スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ショッピング 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


閉店・移転、情報の修正などの報告

茶葉、茶うけ、茶器の全てが無駄なく揃い、総合力満点。地元客にも愛される、気品溢れるお茶屋さんです。

こんにちは。台北ナビです。現在、台北には茶行(お茶屋さん)が実に沢山あり、それぞれ個性ある展開で私たちを楽しませてくれています。今日は、扱う茶葉や茶請け、そして茶器に、女性オーナーの意思と気品が漂う、実に心地のよいお茶屋さん、「吉軒茶語」をご紹介します。

すっきり清潔な店内

品揃えが豊富なら、店内が雑然としがちですが、「吉軒茶語」の店内は、とても上手に整頓されています。しかも、棚の奥であっても、埃がぜんぜん残っていません。すっきりと品物が置かれているのに、茶葉、茶請け、茶器はとても豊富で、買える物がすべて手に取るように見ることが出来るので、買い物がとてもしやすいと思います。
整理整頓100点満点

整理整頓100点満点

どこから見てもすっきり

どこから見てもすっきり

充実のお茶うけ

台湾の干しマンゴー。上品な甘さです。

台湾の干しマンゴー。上品な甘さです。

お店に並んだお茶うけは、種類が多くとても充実しています。パイナップルケーキ、聖女蕃茄乾(ドライミニトマト)、牛肉乾(ビーフジャーキー)、ドライマンゴー、牛軋糖(台湾風ミルクヌガー)、茶香瓜小(南瓜の種)、草苺乾(ドライ苺)があり、ドライフルーツは一袋150元からとお手ごろ価格です。どれも、自然なお味が自慢です。意外にいけるのがドライトマト。イタリア料理につかうものとは全然違い、フルーティーで後引きです。食べた事がない種類があったら、ためしてみましょう。
台湾人の大好物、南瓜の種

台湾人の大好物、南瓜の種

台湾の風味、ビーフジャーキー

台湾の風味、ビーフジャーキー

意外とはまるドライトマト

意外とはまるドライトマト

台湾ミルクヌガー

台湾ミルクヌガー

大人気、「吉軒茶語」の茶梅

茶請けの真打はやはり、茶梅です。「吉軒茶語」の茶梅の種類は3種類。桂花と茶葉の香りがお口に広がる花醸茶梅、金色でフルーティーな仕上がりの金香梅の2種類が特に人気です。果肉が厚く、大変フルーティーで食べ応えがあります。梅と言うと日本人はご飯のオカズを想像しがちですが、梅も果物なんだということを再認識できますよ。この茶梅たちは日本人に大変人気があり、ナビの友人は、新竹からわざわざこの茶梅を買いに来ています。

「吉軒茶語」の茶葉

清楚で上品な沈さん

清楚で上品な沈さん

清楚で上品な雰囲気漂う女性オーナー、沈暁由さんは、茶所南投縣のご出身で、小学校の頃からお父様にきき茶の訓練を受けていたそうです。そんな沈さんが納得して選んだ茶葉がお店に並ぶわけですから、品質の良さは折り紙つきです。品揃えの中心は台湾茶で、緑茶、凍頂茶、阿里山茶、梨山茶、金萱茶など揃っており、そこから焙煎の度合いの違いでさらに違った味と香りに仕上げられている種類もあります。たとえば、同じ凍頂茶でも、「濃香」と「清香」があり、焙煎がごく軽く、若い花香が立ち上るのが「清香」、もう少し焙煎が深めのものが「濃香」です。試飲させていただき、自分の好きな焙煎度を選べる、うれしい品揃えです。
東方美人

東方美人

化粧缶

化粧缶

阿里山茶の化粧箱

阿里山茶の化粧箱

「吉軒茶語」の名物茶、黒烏龍

 オススメはどのお茶ですか?とお聞きすると、どれも自信を持っているが、特に「黒烏龍」をお勧めしたいとのことでした。日本のサ○○リーの黒烏龍茶とは名前は同じですが、別物だそうです。沈さんの生まれ故郷近くの凍頂で作られた球型烏龍茶を、経験豊富な焙煎師さんが時間をかけてじっくり炭焙煎したものです。焙煎度がかなり高いのですが、高温では無駄に焦げてしまうため、低めの温度で度々撹拌しながら焙煎し、茶葉を何度も火からおろして数日寝かせてから、再び低温で時間をかけて焙煎を行うので、大変な時間と手間がかかっているのだそうです。
最近の焙煎器の熱源は、ガスや電気が一般的なのですが、「吉軒茶語」の黒烏龍は、昔ながらの炭焙煎。炭が放つ遠赤外線の効果で、茶葉の芯まで熱が緩やかに届き、まろやかな焙煎効果が得られるそうです。焙煎が重めなので、黒烏龍を飲むと、体を冷やすなどの負担が減り、油を多く食べた時などに、油の排出を促す作用があるそうで、体に優しいお茶なのです。試飲をさせていただきましたが、お味も、焙煎の香ばしさのみならず、ベースとなっているお茶の滋味が豊富で、とても美味しいお茶だと思いました。

