スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ショッピング 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


閉店・移転、情報の修正などの報告

  • 20%割引サービス券(ウーロン茶をお買上げの方)/10箱購入で1箱プレゼント(食品類をお買上げの方)

    20%割引サービス券(ウーロン茶をお買上げの方)/10箱購入で1箱プレゼント(食品類をお買上げの方)

    【利用条件】

    【提示条件】 来店時ご提示ください。

    【有効期限】 2018-08-31

移り変わる台北・中山エリアで25年間。王道パイナップルケーキと選び抜かれた台湾茶が迎えてくれる、昔懐かしいお茶屋さんです!

有名ホテルや高級ブランドに囲まれて…

中山と言えば、有名ホテルや高級ブティックなどが集まる人気エリア。中でもリージェントホテルは台北随一と言っても過言ではない超一流ホテルです。そんなリージェントホテルのすぐ隣、ルイヴィトンの並びにひっそりと佇む「一番屋」。こーんなアクセス抜群の場所に、こんな隠れ家的なお店があったなんて!さっそく中に入ってみましょう♪
とんかつ知多家のお隣です

とんかつ知多家のお隣です

台北ナビのパイナップルケーキ選手権で一位を獲得した事が、ポスターにして貼ってありました!

台北ナビのパイナップルケーキ選手権で一位を獲得した事が、ポスターにして貼ってありました!



ナビが伺ったこの日は、初夏にも関わらず35度を超える気温。暑い!暑い!!大急ぎで店内に入ったところ、「暑かったでしょう~?冷たいお茶、飲んでくださいね」と、奥さんの林さんが流ちょうな日本語で迎えてくださいました。

さっそくいただいた冷たいお茶の美味しいこと!!!想像以上の華やかな甘い香りに、驚いてしまったナビ。「蜜香美人茶」の水出し茶だそうです。コクがありながら爽やかな香りはハーブティーのようで、暑い夏には毎日飲んでも飽きないかも!さすがお茶の専門店です。この茶葉が採れるのは7,8月のみ。夏の間は水出し茶として販売も開始しました。もう一種類は南投の「貴妃茶」。こちらはほんのり苦味のする蜂蜜のようなお味でした。
どちらもオリジナルのボトルに入って80元。再利用できるのも嬉しいですね

どちらもオリジナルのボトルに入って80元。再利用できるのも嬉しいですね

蜜香美人茶

蜜香美人茶

貴妃茶

貴妃茶

お土産に人気のお茶菓子。注目度No.1はやっぱり…パイナップルケーキ!

お茶だけでなく、お店で扱っているお茶菓子も「どうぞどうぞ」と勧めてくださいます。プレゼントとして買うお土産を試食できるのは、嬉しいですよね!
お茶菓子の中でも、おススメは「茶梅」。ウーロン茶の葉で漬けた梅は、爽やかな酸味とあっさりした甘味で、ついつい「もう一つ…」と食べたくなってしまう味です。他にもドライマンゴーや黒ゴマのカステラなど、オーナーたちが厳選した美味しくて健康に良いお茶菓子も置いてあります。バラマキ用に~と買われる方が多いそうです。
愛文マンゴーを使ったドライマンゴーは自然な甘みがあります

愛文マンゴーを使ったドライマンゴーは自然な甘みがあります

土マンゴーを使ったドライマンゴーはちょっと酸味あり

土マンゴーを使ったドライマンゴーはちょっと酸味あり

キヌアクッキーはシリアル感覚で、朝食に豆乳や牛乳と一緒に♪ キヌアクッキーはシリアル感覚で、朝食に豆乳や牛乳と一緒に♪

キヌアクッキーはシリアル感覚で、朝食に豆乳や牛乳と一緒に♪

かすてらと言うよりキャラメルのような感覚のお菓子です かすてらと言うよりキャラメルのような感覚のお菓子です かすてらと言うよりキャラメルのような感覚のお菓子です

かすてらと言うよりキャラメルのような感覚のお菓子です

しかし何と言っても…やっぱり一番の人気商品は、手作りのパイナップルケーキ!!
5個入りと10個入りがあります

5個入りと10個入りがあります

お茶屋さんで…パイナップルケーキ!?

こちらが、台北ナビで第一位を獲得したパイナップルケーキです!
正直なところ、「お茶屋さんのパイナップルケーキがNo.1に選ばれた」と聞いたとき、ナビは本当に驚いてしまいました。専門店に有名ホテル、お菓子屋さん、パン屋さん…台北ではどこに行ってもパイナップルケーキが手に入るのですが、最近はどのお店も、パイナップルの純度・バターの質・生地の食感など、研究を重ねていて、どんどんレベルが上がっているのです。
そんなお菓子作りのプロ達に「お茶の」専門店が勝つとは、正直予想していませんでした。でも、でも、食べてみると本当に美味しいザ・王道のパイナップルケーキ!こうなったら、一番屋のパイナップルケーキの美味しさの秘密、調べてみなければ!!さっそくPケーキ工房へ潜入です!!!

