スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ショッピング 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


雙全昌鞋行(台南市)

閉店・移転、情報の修正などの報告

店先の鮮やかな色に目が釘づけ、即効で2足買っちゃいました!

photo

ロータリーの一角にあるこの店は、店頭の30色以上の色鮮やかなサンダルやスリッパで目立っています。中でも白地に藍のラインの「藍白拖」といわれる台湾庶民のスリッパは、台湾男性がちょっと外に出かける時に気軽に穿く、或いは室内で使用する一家に一足の生活必需品。こちらでは、一足70元で売っています。台湾文化を象徴するグッズというので、台北では売ってるところを探すのが大変なほど、ここ数年は大人気なんですよ。
「雙全昌」の歴史は60年余り。初代オーナーは、下駄と雨靴を中心に販売していました。どちらも農耕文化を思わせる必須の履物ですね。1980年代になってお客さんのニーズに合わせて、スニーカーや運動靴、革靴なども取り揃えてきたら、どんどん商品が増えていったそうです。今では路地を隔てた隣にも店舗が広がっています。スリッパも白地に青だったのを、白地に10色ほどの色違いを作ったらますます需要が増え、配色パターンも更に増加。普通のスリッパは100元。ビーサンは、150元。女性に人気なのは黄色地に紫紐で、ナビの後から来たお客さんは即効でその配色を買って行きました。ナビはピンク地に青紐を選択、履き安くて足も軽い♪サイズは、23㎝~約28㎝までそろっています。
雨靴も需要が多く、280元から。こちらも顧客のリクエストに応じていたら、種類がどんどん増えていったとか。台湾は一般の靴屋さんやデパートでも、意外と雨靴を売ってないなあ、雨が降ったらいっそ濡れてもいいように、皆サンダル履くのかなあ?と思っていたら…、ここにあったんですね!プリント模様はすっごくおしゃれ、ブーツっぽいデザインもあるので、冬用に買っていく人もいるそうです。台北は雨も多いのでこちらも一足購入!わあ、雨の日が楽しみだあ♪♪

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2013-07-04

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

林百貨(台南市)

林百貨(台南市)

80年の時をを経て生まれ変わった林百貨。台湾のMIT商品、文創商品など、台湾の「今」を代表する品々が勢ぞろい!

窄門咖啡館(台南市)

窄門咖啡館(台南市)

こんなに入口が分かりにくいカフェはなかなかない!見つけたときは少し感動するかも。