スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

エンタメ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


華山1914文創園区

Huashan1914・Creative Park華山1914文化創意產業園區

閉店・移転、情報の修正などの報告

文化は時代を越えた!日本統治時代の酒工場の跡地は、クリエイティブアート空間に生まれ変わりました


ニーハオ!台北ナビです。
台北市内にあって、趣のある建物が立ち並ぶ「華山1914文創園区」は、日本統治時代の酒工場の跡地を絵心豊かに再利用したアート・イベント空間です。1987年に工場が林口に移転して以来1999年までの12年間、ほとんど放置状態にあったこの建物ですが、その放置されていた期間に、台湾の若者たちがこっそり忍び込んで壁画などを描き始めました。その後は、アートやイベントの会場として利用される空間に生まれ変わったのですが、2009年になって、カフェレストラン、ショップ、ライブハウスも加わり、台北一面白い、昔と今が交差するエンターテイメント的な活動の場となりました。今も敷地内には、台湾文化の潮流を引っ張る店舗が現在進行形でどんどん進出中。     

昔から今へ引き継がれたもの

かつて「華山1914文創園区」の前身であった酒工場。
初期は「日本芳釀株式會社」と呼ばれていました。1914年(大正3年)創業、1922年(大正11年)に日本統治時代の専売制を取り入れ、「台灣總督府專賣局台北酒工廠」という名に変更しました。
1946年、国民政府の手に渡り「台灣省專賣局台北酒工廠」と名を変えます。1947年には「台灣省菸酒公賣局第一酒廠」と改名され、米酒、紅(露)酒、藥酒、燃料酒精、各式水果酒、紹興酒など多種の酒類を生産してきました。

アート・イベント空間に生まれ変わる時に、できるだけ当時の面影を残しつつ、復元するように気をつけたということで、建物内部は打ちっぱなしのコンクリートだったり、掘り出したレールをガラスで保護して見えるようにしたり、線路の枕木を残して道の舗装をしていたり、大樽の撤去した後をぽっかりと空けていたりと、本当に当時あったものをうまく生かして現在風にアレンジしているなという感じなのです。また、歳月を経て、木の幹がコンクリートと一体化していたり、昔の瓦を現代的な色に塗り替えて、窓枠の飾りにしていたりと、注意して見ているとそこかしこに面白いものが発見できるんです。  

線路みたい

線路みたい

こういう風景もここではありがち

こういう風景もここではありがち

都会の中のアート・イベント空間


「華山1914文創園区」の正面入口は、忠孝東路二段沿いですが、その周囲は、八徳路一段、金山北路、新生北路、杭州南路、北平東路や市民大道に囲まれています。
このエリアは、言わば大都会の中の広大なクリエイティブアート空間なのです。 





『Trio café三重奏』
正面入口の左にはカフェがあります。そう大きくはない店内ですが、いい香りが立ち上っていて、結構お客さんが入っていました。コーヒーは100元~。夜も遅くまで営業してくれていて、カクテルが120元~というのは、うれしいですね。

電話:(02)2358-1058  営業時間:12:00~深夜1:00(~深夜2:00金土) 




『華山劇場』

屋外のパフォーマンスにも使える空間


 

『遠流別境 libLAB』
位置:中3/清酒工坊・1914年、清酒工場として建てられ、芳釀会社第一代の建造物。1922年に総合オフィスとなり、立体的な大きな窓が設置され、採光がよくなりました。外壁からの厚さが1mあるため、壁面は固く耐熱作用もあり。冬は暖かく、夏は涼しいオフォスに適した建築空間となっています。 

『遠流別境 libLAB』は、遠流出版公司が運営する空間で、閱讀、サロン、講堂を持つ『別境書店・展濱空間』と飲食の『Fab Cafe』を合わせた実験基地。こちらが位置するこの場所は、1914年当時、清酒の醸造工坊があったところ。赤レンガの外壁は残し、店内は昔の窓枠を再利用して、仕切りや天井枠に大変身させています。廃棄されてもおかしくない昔の窓枠が、モダンな息吹を吹き込まれ、全く新しい素材に見えるから不思議なものです。
『別境書店』
電話:(02)2341-5522  営業時間:11:00~18:00
『FabCafe』 
電話:(02)3322-4749  営業時間:11:00~22:00(火~木・日)、11:00~23:00(金土)
書籍エリア

書籍エリア

サロンコーナー

サロンコーナー

天井もチェック! 天井もチェック! 天井もチェック!