丁寧に丁寧に…一つ一つ作られるこだわりの味!

工房に入ると、ふんわりとバターのいい香りにつつまれました。油臭さもなく、とっても優しいいい香り。ちょうど焼きあがったところで、冷却棚にまだ型に入ったままのパイナップルケーキが並べられていました。8畳ほどの小さな工房は、シンプルで清潔感があります。
一番屋さんのパイナップルケーキは、すべて手作り。量産はできないため、通常は一日にわずか50箱、注文があれば、最大で100箱作っています。作っているのは、オーナー夫妻の息子の楊子慶さん。
原材料は至ってシンプル。小麦粉、バター、砂糖、そして台湾の南投県や彰化県から取り寄せるパイナップルです。添加物は一切使用していません。シンプルな材料だからこそ、一つ一つの素材にこだわっていて、バターもフランス産の上質なものを取り寄せているそうです。
焼き立てのPケーキは、とーってもいい香り

焼き立てのPケーキは、とーってもいい香り

ケーキ工房のみなさん。機械を使わず、すべて手作業です

ケーキ工房のみなさん。機械を使わず、すべて手作業です

お茶屋さんとしては20年以上の歴史を持つ一番屋ですが、パイナップルケーキを売り始めたのは2011年と、意外にも最近。それがこんなに人気になるとは驚きですよね!
元々はご主人の楊さんが、自分たちで食べるために趣味で作っていたそうです。研究を重ねたオリジナルのレシピは、とっても美味しく、周囲の人たちからも人気に。そのうちに、お店のお得意様だけに予約販売するようになりました。ところがそれでも収まらず、ついに一般販売するまでに!まさに味と口コミで得た人気なのですね。お茶で鍛えた繊細な味覚があるからこそ、この味にたどり着いたのかもしれませんね。
パイナップルケーキの需要が伸びたこともあり、息子の子慶さんも、お父さんの元で修行をはじめました。その後、製菓学校にも通って、お菓子作りのプロとしての知識も学び、今では全行程を任されているそうです。機械は使わず、全てを手作業で行うこのパイナップルケーキ作り。とっても体力のいる仕事ですが、若く頼もしい職人さんを得たからこそ、成り立っているのですね!
焼き上がったPケーキは崩れやすいので、立てて冷まします

焼き上がったPケーキは崩れやすいので、立てて冷まします

さすが職人技。ものすごいスピードで並べられ…

さすが職人技。ものすごいスピードで並べられ…

あっという間にこの量!近々作業台を導入する予定だそうです

あっという間にこの量!近々作業台を導入する予定だそうです

ひとつひとつ手作業でパッケージングしていきます ひとつひとつ手作業でパッケージングしていきます ひとつひとつ手作業でパッケージングしていきます

ひとつひとつ手作業でパッケージングしていきます

お味は4種類。一番人気はやっぱり原味(オリジナル)!

そんな丁寧に焼き上げられたパイナップルケーキを、さっそくいただいてみることにしました。箱を開けると、本当にいい香り♪お味は「原味(オリジナル)」「杏仁(アーモンド)」「烏龍(ウーロン茶)」「蔓越苺(クランベリー)」の4種類。どれも一箱10個入りで400元、賞味期限は2週間です。

原味は、まわりのクッキー生地がサックサク!!バターの香りはとってもいいのに、油っこさがありません。それでいて、粉っぽさもなく、ボロボロもしないのです。中のジャム部分も程よい酸味で、パイナップルの香りがふんわり。何ともバランスのいいほっとする味です♪

こちらは、お茶屋さんならではの味「烏龍」。粉末にした茶葉が練りこんであり、とてもきれいな緑色をしています。もちろん着色料などは使わず、茶葉の色だけで出しています。鼻に抜ける茶葉の香りは、まさに台湾の香り。普通のパイナップルケーキより、さらに台湾らしい味で、お土産にぴったりです!中国茶と一緒にどうぞ~♪

ナビのもう一つのおススメは、蔓越苺!原味と同じクッキー生地ですが、ジャムの中にラム酒に漬けこんだクランベリーが入っています。これが何とも相性がいいのです。ふんわり香るラムの香りで、洋菓子のよう!「蜜香美人茶」と一緒に飲めば、アフタヌーンティーに最適です。

