところです。
尾の様な山奥にも昔日本人は住んでいました 尾の様な山奥にも昔日本人は住んでいました

尾の様な山奥にも昔日本人は住んでいました

九曲洞(経由のみ)

九曲洞とは9つのトンネルではなく、たくさんくねくね曲がった山洞の意味。太魯閣渓谷で最大の見所で全長1.9Kmあるのですが、近年落石事故が多く、目下閉鎖中。

長春祠

現在気軽に太魯閣を観光できるようになったのも「東西横貫公路」があるからです。ここは人力で絶壁や断崖を削り、トンネルを掘って作りました。工事中には212名の方々が亡くなり、これらの方々の霊を弔うため1958年に建てられたのが長春祠です。遠くから長春祠を眺めることも可能ですが、展望台から長春橋を渡ると右側に入口があります。長春祠に辿りつくまでにも薄暗いトンネルを通っていくのですが、このトンネルも人力で掘られました。長春祠に到着したら、遠くから見ていたあの滝がすぐ近くで見えます。この水は湧き水!また、ここから眺める立霧渓も絶景です。
七星潭

花蓮一有名で美しい海辺と言われ、晴れている時は美しいブルー!海風に吹かれながら見つめる太平洋はとっても雄大です。

★★ 太魯閣 半日Bコース・ツアー情報 ★★


集合時間:10:30~11:00(集合場所によって時間は異なります)
所要時間:4時間(食事なし)
出発曜日:毎日 
催行人数:2名様から
料金:大人(13歳以上)、子供(3歳以上~12歳以下)、3歳未満(1人としてみなします)

★ 旅行条件に含まれるものは以下の通りです。
ツアー中の車両、運転手兼ガイド(中国語)、200万元の旅行責任保険+10万元の医療保険

★人数の都合により、他の国の方たちと一緒のバスに乗ることがあります。

※花蓮市内以外のホテルへの送迎は追加料金がかかります。

主催:春悦旅行社(股)公司

ツアースケジュール


11:10 台鉄「花蓮」駅出発

七星潭

東西橫貫公路石碑

燕子口(壷穴、沸泉、印地安酋長岩などの地質景観を見ます)

「緑水地質展示館」
上階で太魯閣國家公園の地質紹介や歴史を参観後、下階で、立霧溪を眺めることができる場所で休憩。

九曲洞を経由して長春祠へ

15:00~16:00 ホテル/台鉄「花蓮」駅/花蓮空港到着。

出発時間・場所


10:30~10:50 花蓮市内(ホテル)ピックアップ出発

11:00 台鉄「花蓮」駅(花蓮県旅遊服務中心前)出発

※正確な出発時間が判明するのはツアー催行前日の20:30頃になります。ツアー会社よりお客様の携帯電話へ連絡いたしますので、携帯電話がつながる状態にしておいてください。携帯電話がない方は宿泊先とチェックイン日などの情報を記入ください。

注意事項

1. 当日列車で来られる方は、出発時間の遅くとも5分前には到着する便に乗車ください。
2. 11:00以後に台鉄「花蓮」駅に到着の方は、午後半日コースにご参加ください。
3. 太魯閣國家公園管理處の規制によって、当日スケジュール内容が変動する場合もあります。
4 . 旧正月の初日~5日は、交通規制の関係で、ツアーは行われません。

「緑水地質展示館」内の上階は興味深いものがあります、ぜひご覧ください 「緑水地質展示館」内の上階は興味深いものがあります、ぜひご覧ください 「緑水地質展示館」内の上階は興味深いものがあります、ぜひご覧ください
「緑水地質展示館」内の上階は興味深いものがあります、ぜひご覧ください 「緑水地質展示館」内の上階は興味深いものがあります、ぜひご覧ください 「緑水地質展示館」内の上階は興味深いものがあります、ぜひご覧ください

「緑水地質展示館」内の上階は興味深いものがあります、ぜひご覧ください

★★ 太魯閣 半日Aコース・ツアー情報 ★★


集合時間:13:00~13:45 花蓮市内出発(ホテル)出発
所要時間:3~4時間(食事なし)
出発曜日:毎日 
催行人数:2名様から
料金:大人(13歳以上)、子供(3歳以上~12歳以下)、3歳未満(1人としてみなします)

★ 旅行条件に含まれるものは以下の通りです。
ツアー中の車両、運転手兼ガイド(中国語)、200万元の旅行責任保険+10万元の医療保険

★人数の都合により、他の国の方たちと一緒のバスに乗ることがあります。

主催:春悦旅行社(股)公司

ツアースケジュール


13:00~13:45 花蓮市内出発

東西橫貫公路石碑

燕子口(壷穴、沸泉、印地安酋長岩などの地質景観を見ます)

「緑水地質展示館」
上階で太魯閣國家公園の地質紹介や歴史を参観後、下階で、立霧溪を眺めることができる場所で休憩。

九曲洞を経由して長春祠へ

16:00~17:00 ホテル/台鉄「花蓮」駅/花蓮空港到着

出発時間・場所


13:00~13:45 出発

花蓮市内(ホテル)、台鉄「花蓮」駅集合場所の希望は予約時にお申し付けください。

※正確な出発時間が判明するのはツアー催行前日の20:30頃になります。ツアー会社よりお客様の携帯電話へ連絡いたしますので、携帯電話がつながる状態にしておいてください。携帯電話がない方は宿泊先とチェックイン日などの情報を記入ください。

注意事項

1. 当日列車で来られる方は、出発時間の遅くとも5分前には到着する便に乗車ください。
2. 太魯閣國家公園管理處の規制によって、当日スケジュール内容が変動する場合もあります。
3 旧正月の初日~5日は、交通規制の関係で、ツアーは行われません。

●送迎ご案内車●

基本的には8人乗りの車になりますが、当日の参加人数によっては大型遊覧バスになることもございます。ご了承ください。
8人乗り 8人乗り

8人乗り

遊覧バス 遊覧バス

遊覧バス

▼▼▼台鉄「花蓮」駅集合の方はご注意ください▼▼▼

台鉄「花蓮」駅は人が多く、乗り間違い等が多発しています。

そのため、台鉄「花蓮」駅集合の方は、「花蓮県旅遊服務中心」前が集合場所になります。
「花蓮県旅遊服務中心」・・・台鉄「花蓮」駅を降りて、まっすぐ右方向を歩いていくと、「花蓮県旅遊服務中心」の建物があります。

必ずプラカードを持っていますので、間違って他の車に乗らないよう、お気を付け下さい。
この建物の前が、ツアーの集合場所です。 この建物の前が、ツアーの集合場所です。

この建物の前が、ツアーの集合場所です。

台北ナビからの注意事項:

1、各自で雨具、水、など必要なものをご用意ください。
2、戸外にいる時間も長いため、歩きやすい靴を着用の上、水分補給や日焼け対策などには充分にお気を付け下さい。
3、上記のツアーは、市外のホテル発着の場合は、別途料金が加算されます。
4、当日の交通状況により、時間が異なる場合もあります、ご了承ください。
5、スケジュールをご遵守ください。遅れた場合は放棄したとみなし、返金はいたしません。

★台風などの不可抗力による影響でスケジュール変更が行われる場合は、大変申し訳ありませんが、ご了承ください。 

記事登録日:2015-05-11

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    momo<3

  • photo

    momo<3

  • photo

    momo<3

  • photo

    momo<3

  • photo

    CX4

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-05-11

スポット更新日:2017-03-03

利用日
大人 子供