天井もチェック!



『服務中心』と『easyoga』
位置:中1A 高塔區研究股・1920年11月、コンクリートで3層になっている米酒製造の空間。違った年代の建物から成っていて、その特性が十分発揮されています。窓枠の形や装飾にも特徴があり、異なった石材や木材の組み合わせが、調和のとれた一つの建物として表現されています。  

正門から見ると、真ん中にそびえる一番高い建物ですが、現在は「華山1914文創園区」サービスセンターとして利用されています。 『easyoga』は、サービスセンターに隣接するレンガ色の建物で、現在はヨガグッズショップ。2011年4月には、台湾で初めてのヨガフェスティバル(Taipei Yoga Life)を主催した最新のヨガブランド。 
『easyoga』 
電話:(02)2321-1283  営業時間:11:00~21:30(平日)、10:30~22:30(土日)


位置:中2/果酒倉庫・1959年に建てられ、1Fは水果酒倉庫、2Fは酒工場の礼拝堂、礼拝堂には鏡框式の舞台があります。長い廊下と三面の窓からの採光がよく、格別な空間を作り出しています。

絵画やオブジェなどを展示するアートスペースになっています。 

電話:(02)3322-2988  営業時間:11:00~19:30



『Alleycats Pizza』
位置:東1/車庫工坊・1925年に作られ、消防車庫、蒸餾室、酒槽及び休息室として使用されました。

イギリス人オーナーのMarkが、台湾でご当地味のピザが食べられないことから自ら興したピザ&ビアハウス。こだわりのピザは、ピザ生地といい、トッピングといいまさに本場もの。深夜まで営業しているので、お酒も飲めるし、週末はブルースやジャズ、ラテンなどのライブも楽しめます。猫が4匹、1日中店から出たり入ったり。思わず店名「野良猫」を再確認したナビでした。お天気がいい日は、戸外の席もよさそうですね。
 
電話:(02)2395-6006   営業時間:11:00~24:00(休日~深夜2:00) 

猫ちゃんいました~

猫ちゃんいました~

お好きな場所をお選びくださ~い お好きな場所をお選びくださ~い お好きな場所をお選びくださ~い

お好きな場所をお選びくださ~い



★位置:東2/四連棟・歴史的建造物で、1933年3月「紅酒貯藏庫」として造られました。1981-1987年には金山南路を広げるため、面積が縮小され、長さが違う四棟建築に改装されました。独立した長い空間を持つ建築は、鉄鋼とコンクリートの強固な土台で造られています。高い天井は現代風建築の特色を兼ね備えています。

一番奥の赤い色の建物です

一番奥の赤い色の建物です

★位置:東3/烏梅酒廠・1931年3月、「貯酒庫」として建てられ、自家製の酒類を貯蔵。独立した工場の建物で、長い廊下式の室内空間を持ちます。
鉄骨とコンクリートで強固な土台が作られ、窓枠には倉庫の中のものが湿らないように保存がなされ、1930年代の台湾工業建築の技術水準を垣間見ることができます。