もう一つの味は、杏仁。アーモンドプードルと呼ばれる粉末アーモンドを、クッキー生地に練りこんでいます。原味よりもすこし甘めです。ナビ的には、もう一声アーモンドの主張がある方がいいかな?とも思いますが、これはこれで、充分に美味しいパイナップルケーキだと思います。
原味は、毎日2回焼いているそうです。朝のオープン直後と午後4時ごろは、数もたくさんあるので、この時間帯がねらい目。まとめて買いたい方は、事前予約がベターです。
他の3種類は、毎日ではないそうなので、お味が揃っていないことも。どうしても~という味がある方は、予約がおススメですよ。また、味をミックスして詰め合わせにすることもできるそうなので、ご希望の方は、お店の方に相談してみてくださいね。

パッケージがリニューアルされました♪

2016年秋に個包装と10個入りのパッケージが、リニューアルされました。個包装のパッケージは密封するため、10個入りの箱は若い年代層も取り込んで一層どの世代の方にも手に取ってもらえるようにと、楊子慶さんのお友達がデザインをしてくれたそうです。当初8種のデザインを友人知人や顧客さんなど100名ほどに意見を聞き、最終的に選ばれたのがこのパッケージです。
センスの良いデザインです!帯を取ると「一番屋」の大きなロゴが現れます。茶葉と親指を立てた形のGOODの意味が掛け合わされています センスの良いデザインです!帯を取ると「一番屋」の大きなロゴが現れます。茶葉と親指を立てた形のGOODの意味が掛け合わされています センスの良いデザインです!帯を取ると「一番屋」の大きなロゴが現れます。茶葉と親指を立てた形のGOODの意味が掛け合わされています

センスの良いデザインです!帯を取ると「一番屋」の大きなロゴが現れます。茶葉と親指を立てた形のGOODの意味が掛け合わされています

新しくヌガーも加わりました!

台湾のお土産といえば…で、お馴染みのヌガーも販売開始。お味は、マカダミアナッツ、アーモンド、ピーナッツの3種類です。6個入りと24個入りがあり、価格はナッツによりそれぞれ異なります。ヌガーは高温に弱いため、通常秋冬のみヌガー販売をするところが多いですが、こちらではヌガーを作る段階で工夫して、年中販売できるようにしました。食べた瞬間にミルクが口の中にふわっと広がり、ナッツのカリカリ感とマッチ。とっても美味しいです〜!
左からマカダミアナッツ 100元、アーモンド 90元、ピーナッツ 80元の各6個入り

左からマカダミアナッツ 100元、アーモンド 90元、ピーナッツ 80元の各6個入り

左からマカダミアナッツ 360元、アーモンド 320元、ピーナッツ 280元の各24個入り

左からマカダミアナッツ 360元、アーモンド 320元、ピーナッツ 280元の各24個入り

いちばん人気は、マカダミアナッツ。続いてアーモンド、ピーナッツです。ちなみにナビもマカダミアナッツがお気に入り! いちばん人気は、マカダミアナッツ。続いてアーモンド、ピーナッツです。ちなみにナビもマカダミアナッツがお気に入り! いちばん人気は、マカダミアナッツ。続いてアーモンド、ピーナッツです。ちなみにナビもマカダミアナッツがお気に入り!

いちばん人気は、マカダミアナッツ。続いてアーモンド、ピーナッツです。ちなみにナビもマカダミアナッツがお気に入り!

本業のお茶も、もちろん豊富

豪華な箱詰めから少量パックまで、種類も量もさまざま!

豪華な箱詰めから少量パックまで、種類も量もさまざま!

パイナップルケーキに気を取られがちですが、本来の姿は…そう、お茶屋さんです。取扱うお茶の種類も多く、試飲もさせていただけるので、安心して購入できますよ。
やはりお土産として人気なのは、ウーロン茶類!台湾に来て初めて、台湾ウーロン茶の香りと味に魅了されたという方も多いのではないのでしょうか。一部をご紹介します。

●梨山茶(春/冬) 100g 1,000元
●極上黒烏龍茶 100g 800元
●阿里山茶(春/冬) 100g 800元 
●杉林渓茶(春/冬) 100g 800元
●高山春茶 100g 500元
●高山茶(四季春) 100g 200元
●金萱烏龍茶 100g 400元
●凍頂烏龍茶(春/冬) 100g 670元
●凍頂烏龍茶 100g 150、200、300、500元

