閉店・移転、情報の修正などの報告

100年の味を持つ李亭香、老舗だけど新しい?時代とともに変化するお店です


こんにちは、台北ナビです。

中秋節といえば忘れてはいけないのが月餅!大切な人や近所の人たちに送るほかにも、日本人客にとっていいおみやげともなっているのではないでしょうか?

100年以上続く老舗、李亭香で味わうことのできる月餅を始めとした様々なお菓子は、一度訪れたらついつい買いたくなること間違いなしです!

今回、新しく3号店を構えることとなった李亭香さん。では、新店舗がどんなものなのか見てみましょう。

落ち着いた店内でゆっくりお買い物を

こちらは1号店の外観

こちらは1号店の外観

新店舗のほうが少し小さく感じますが、店内は1号店より広いです

新店舗のほうが少し小さく感じますが、店内は1号店より広いです

迪化街特有の手前と奥とで異なるお店が入っている構造になっています。手前が李亭香、奥は別のお店です。

迪化街特有の手前と奥とで異なるお店が入っている構造になっています。手前が李亭香、奥は別のお店です。

製作期間は一ヶ月…!

製作期間は一ヶ月…!

お店に入るとまず目に飛び込んでくるのが大きな刺繍の生地!なんとオーダーメイドで作ってもらったそうです。
上に大きく書かれた店名はフォントをそのまま同じ字体で作られています。

立体的な店名や中央に縫われた立派な龍は、ひとつひとつ職人さんが丁寧に縫ったこの世にただ1つの作品です。 

龍の両側には旗(チー)と球(チュウ)があります。
これは願いごとをするという祈求(チーチュウ)と同じ発音であることから、縁起がいいとされている組み合わせなのです!

ほかにも牡丹の花や魚といったやはり縁起がいいものがこれでもかというほど詰め込まれ、福が訪れそうな装飾が施されています。

100年の歴史には様々な変化と進化がありました

オーナーのジョンさんはカッコイイと評判!

オーナーのジョンさんはカッコイイと評判!


1895年創業の李亭香。 現在のオーナーである李さん(英語名はジョンさん)で5代目となります。

それぞれの時代には当時の背景に合わせて現代まで続いてきた努力が垣間見えました。
人気の高い白玉平西餅

人気の高い白玉平西餅


初代、一代目オーナーが店を立ち上げたのは清朝時代にまで遡ります。
ナビお気に入りの平西餅というお菓子はなんとこの時代からありました!

現在売られている平西餅はオリジナル、カレー、しいたけ、白玉 の4種類。

ナビオススメの白玉平西餅はマカダミアナッツとチーズが入った甘いもの好きにはたまらない1品! ぜひ食べてみてください^^
 

 二代目の日本統治時代になると、日本から台湾にカレーが運ばれてきました。
カレーは台湾で大流行!しかし当時カレーはとても貴重なものとして扱われていたため、そのほとんどは富裕層の食べ物とされていました。

そんなカレーブームの機会を逃すまいと、李亭香はカレー味のお菓子開発に挑戦。 見事今でも多くの人に愛されるほどの商品を作り上げました。
百鳳豆という白い豆がよく使われています

百鳳豆という白い豆がよく使われています


三代目の時代にはベジタリアン志向の人が増え、これまで使用されてきたラードを廃止し、以降使われることはなくなりました。
ラードはなくなりましたが、これまでのヒット商品はいまでも変わらぬ人気を誇っています。

四代目の時代になると流行は西洋風に変わります。
これまでとは一風変わったチーズやナッツ類の入ったお菓子を開発し、今でも若者を中心に広く愛される味となりました。

そして五代目となったジョンさんはというと、9月1日に行われた記者会見でお披露目となった中秋節限定月餅はすべて自分が生み出したもの!と誇らしげにオーナー自ら語ってくれました^^ お菓子の上に花柄が掘られたデザインも彼の考案によるものです。