『DejaVu』
位置:中4A/米酒作業場・1933年11月に建てられた歴史的建造物、内部は、米酒と紅(露)酒製造場の2大空間兩大空間。

DejaVuは、ライブあり、マジックあり、パフォーマーとお客さんが互いに触れ合うコミュニケーションテーマレストラン。イタリア料理がメインで、窯焼きのピザは本格的。Deja Vu はフランス語で、“似曾相識”(日本語では、かつての知り合いのようだ)の意味。内部はヨーロッパのお城風で、ちょっとタイムスリップを起こしたかのような感覚に陥ります。内部の調度品や椅子テーブルもクラシックで、オーナーである周杰倫が収蔵している蝙蝠車、100年以上の歴史がある骨董椅子、映画の撮影に使用した熊貓人座車、バロック風のピアノ、もう一人のオーナーであるマジシャン劉謙個人が収蔵する魔術のポスターや道具などがいっぱい。ここに来たら、彼らに映画の一場面に招待されたような錯覚に陥った後、“似曾相識”の気分にさせてもらえる不思議な世界なんです。  
電話:(02)2396-8296  営業時間:12:00~15:00 18:00~22:00(月~金、12:00~16:00 18:00~22:00(土日祝) 



『Ayoi・阿優依原住民精品百家店』
位置:中4/蒸餾室・1933年11月に建てられた歴史的建造物、内部は、米酒と紅(露)酒製造場の2大空間兩大空間。レンガを梁と柱で支えた建築様式。てっぺんには、銅製の通風換気塔も設置され、ドアの縁には北投窯業會に特別オーダーした釉薬を塗っていない陶器の裝飾がなされるなど素朴な美を醸し出しています。 

阿優依Ayoiは、台湾東部の蘭嶼島に住む雅美(達悟)族の言語で謝謝{ありがとう}の意味!こちらは原住民文化の豊富な生命力と純朴な美感、神秘的な自然の神話がテーマとなった原住民グッズのセレクトショップです。なるほど、こちらも原住民文化に欠かせない米酒が、昔の工場の主産品だった場所なんですね。Ayoiは本店が南部の高雄にあることから、一番多いのはパイワン族の商品。どれをとっても躍動的で、楽しい柄と明るい色彩に心がぐっと引かれます。  

電話:(02)2395-9691  営業時間:11:00~21:00

どれにしようかな~~と悩みます どれにしようかな~~と悩みます どれにしようかな~~と悩みます
どれにしようかな~~と悩みます どれにしようかな~~と悩みます どれにしようかな~~と悩みます

どれにしようかな~~と悩みます



『Legacy Taipei傳』
位置:中5/再製酒作業場・1933年に建てられた独立した長い廊下のような空間。大きな鉄骨がむき出しになっていて、北側の外壁には作業台が残っています。 

 「Legacy」と言えば…、今や国内からは伍佰や蘇打緑…日本からもSUGIZOや一青窈など、多彩なアーティストが出演する有名なライブハウス。広さ225坪、8mの高さを持つ巨大な元再製酒の作業場は柱もないので、ライブ会場としては最高のパフォーマンスが見られるところ。パフォーマーと観客の距離も近く、熱さと躍動感を直に感じることができます。最新の器材で、国際水準のハード設備。ライブスケジュールはWEBサイトにてご確認くださいね。 

電話:(02)2395-6660  営業時間:ライブがある日は19:30から入場開始  
チケット購入方式:
1. 事前購入チケット:年代售票端點、7-11 ibon年代售票專區、年代售票網
2. 当日チケット:ライブ開演2時間前に、Legacy售票處にて。当日現地購入は現金のみ。

ロッカーあり

ロッカーあり



『CDPjazza』
位置:中4/米酒作業場・1933年11月に建てられた鋼筋の梁や柱を骨とした2階建ての建物。天井は南北に3棟続いています。2階には、発酵樽を置いていた直径5mほどの円形の跡が残っています。陽光が窓から射してくると、独特の雰囲気を醸し出す視覚効果をもたらします。

