3/8-18「第13回大阪アジアン映画祭」上映作品ラインアップ決定

毎年大注目の台湾映画は6本! 全てが日本初上映です!


「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」をテーマにお届けする大阪アジアン映画祭。

今年で 13 回目となる同映画祭の作品ラインナップが決定しました。

作品本数は、計 52 作(うち、世界初上映 13 作、海外初上映 7 作、アジア初上映 2 作、日本初上映 24 作)、上映作品の製作国・地域は、中国、香港、台湾、韓国、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、インド、スリランカ、スロベニア、マケドニア、アメリカ、日本の 18 の国と地域となります。

名称:第 13 回大阪アジアン映画祭
会期:3 月 9 日(⾦)〜18 日(日)
会場:梅田ブルク 7、ABC ホール、シネ・リーブル梅田、阪急うめだホール、ほか
チケット:2 月 24 日(土)からチケットぴあにて発売開始

【コンペティション部門】


全15作のうち台湾映画は3作!

■『血観音』(The Bold, The Corrupt and the Beautiful/血観音)日本初上映/台湾/監督:ヤン・ヤーチェ(YANG Ya-Che/楊雅喆)


■『傷心わんこ』(A Dog’s Life/狗狗傷心誌)海外初上映/台湾/監督:チャン・イー(CHANG Yi/張毅)


■『私を月に連れてって』(Take Me To the Moon/帯我去月球)日本初上映/台湾/監督:シェ・チュンイー(HSIEH Chun-Yi/謝駿毅)

《台湾:電影ルネッサンス 2018》


台湾文化部、台北駐日經濟文化代表處 台湾文化センターにご協⼒いただき、活況を呈する台湾映画の“今”を感じることのできる作品を6作特集します(うち3作はコンペ部門と重複)。


■『亮亮と噴子』(Babes Not Alone/亮亮與噴子)日本初上映/台湾/監督:リー・イーシャン(LEE YiShan/李宜珊)※短編


■『川流の島』(The Island That All Flow By/川流之島)日本初上映/台湾/監督:チャン・ジンリン(CHAN Ching Lin/詹京霖)


■『パープルな日々』(Purple Days/紫⾊紐約)日本初上映/台湾・アメリカ/監督:ケヴィン・CY・ツェン(Kevin C. Y. TSENG/曾駿堯)※短編 


コンペ部門との重複作品
■『血観音』(The Bold, The Corrupt and the Beautiful/血観音)日本初上映/台湾/監督:ヤン・ヤーチェ(YANG Ya-Che/楊雅喆)
■『傷心わんこ』(A Dog’s Life/狗狗傷心誌)海外初上映/台湾/監督:チャン・イー(CHANG Yi/張毅)
■『私を月に連れてって』(Take Me To the Moon/帯我去月球)日本初上映/台湾/監督:シェ・チュンイー(HSIEH Chun-Yi/謝駿毅)
 

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-02-12

ページTOPへ▲

その他の記事を見る