壁に飾られた歴代のオーナーを紹介する文章の一番右側にジョンさんについて書かれる日が楽しみなナビでした。

新店舗は神様の近くに

縁結びの神、月下老人が描かれた姻縁餅

縁結びの神、月下老人が描かれた姻縁餅


新しく3店舗目をオープンすることとなった李亭香。店を右に曲がって進んだすぐ先に縁結びの神、月下老人が奉られている霞海城隍廟があります。城隍廟は昔台北が台北城と呼ばれ、壁に囲まれたまるで要塞のような風貌だった時代に、外から台北を守っていたとも言われているほど、台北市にとってなくてはならない大切な廟なのです。
「李亭香」はもともと縁起のいいお菓子を売っていたため、次に店舗を構えるなら店にとっても客にとっても福が訪れそうな神に近い場所に建てたい、という思いがあり、この地に店をオープンしました。

最近では外国人観光客にもよく知られるようになったという月下老人ですが、実はこの廟にはほかにも安産に結びつけてくれる神と夫婦円満に結びつけてくれる神がいます。 そんな縁起のいい神様たちをモチーフにしたお菓子は新店舗でしか味わうことができない限定品です!
 
中身はこんな感じ

中身はこんな感じ

食べたらご利益がある…かも?

食べたらご利益がある…かも?

どれを買うか迷うほど魅力がいっぱい!


李亭香で売られている様々なお菓子には、それぞれに込められた意味や思いがあります。

塩梅糕と芝麻糕は口の中に入れるとフワッと溶けていく、キャラメルのような形をしているお菓子です。 力を入れて持つと崩れてしまうのでご注意を!

塩梅糕は名前のとおり塩気のあるちょっぴりしょっぱい味、芝麻糕は少し甘さを抑えたきな粉のような味です。

もともとは大きいサイズのものしか売っていませんでしたが、観光客からの要望があり、小さなサイズでも販売することになりました。

こちらのかわいらしいミニサイズは新店舗のみ販売しています。
小さいサイズでもたくさん入っています♪

小さいサイズでもたくさん入っています♪

どっちがいいかな~

どっちがいいかな~

小さいのでバラ撒き用にも良さそう!

小さいのでバラ撒き用にも良さそう!

李亭香の看板商品、平安亀は文句なしのおいしさです!
亀の甲羅に寿の字が書かれたいかにも縁起の良さそうな平安亀は、中にはゴマが、外にはピーナッツが練り込まれた柔らかいキャラメルのような食感を楽しむことができるお菓子です。

こちらも大きいサイズと小さいサイズがあり、大きい方は10個入り(280元)、小さい方は4個入り(150元)です。誰かに送るときにはやはり小さいサイズがあると助かりますね!

こちらは中がクランベリー、外が桃といった女の子が喜びそうな味の桃喜というお菓子。 形は亀ではなく福と書かれた桃の形をしていてやはり縁起がいい!

一年中販売している商品ですが、中秋節の時期になると製造工場が忙しくなり、売り切れてしまうとしばらく販売されないとのこと。 買う時期には気をつけてください!
 
北と南では基本的に使用している豆の種類が異なるのをご存知ですか?

南では緑豆がよく取れますが、北では気候的に取ることができないため、百鳳豆や紅豆が主に使用されています。

他の味を崩さず強調することができる百鳳豆は李亭香で売られているお菓子のほとんどに用いられています。

緑豆糕はそれらに使用されていない緑豆の味をしっかり堪能することができるお菓子です(15個入り180元)
 

こんな贈り物されたい~!


「囍」という言葉は縁起がいいとされています。大きく囍と書かれたこちらのセットは、結婚する際に親戚や友人に配るもので、受け取った人は結婚式に出る…というのが意味づけられています。

箱の中には福を呼び寄せるものがたくさん!2層のものや3層という豪華なものまで、多種多様なセットがあります。 送る相手によって内容を変えるのもよさそうですね! 
でんでん太鼓の入った層やお金のように扱われる巾着の入った層など。負担は多くが男性持ちですが、記念すべき日のお祝いとして最適です。 でんでん太鼓の入った層やお金のように扱われる巾着の入った層など。負担は多くが男性持ちですが、記念すべき日のお祝いとして最適です。 でんでん太鼓の入った層やお金のように扱われる巾着の入った層など。負担は多くが男性持ちですが、記念すべき日のお祝いとして最適です。

でんでん太鼓の入った層やお金のように扱われる巾着の入った層など。負担は多くが男性持ちですが、記念すべき日のお祝いとして最適です。


え!?お菓子屋さんにクッションがある!
そうなんです、実はこのお店、お菓子をモチーフにしたグッズも展開しているんです。

マスキングテープに石けん、コースターといったちょっとしたおみやげにもなるかわいらしいグッズが置いてあります。

店内にディスプレイされているたくさんのお菓子たちを見ていると、ついつい買いたくなること間違いなし!
思わず食べたくなっちゃいますが…コースターです!