台湾の芸術を強調するCDPjazzaは、台湾アーティストたちによる手作りのアイデア、デザインショップ。台湾でスペシャルなもの、新しいものを発掘したい方は、ぜひ中へ入ってみてくださいね。CDPiazzaでは、生活の中の幸せを皆に分け与えてくれてるよう。ここに入ると、楽しいグッズに思わず笑みがこぼれてきます。 

電話:(02)2395-7572  営業時間:11:00~21:30



『老叢茶圃』
位置:中4B/米酒作業場
老叢は、台湾中部の杉林溪・龍鳳峽(標高1680m)に茶畑を持っているので、茶摘みから製品まですべての工程を自社で行っています。老叢オリジナルの「星露茶」は、香り高くコクがあり、オリジナル茶器も味わい深いものです。 

電話:(02)3322-3351  営業時間:11:00~20:00



『風潮・音樂聚落』
中4館/ 米酒作業場 ・1933年に建てられた3階建ての米酒作業場。米酒製作は一貫した流れをもっていました。4階は丸い外観をもち、3Fはテラス、窓の縁には北投窯磚が用いられました。

風潮・音樂聚落は、台湾の大自然の音を集めたり、台湾オリジナルの音楽を制作するMIT(Made In Taiwanの意味)のレコード会社です。2011年7月から「音樂聚落」と謳って「華山」に進出。音楽(Music is Life)の概念を推し進めてきました。音楽は聴くだけでなく生活態度そのものという「風潮‧音樂聚落」のスタンスは、生活美学として台湾の中に浸透してきています。 場所は中4館の2Fです。

電話:(02)2395-5053  営業時間:11:00~19:00(日~木)、11:00~21:00(金土)




『AL CICCHETTO 義麵坊小酒館』
位置:中4D/ 米酒作業場 

店内の剥げかかった壁には、工業時代の盛期を垣間見ることができます。義麵坊小酒館の中の「鐵」はレストランのオーナー、「銅」は、オーナー夫人を表しています。オーソドックスなランプとその明かりに映えるカウンター、鉄製の椅子などが奇妙な調和を編み出し、見たことのない酒の館を作り出しています。義麵坊の店内は、約40席ほどあります。隣の小酒は、イギリス風の雰囲気に、日本風のメニュー。多国籍文化が独特の雰囲気を醸し出しています。1955~1975年のヒッピー、ソウル、反戦運動や言論の自由などの社会的思想を、店内のデザインや音楽から想像してくださいね。 

電話:(02)2395-7117 営業時間:12:00~23:00、12:00~00:00(金土)

小酒の中の様子 小酒の中の様子 小酒の中の様子

小酒の中の様子



『青葉新樂園』
位置:中7/維修工場・1931に建てられた酒工場の機械の修理メンテナンス工場。南側の小さな空間は修理器具の倉庫。西北にある玄関は四方形建築。水平な帯と工場内の壁が絶妙なバランスを見せています。 

台湾料理の大御所「青葉」が出店した青葉新樂園。本店とは違った空間で、台湾料理のビュッフェを食すことができます。雰囲気よし、料理もその場で作ってもらえる屋台メニューなどがあるんです。 

電話:(02)3322-2009  營業時間:12:00~14:30(ランチ)、15:00~17:00(休日アフタヌーンティー)、17:30~21:30(ディナー)




『一間茶屋』
位置:「青葉新楽園」がある中7の後方 

小さなお茶屋さんのムードを醸し出す「一間茶屋」。実は知る人ぞ知る作詞家「方文山」の趣味の店。何で有名かというと、Jay(周杰倫)が彼の書いた歌を歌っていて、かつ今まで多くの賞を受賞してきた人だから。
茶芸館としては、一風変わった空間を作り上げていて、原味緑茶が50元~。気軽に入れる雰囲気がいいですね。  

電話:(02)3393-2809  営業時間:10:00~21:00  

店内にJay発見!

店内にJay発見!