オーナー沈さんのお気に入り、梨山茶

茶葉を天秤ばかりで計って

茶葉を天秤ばかりで計って

熱湯を入れ

熱湯を入れ

暫く蒸らして出来上がり

暫く蒸らして出来上がり

沈さんが今一番気に入っているお茶は、高山茶の代表格、梨山茶だそうです。品評会と同じ方法でお茶を入れてくださいました。鑑定碗に直接茶葉を入れ、熱湯をなみなみと満たし、茶葉が開いてきたら、レンゲの底の部分で水面を撫でるようにして、水面に浮かんだ余分な泡などを碗外に流し出してから、レンゲで茶湯を掬って茶杯に入れ、いただきます。また、レンゲを持ち上げ、嗅ぐことによって、茶香を聞きます。この方法は、茶葉を鑑定するときのもので、茶葉の長所も短所もわかってしまう、とても公平な方法だそうです。梨山茶 150g1000元。
緑がかった金黄色の水食がとても美しく、「飲んでみたい!」と思わせる美しさです。さすが、沈さんの愛飲する梨山茶、水色も香りも味わいも、三拍子揃ったすばらしさです。高級茶ですが、150gの小分けパックですから、烏龍茶通の方へのプレゼントや、勿論自分用に購入し、旅から帰ってからのとっておきのティータイムに淹れて飲むのにも最適です。

台湾の改良品種、紅玉の紅茶

他に飲みたいものはある?と聞いてくださったので、お言葉に甘えて、台湾紅茶の「紅玉」をお願いしました。台湾では、以前から紅茶の生産も盛んで、アッサム品種でつくる工夫紅茶は、味わいが濃くて海外でも評価も高いのですが、近年、品種改良が進められ、新たに「紅玉」という新品種が登場しました。特徴は、紅茶らしい力強さと、スペアミントに良く似たスーッと涼しい後味で、西洋では高値で取引される新しい人気品種だそうです。以前、一度飲んだこの味が忘れられず、見かけると試飲してみたりしたのですが、台北ではなかなか良いものに再会できずにいました。「吉軒茶語」の紅玉は、品種の特徴がとてもよく出ていて美味しかったです。50gは、380元。

高級茶を手軽にティーバックで

ティーバッグに使われる茶葉は、砕けていたり品質が劣っている? もはやそんなことはありません。最近では、普通の高級茶葉を入れた立体テトラバッグも登場しています。「吉軒茶語」でも、お店で扱っている台湾茶の殆どが、ティーバッグになっていますから、じっくり急須で入れたりする時間がないときや、オフィスなどでも、手軽に高級茶が楽しめます。テトラパックのよさは、高山茶などの大きなリーフも、立体三角形のバッグのなかで、大きく開く事ができるところ。何煎も、と言うわけにはいきませんが、マグカップで1~2回楽しめるので、忙しい時にぴったりですね。

薫花茶とプーアル茶

プーアール茶や工藝茶、薫花した珠茶もあります。花の香りのついたお茶は、普段中国茶を飲みなれていない人に送っても、喜ばれます。自然な花の香りですから、安心して飲むことが出来ますね。また、プーアール茶は刺激が少ないので、カフェインをあまり摂りたくない人や、胃の弱い人にもお薦めですし、遅い時間に飲んでも睡眠にあまり影響しないと言われています。
便利な小沱プーアール茶。ちいさなお碗のようで可愛いです。一個だけポンとマグカップに落として熱湯を注げば、いつでも美味しいプーアール茶が飲めます。茶殻は沈むので、茶殻が口に入ってこない程度にあらかた飲んでしまってから、また熱湯を注げば、2~3回は楽しめます。
スイカ大の大きなものやキノコ型も。お部屋にディスプレイしながら、端から削って飲んで行きたいです。中までみっちり茶葉です。
スイカ大のプーアール茶「金瓜貢茶」

スイカ大のプーアール茶「金瓜貢茶」

キノコ型のプーアール茶

キノコ型のプーアール茶

茶器も充実

白磁も土ものも、両方の品揃えが、実に無駄なく良い感じです。小壺、蓋碗、大き目の提梁壺、茶海など、必要なものは全て揃います。
手描きの柄の白磁

手描きの柄の白磁

陶器も豊富です

陶器も豊富です

手描きの白磁茶入れ

手描きの白磁茶入れ

大型の茶壺

大型の茶壺

蓋碗セット

蓋碗セット

手描きの白磁。伝統の手毬模様を始めいろいろあります。茶壺、茶海、茶入れなどのセットで揃えるとステキです。
白磁のボディとアルミ合金の口金のコンビ。

白磁のボディとアルミ合金の口金のコンビ。

そのほか、釉薬の色が綺麗な宝瓶のような茶壺と茶杯セットやガラスと白磁のコンビの茶器や、使うと亀裂に茶の色が入って味が出る茶杯も魅力的。
楽しい竹細工も。お箸ですが、鎖状の彫刻で繋がっています。実はこれただのお箸ではなく、一本の竹から彫られたもの。すごい。

外の喧騒を忘れて、じっくりお茶を選びましょう

通りに面していて、しかもガラス張りなのに、外の喧騒が全く気にならない中国茶空間で、色々試して好きなお茶を見つけましょう。日本語の出来るスタッフさんもいるので、気軽に質問できます。取材中も、地元のお客さんが頻繁に来店していました。地元の台湾人にも愛される、信頼のおけるお店です。みなさんも、台北を訪れる際には「吉軒茶語」に寄ってみませんか?きっとステキな体験が出来ると思います。
以上、台北ナビでした。

記事更新日:2011-08-11

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    uragami

  • photo

    uragami

  • photo

    uragami

  • photo

    まりぷり

  • photo

    まりぷり

  • photo

    ゴン汰

  • photo

    ペコポコ。

  • photo

    おりあな

  • photo

    おりあな

  • photo

    おりあな

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2003-06-11

スポット更新日:2014-11-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

微熱山丘

微熱山丘

商品はパイナップルケーキだけ!?なのにお客が後を絶たない、地元超人気店に潜入~