閉店・移転、情報の修正などの報告

台北駅の裏側に位置する問屋街でお買いもの♪じっくり探せばお宝が見つかるカモ!


こんにちは、台北ナビです。

今日ナビがご案内するところは、台北車站裏手に広がる「華陰街」です。ここはさほど道幅もない通りですが、ちょうど太原街と重慶北路ではさまれた辺り一帯を中心に、卸売り問屋や安値で販売するショップが軒を連ね、別名「問屋さん街」としても知られています。東京でいえばアメ横みたいな感じ?でしょうか。さあ、それでは探検気分で散策してみましょう?!

華陰街はストリート名のみにあらず。


華陰街とは市民大道と長安西路にはさまれた東西を走る小さい通りの名称。しかしながら、この通りとそれに交差する太原街には皮製品、バッグ・カバン等を卸値で販売する穴場ショップが立ち並び、また、その周囲には服飾、アクセサリー店なども軒を連ねることから、このエリア一帯の問屋街をまとめて「華陰街」とよんだりもします。特に華陰街そのものが数年前に遊歩道風に整備されたので、コア的な存在として親しまれているせいかもしれません。

怪しげなゴチャゴチャストリート。


整備されたとはいえ、キレイに美しく生まれ変わったのか?といえば決してそうではなく、なんだか下町の商店街といった雰囲気を醸し出しています。元々このあたりはダウンタウンなので、モダンな華やかさは一切ありません!その代わり、「昔ながらの台湾らしさ」が味わえるかもしれません。さて、台湾発行の地図を見ると、ココは「皮革製品ストリート」らしいのですが、並ぶお店は皮モノの靴屋・バック屋を中心に、洋服屋・アクセサリーショップ、化粧品店・パイプ専門店(!)と、さまざまな店が並んでいます。


整備されているため、一応、歩道も確保されているのですが、ここは台湾。お決まりのように、歩道にも商品がダダダーッと並べられ、店舗前にはバイクが停まり、ゴチャゴチャとした雰囲気。しかしそれが「探せば何かあるカモ???」というワクワクとした気持ちにもさせてくれます。ただ、このメインストリートにはあまりピンとくるお店もなく、ちょっと期待ハズレ???
ラックにかかっているものどれでも1着100元は確かに安い!がセンスは…?

ラックにかかっているものどれでも1着100元は確かに安い!がセンスは…?

足590元とは高いのか?安いのか?確かに夜市でみかける格安モノとは違い、質はマーマーよさそうですが…。気に入ったデザイン・サイズがあればお買い得品カモ

足590元とは高いのか?安いのか?確かに夜市でみかける格安モノとは違い、質はマーマーよさそうですが…。気に入ったデザイン・サイズがあればお買い得品カモ

気になるショップを探索。



ブラブラ物色しながら歩いていると、小奇麗なお店、「百陽行」を発見!どうやら台湾ブランドの洋服を扱っている店のよう。ウィンドーにはかわいらしいデザインの服もあったりして。中へ入ってみることに…。確かに、ちょっと心をくすぐられるものもありますが、お値段は千元代?数千元といったところ。デパートと比べたら当然お買い得ですが、もっともっと安さを追求したいナビは購入を断念。そんなナビはかなりケチ!?
他に気になったのは化粧品店、「佳麗美企業有限公司」。こちらは、いかにも「年季入ってマス!」といった趣。ガラスのショーケース・カウンターがあり、商品が並んでいる感じは昔の薬屋さんっぽい雰囲気です。一見しただけでは入りにくい雰囲気満点!なのですが、入口からちょっと覗くと、「何かあるのでは?」という期待感が…。ここは怯まず入ってみましょう。まず目につくのが海外ブランドの豊富な香水類。そのほかSK-?、クリニークなどのコスメも。お値段は市価より大変お買い得!ただ、種類は限られているのでお目当てのものがあればラッキーという感じかも。また、お店の小姐たちは日本語はできませんので、筆談で…。 

奥の細道へススム。

次はメインストリートから1本中へ入ってみました。すると、こちらはもっと狭い通りにもっとゴチャゴチャとお店が立ち並んでいます。バッグやネックレス・指輪などのアクセサリー、髪飾り…女性が好きそうな小物を売る店が目立ちます。そんなショップをよーく見てみると「中皮箱」なる商品が…。

こ、これは…!そうです、これは夜市などの路上でアクセサリー販売をしているオニイサン&オネエサンが使用している台、というかカバンというか…。こんなところで売っているんですね。と、感心していると、中ではいかにも「路上で売ってマス」な雰囲気の方々がいくつものアクセサリーを物色しているではありませんかっ!な?るほど、彼らはどうやらココで物品を調達、市内繁華街で販売しているようなのです。ということはお値段はウーンとお安いのかっ???と、思いきや、同じもの、何個もまとめて買えばすんごく安い!1個や2個ならちょっぴり安いって感じでしょうか?でも、まあ、ちょっとでも安ければウレシイですよね…。

さらにこんなショップもありました。

輸入食品を扱うショップは地元のオバチャンでおおにぎわい!日本製品もたくさん! 輸入食品を扱うショップは地元のオバチャンでおおにぎわい!日本製品もたくさん!

輸入食品を扱うショップは地元のオバチャンでおおにぎわい!日本製品もたくさん!

帽子・傘専門店は太原街のはずれに…

帽子・傘専門店は太原街のはずれに…

五分埔のお店みたい!洋服が山積む…。ココから戦利品を勝ち取るには相当な体力が必要!?

五分埔のお店みたい!洋服が山積む…。ココから戦利品を勝ち取るには相当な体力が必要!?

ヤングファッションの店。身軽に来て、こんなところで洋服調達もアリかも!?

ヤングファッションの店。身軽に来て、こんなところで洋服調達もアリかも!?

ブランド品ぱくっちゃいました…な感じのデザインも。

ブランド品ぱくっちゃいました…な感じのデザインも。

シメは苦茶で一服。

平日は特に日が暮れた頃から混み合ってきますが、土日はお昼ごろから多くの人でにぎわうことも。販売物資調達?の大きな紙袋を持った小姐でいっぱいです。たまにその熱気にへばることもあるかもしれませんね。そんなときは苦茶之店」へどうぞ。場所は長安西路と重慶北路の角。ここで甘―いカキ氷や台湾風スイーツ(50元~)を食べましょう!(冬期にはあたたかいデザートもアリ♪)もっとガツンを体にエネルギーを注入したい方はにが???い苦茶をどうぞ。体によいというこちらの名物ですが、本当に苦い(>*<)です。ナビは半分で挫折…。 さてさて、ノドの渇きを癒したら、また次なる安売り店を探しに、いざ出発!バラマキみやげでも探しにいきましょうか…。以上、お買い得商品をゲットしようとする人々でにぎわう華陰街問屋街から台北ナビがお伝えしました。

記事更新日:2009-02-01

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    kawarimono

  • photo

    kawarimono

  • photo

    kiri046

  • photo

    meizao

  • photo

    meizao

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2002-09-01

スポット更新日:2008-02-29

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供