カウンター席もあり

カウンター席もあり

お茶サイフォン

お茶サイフォン

壁には骨董の掛け時計

壁には骨董の掛け時計

方文山著

方文山著

テイクアウトはこちらをどうぞ

テイクアウトはこちらをどうぞ

冷水で作れるお茶、マークがかわいい

冷水で作れるお茶、マークがかわいい




★煙突(煙囪)

『一間茶屋』の後方にそびえ、「華山1914文創園区」の目印となるのが、こちらの煙突。1931年新しい工場の建設時期に建てられました。専売局が日本東洋壓縮會社に委託して建造したもので、煙突底部の内経2.5m、頂上の内経は1.2m。高さは50mで、台北の経済発展を示す目印となりました。1970年代になって、燃料を煤炭から重油にしたため、3m短くなったそうです。 




『光點華山』
位置:中6・かつては鉄道駅が後方にありました。1937年「樺山駅」(かばやまえき/当時の表記は樺山驛)として開業し、名前は樺山町(初代台湾総督の樺山資紀に由来)にあったので、そう名付けられました。1949年「華山駅」と改称後、1986年廃止。貨物扱いは南港貨物駅に移行し、跡地は「華山車場」と改名され、縦貫線台北地区地下化の建設資材置場となったのです。 

後ろの壁の落書きは、「華山1914文創園区」ができる前の若者たちの芸術空間で、そのまま残してあります

後ろの壁の落書きは、「華山1914文創園区」ができる前の若者たちの芸術空間で、そのまま残してあります

インディーズ映画というか、ハリウッドにはない、考えさせられる文芸的かつ社会的映画な映画を中心に放映する前衛映画館。台北市中山区の「台北之家」の2館目。中山と同じ、雑貨を扱う「光點生活」やカフェの「光點珈琲時光」もあり。

電影院:2ホールあり、1廳 A One (175席)、2廳 A Two (133席)。毎日6回の上演。真っ赤な内部に、きれい~!と叫んでしまったほど。

電話:(02)2394-0650  営業時間:上映作品により10:00代~が主

チケット購入カウンターと今日の放映スケジュール チケット購入カウンターと今日の放映スケジュール

チケット購入カウンターと今日の放映スケジュール

内部の鏡に後方の壁が移り、過去と現在のコラボが窺えます

内部の鏡に後方の壁が移り、過去と現在のコラボが窺えます

天井は骨組みを残したというのをわざと誇示

天井は骨組みを残したというのをわざと誇示

オフィスは2F、モダンな透明のエレベーターを古い建物の横に設置して、ここにも古さとの上手いコントラスト

オフィスは2F、モダンな透明のエレベーターを古い建物の横に設置して、ここにも古さとの上手いコントラスト

目が覚めるほどの美しい「紅」

目が覚めるほどの美しい「紅」

光點珈琲時光:無線LAN完備の安らぎの空間。窓際の席、かなりよさそうです。

光點生活:iPreferグッズを発見。今の台湾でときめくグッズがたくさんありましたよ。



 『好樣思維 VVG Thinking』
位置:紅磚六合院C (杭州北路x北平東路) 

 「華山」紅磚六合院エリアに遅れてオープンした好樣思維 VVG Thinking。樟腦工場だった場所が新しく生まれ変わりました。1Fは、レストランx花園x美術鑑賞x音楽で、紅、黄、青の3色に分かれた視覚的食事空間では、壁にもご注目。2Fは、文具x書籍x生活雑貨x家具x 服飾 x 獨樂樂空間x工房で、デザイン、アート、フォト、グルメ、フラワー、旅行に関する書がいっぱい。生活雑貨や林果ブランドの服、「獨樂樂」と言われる個人スペースもあります。オーナーの趣味で選ばれた書には日本のものもたくさん。知らず知らず時間が経つのを忘れてしまうほどの没頭してしまう時間がここで貴方を待っています。 

電話:(02)2322-5573  営業時間:12:00~21:00

今後も目が離せません!