思わず食べたくなっちゃいますが…コースターです!

型の箱に入った石けんはグッドデザイン!

型の箱に入った石けんはグッドデザイン!

マステってなんでこんなに可愛いんだろう…

マステってなんでこんなに可愛いんだろう…

楽しむ取り組みも充実しています!

迪化街では試験的に9月より日曜日の歩行者天国を実施しました。 それに合わせてお店では多くの人に来てもらい、楽しんでもらおうと様々な体験コーナーを設けています。

毎週日曜日の13時、14時、15時からはお菓子作り体験ができちゃいます!

まずはスタッフさんにお手本を見せていただきました。
まずは生地を型に入れて

まずは生地を型に入れて

グッグッと押し込み…

グッグッと押し込み…

形を整えたら…

形を整えたら…

横向きにして力強くトントントン!

横向きにして力強くトントントン!

下向きにして一度叩けば…完成~~~!!

下向きにして一度叩けば…完成~~~!!

平安亀も作って見せてくれました

平安亀も作って見せてくれました

体験するときは必ずビニール手袋をしましょう

体験するときは必ずビニール手袋をしましょう


すごーい!と盛り上がっていると、先程ほどのスタッフさん、今度はナビにやってみない?と声をかけてくれました。

せっかくなので体験させていただくことに! 実はスタッフさんがお手本を見せてくれているときから密かにやってみたかったナビ(笑)

よぉ~し、頑張るぞ!
スタッフさんのお手本を必死に見ながらやってみると…

スタッフさんのお手本を必死に見ながらやってみると…

で、できた~!!!

で、できた~!!!

自分で作ったものは入れ物に入れて持ち帰ることができます!これはいい記念になりそうですね…!

自分で作ったものは入れ物に入れて持ち帰ることができます!これはいい記念になりそうですね…!

「私たち結ばれちゃう~!」と大はしゃぎするスタッフさんたち(笑)

「私たち結ばれちゃう~!」と大はしゃぎするスタッフさんたち(笑)

真ん中においで!と言われナビも一緒にパシャリ。

真ん中においで!と言われナビも一緒にパシャリ。

体験コーナーはまだまだたくさんあります!

月下老人が持つ筒から出ているのは赤いリボン。縁結びらしいかわいいフォトスポットです! 2人でリボンをもって記念撮影すると素敵な運命で結ばれるかもしれません…

右側の写真は月下老人のお菓子の形と文字が入ったフレームを持った一枚。 こんな可愛らしいものがたくさんお店の入口付近に置かれています! 写真を取るだけでも運気が上がったような…?
スタッフさんが実際にやって見せてくれました

スタッフさんが実際にやって見せてくれました

お店の名前が入った型を発見!

お店の名前が入った型を発見!

こんなにたくさん種類があります!いろんな種類を試してみたいですね

こんなにたくさん種類があります!いろんな種類を試してみたいですね

最後の体験コーナーは版画のようなこちら!お菓子に刻まれている様々な絵柄が掘られた型の上に紙を乗せ、色鉛筆を斜めに持って柄を覆うように塗ると紙に絵柄が浮かび上がるというもの。うわぁ…なんだか懐かしい…と思いながらナビもやってみると、なんだが童心に返ったように楽しかったです(笑)

お菓子に刻まれた絵柄のひとつひとつにはちゃんと意味があり、このブース設置にはそれを知ってほしいという願いも込められています。自ら体験することでお店のより深い意味を知ることができるのは、観光客にとっても嬉しい思い出になりますね。

新たな魅力と味を見つけに、お店へ寄ってみてはいかがでしょうか?
以上、台北ナビでした。

記事登録日:2017-10-03

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2017-10-03

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

支店情報

地図で見る

李亭香餅店(本店)

李亭香餅店(本店)

老舗のたしかな味と新しいセンスがミックスするお菓子屋さん、どれもこれも食べたくなっちゃう!

関連記事

2017中秋節月餅食べ比べ

2017中秋節月餅食べ比べ

この時期だけのお楽しみ♪いろんな月餅を食べてみよう~!