春茶と冬茶の違いを伺ったところ、春茶は爽やかな香りが特徴で、冬茶は深みがあるのよ、と教えてくださいました。でもとてもわずかな差なので、こだわる人はそこで選びますが、一般的には茶葉の種類で選ぶ方がわかりやすいそうですよ。また、ダイエット効果やコレステロール値を下げる効果があると知られている「黒烏龍茶」もありました。台湾で言う「老茶」のことだそうです。
お土産として人気なのは、比較的お手頃な高山茶や凍頂烏龍茶だそうですが、試飲して自分用に…と気に入ったお茶を購入する方も多いとのことでした。
目の前で淹れていただいて、気分の盛り上がるナビ↑↑。茶芸館に行ってゆっくり楽しむのもいいですが、このようにさっと淹れていただくと、台湾家庭のティータイムを垣間見た気がして、面白いですよね。
中国茶の淹れ方は、お店や家庭によって幾通りかあるのですが、こちらでは、大きなお椀の中に茶器や茶杯などを全て入れて温めていました。この方法なら、日本の家でもできるかも~!
最初は「聞香杯」という細長い茶杯に入れます。これは香りを楽しむためのもの。その後、小さく背の低い茶杯に移して、いただきます。まだ新しい阿里山烏龍茶は、思っていたよりも鮮やかな緑色。渋みが少なく、とっても爽やかな香りです。中国茶は、同じ茶葉で7~8回は飲めるので、その間の味や香りの変化も、また面白いですよね♪


ウーロン茶以外にも、色々なお茶を取り揃えていますよ。
●蜜香美人茶 100g 700元
●東方美人茶 100g 500元
●貴妃茶 100g 800元
●木柵鉄観音 100g 500元
●鉄観音 100g 200元
●ジャスミン茶 100g 200元
特に、半発酵や全発酵をさせたタイプのお茶は、紅茶に似て香りや味が豊かです。有名な東方美人茶の他に、蜜香美人茶や貴妃茶もその一つ。どれも夏に採って発酵させるのですが、それぞれ樹が違うため、香りが異なるそうです。暑い時期には、カフェインも出にくい水出し茶で飲むのがおススメです♪
茶葉の色形も、紅茶に似ていますね

茶葉の色形も、紅茶に似ていますね

琥珀色で美味しそう。Pケーキとの相性、抜群です

琥珀色で美味しそう。Pケーキとの相性、抜群です


また、健康の気になる方には、健康茶類もあります。ティーバッグタイプのものもあるので、手軽に飲めます。ダイエット茶として有名なプーアール茶は、日本で手に入るところが少ないので、お土産にもいいですね。日本ではなじみのない芭楽茶(ばんざくろ茶)は、グァバの葉を使ったお茶で、カフェインが少なく血糖値を下げてくれるそうです。
●陳年普洱茶(大)80個 1,500元
●陳年普洱茶(小)20個 400元
●芭楽茶 ばんざくろ茶 500元
●健美茶 300元

その他、茶器も色々扱っています。お茶とセットでギフトにするのもいいですね♪

移りゆく街のお茶屋

台北の中心街である中山で、お茶屋さんとして23年の歴史のある一番屋。同じ道に超高級ブティックが立ち並んでいることからもわかるように、地価も高く、とても競争の激しい土地です。次々にお店が世代交代していく中、一番屋さんはどのように生き残ってきたのでしょう?

お店の奥を覗くと仏具や仏壇も取り扱っていることがわかりました。元々は奥様の林さんが仏壇・仏具を扱うお店を経営し、ご主人の楊さんは、貿易のお仕事をしていたそうです。茶葉の取り扱いは、当初は少なかったのですが、お客さんの要望で徐々に増えていき、やがて茶葉が本流に。
ところがここ最近、台湾ではコーヒーや紅茶がメジャーになり、家で中国茶を飲む人が徐々に減少。茶葉の売り上げも、少し下降してきました。
そんな時に、お店の救世主となったのが、ご主人が趣味で作っていたパイナップルケーキ。売り始めるとじわじわと人気を呼び、今ではお店の看板商品になりました。
お茶も、パイナップルケーキも。妥協のない品質へのこだわりと、お客さんのニーズを察知して、機敏に軌道を修正できる商売のセンスが、このお店を長く続けさせている秘訣なのかな?と思いました。
新しいお店が乱立しては消え…という、変化の多い台北ですが、一番屋さんのような、心落ち着くお店には、これからも末長〜く頑張っていただきたいですね♪
以上、台北ナビでした。

記事更新日:2015-07-06

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    Cananga fl

  • photo

    yamyam2go

  • photo

    tantantanuki

  • photo

    tantantanuki

  • photo

    tantantanuki

  • photo

    tantantanuki

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2004-05-14

スポット更新日:2015-07-14

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供