古い建物にはめ込まれた窓、壁はそのままにしています

古い建物にはめ込まれた窓、壁はそのままにしています


「1914創意文化園区」の展示内容は、そのつどかわるのでHPをご参照ください。

トータルアートスペースなので、ファッションショーや音楽、舞台演劇にもよく利用されています。入場料は公演・展覧ごとに異なり、敷地に入るだけなら無料、展覧のない期間でも入場可能です。交通量も多い忠孝東路二段と八南路一段の交差点にありますが、休日になると親子連れが日向ぼっこしに来たり、芝生が気持ちのいいほっとできる緑のエリアが作り上げられています。 

以上、台北ナビがおとどけしました。



記事更新日:2012-12-10

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    mksin

  • photo

    mksin

  • photo

    mksin

  • photo

    東京チャームNo55

  • photo

    東京チャームNo55

  • photo

    東京チャームNo55

  • photo

    東京チャームNo55

  • photo

    東京チャームNo55

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2006-05-11

スポット更新日:2014-10-03

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

赤色のキュートな2階建てバスで台北市内を一日観光してきました!

赤色のキュートな2階建てバスで台北市内を一日観光してきました!

観光スポットにグルメ、ショッピングまで台北市を満喫しちゃいましょう♪

台北市2階建て観光バス「オープントップバス」に乗って来ました~レッドライン編!

台北市2階建て観光バス「オープントップバス」に乗って来ました~レッドライン編!

台北の町並みを見下ろす、新しい観光コース、台北101まで行けちゃうレッドライン!

華山1914文創園区に「逆さまの家」が出現!

華山1914文創園区に「逆さまの家」が出現!

家具や雑貨、TV、犬小屋まで、ぜ~んぶ逆さま!! 楽しいトリック写真が手軽に撮れちゃいます

「華山1914文化創意產業園區」にMIT雑貨大集合のお店発見♪

「華山1914文化創意產業園區」にMIT雑貨大集合のお店発見♪

お土産選びにオススメです~

花蓮文化創意産業区 a-zone

花蓮文化創意産業区 a-zone

日本時代の酒造工場の跡地が、花蓮の文化発信地になりました!

超可愛いキャラクターたちがスーツケース片手に外国へ旅行!

超可愛いキャラクターたちがスーツケース片手に外国へ旅行!

“阿朗基愛旅行”と題して昨年末より始まったアランジアロンゾ展♪

映画「KANO」の出演者が再び集結!

映画「KANO」の出演者が再び集結!

「This Moment 永瀬正敏撮影展」開幕記者会見に行ってきました!

林百貨(台南市)

林百貨(台南市)

80年の時をを経て生まれ変わった林百貨。台湾のMIT商品、文創商品など、台湾の「今」を代表する品々が勢ぞろい!

イベント好きなら「華山」へ♪

イベント好きなら「華山」へ♪

いつも面白い事やっています@華山1914創意文化園区

三和瓦窯(高雄市)

三和瓦窯(高雄市)

高雄のレンガ産業の歴史を今に伝える窯場、その歴史ある窯場は三級古跡にも認定されています

好様思維 VVG Thinking(1F)

好様思維 VVG Thinking(1F)

ここは台湾?それともヨーロッパ?「好様 VVG」プロデュースの情緒あふれるカフェレストランで思索の旅に出かけましょう。

VVG Thinking(2F)

VVG Thinking(2F)

「世界でもっとも美しい書店」のオーナーが2軒目をプロデュース。センスあふれる本と雑貨に囲まれた、宝箱のような空間を見つけました!

好,丘

好,丘

Made in Taiwanを発信するクリエイティヴなカフェ!

松山文創園区

松山文創園区

まさに都会の中のオアシス。かつての煙草工場が、緑と藝術を楽しむカルチャースポットに大変身!

2年に一度の「簡單生活」

2年に一度の「簡單生活」

@華山

お酒と藝術のコラボレーション

お酒と藝術のコラボレーション

@台北華山1914