台湾新幹線 (台湾高速鉄道)

高鉄台湾高速鐵路

閉店・移転、情報の修正などの報告

台北から高雄まで1時間半!便利な高速鉄道!


こんにちは、台北ナビです。台湾にやってきて、台湾の中を移動するときの交通手段といえば、鉄道や高速バス、そして飛行機がありますよね。中でも鉄道は日本と同じように路線網が発達し、移動も便利。さらに台湾の鉄道には、日本の新幹線のような高速鉄道があるんです。この高速鉄道、日本の協力で作られただけに車両も駅もどことなく日本の新幹線に似ているような?台北から台湾第2の都市である高雄まで、約1時間40分から2時間で結んでいる台湾高速鉄道。途中には台中や嘉義、台南などの観光地もあるので、この鉄道を使いこなせば地方旅行の重要な足となるはず!
台湾新幹線のご予約はこちらからどうぞ! ↓↓↓

高鐵(ガオティエ)

高速鉄道の正式な名称は台湾高速鐵路、略して高鐵(ガオティエ)。案内板では「高鐵」のほうがよく目につきます。現地では「シンカンセン」で通じることも。
台北郊外の南港から台湾南部の町、高雄の郊外にある左営まで、総延長348.5kmが高速鉄道専用の線路で結ばれています。所要時間は台北と高雄の間が最速1時間40分ほど。駅は全部で12駅で、台北市内に南港、台北の2駅。新北市に板橋駅、桃園市に桃園駅、新竹県に新竹駅、苗栗県に苗栗駅、台中市に台中駅、彰化県に彰化駅、雲林県に雲林駅、嘉義県に嘉義駅、台南市に台南駅、高雄市に左営駅があります。

どうして新幹線なの?

2007年に開業した台湾高鉄は日本の新幹線の技術が多く導入され、見た目も中も新幹線700系にそっくり。外側の色が違うのと、案内板の日本語が中国語になってい点を除けば、座席の配置も新幹線と同じ2席列と3席列だから、車内に入ると一瞬、日本の新幹線に間違えて乗ってしまったような感覚に。それもそのはず、この車両は日本の700系の改良型(700T)。最高時速も新幹線とほぼ同じ時速300km。1編成の長さは12両で東海道新幹線の16両よりはやや短め。運行本数は現在1時間に約7本。途中の停車駅のパターンはさまざまありますが、日本の新幹線のような「のぞみ」「ひかり」「こだま」といった列車に愛称はありません。停車駅の少ない高鉄は「直達車」と呼ばれます。台北と台中、左営には全駅が停車します。

新幹線から街への移動は?

高鉄の駅は、すべて高鉄の開通に伴い新しく設置された駅。地下駅(南港、台北、板橋、桃園)もあれば、高架駅もあります。また在来線にあたる台鉄(国鉄)と同じ駅もあれば(南港、台北、板橋)、台鉄と接続する駅がありながら駅名が違う駅(新竹、苗栗、台中、台南、左営)、また台鉄の同じ駅名なのにまったく別の場所にある駅(彰化、苗栗)もあります。また街の中心部まで、新竹駅や台南駅は台鉄(国鉄)の連絡線で20~25分かかります、また台中は接続する新烏日駅から台鉄の在来線で約15分、高雄はMRTまたは台鉄で約12~15分、彰化、雲林、嘉義は接続する鉄道はなく、バスか車のみとなります。そのうち嘉義はBRT(高速移動バス)が運行し、市内まで20分ほどの移動となります。

新幹線で行くと便利な観光地は?
・新竹駅(台北から約35分、左営から約100分)-内湾線
・苗栗駅(台北から約45分、左営から約90分)-客家老街
・台中駅(台北から約55分、左営から約50分)ー日月潭、彰化、鹿港、集集線
・嘉義駅(台北から約95分、左営から約30分)-嘉義
・台南駅(台北から約105分、左営から約15分)-台南
・左営駅(台北から約115分)-高雄、墾丁
※所要時間は平均

桃園国際空港とのアクセスも便利!
高鉄桃園駅から接続する桃園空港MRTに乗れば、桃園国際空港まで約25分(第1ターミナルまで)。地方都市で過ごしたあと、最後に新幹線で桃園に行き、MRTで空港に直行してもよし。また桃園空港から空港MRTに乗って高速桃園駅に行き、そのまま新幹線に乗り換えて台南や高雄などの地方都市に直行してもよし。

料金は?

料金は台北から左営の普通指定席が約1500元、グリーン車が約2200元(※2017年9月現在)。また自由席はもう少し安くなります。

出発駅 到着駅 自由席 指定席 グリーン車(単位は元)※2017年10月現在
台北 左営 1445 1490 2195
台北 台南 1305 1350 2005
台北 嘉義 1045 1080 1635
台北 台中  675 700 1125
台北 新竹  280  290 575
台北 桃園  155 160 395

切符の買い方は?

台湾新幹線の切符は駅の窓口や自動券売機のほか、インターネットやコンビニ、電話で購入することができます。

〇駅で買う
駅では自動券売機と駅の窓口、両方で購入することができます。
※在来線の台鉄とは売り場が異なるので注意しましょう。「高鐵」の文字が目印です。
※窓口で中国語が難しい場合は、メモでも可能です。
<自動券売機の場合> <自動券売機の場合>

<自動券売機の場合>

<駅の窓口で買う場合> <駅の窓口で買う場合>

<駅の窓口で買う場合>

<自動券売機の場合>
・タッチパネルで進みます。
・支払いは、現金、クレジットカード、キャッシュカード(台湾の銀行発行のもの)から選べます。
・乗車する日の28日前の午前0時から当日まで、予約が可能です
・1回につき片道10枚、往復5枚まで予約できます
・切符の変更、払い戻しはできません(駅の窓口での手続きとなります)

1.「對號座」(指定席)を選択します。
2.「単程票」(片道切符)か「去回票」(片道切符)を選択します。
3.目的駅を選択します。※出発駅は現在地の駅になっていますが、変更できます。
4.大人、子供の人数を指定します。
5.日程を選択します。
6.出発時間を選択します。ー>発券が可能な列車リストが表示されます(乗車時間、到着時間あり)
7.乗車する列車の、普通席かグリーン席を選択します。
8.往復切符の場合は「返回日期」(帰り時の日)を指定します。
9.支払い方法を選択します(クレジットカード、現金)。
1

2

3

4

5

6

7

8


〇インターネットで買う
以下のアドレスから可能です。
※日本語にならないときは、上部にある日本語をクリックすると、日本語に切り替わります。

https://irs.thsrc.com.tw/IMINT/


・乗車する日の28日前の午前0時から当日の1時間前まで、予約が可能です
・1日24時間受け付けています。
・指摘席のみ予約できます。自由席の予約はできません。
・1回につき片道10枚、往復5枚まで予約できます。

・パスポート番号、電話番号、メールアドレスの記入が必要となります。
・希望の席がない場合は、自動的に席が割り振られます。
・発車の5分前に切符の販売が締め切られます。

<支払い、受け取り>
・予約完了後、予約番号が表示されます。予約番号があれば予約状況をチェックできます。 予約番号は予約の問い合わせや切符受け取りの際に必要となるため、大切に保管してください。プリントアウトしておくことをお薦めします。
・予約完了後、3日以内に料金を支払います(予約日から3日以内に発車する列車の場合は乗車日の前日まで、当日の列車を予約した場合は列車が乗車駅を出発する30分前まで)。
・支払いはクレジットカード(一部を除く)で可能です。または台湾のコンビニや駅(窓口、自動販売機)で料金を支払いこともできます。
・切符は高鉄と提携する台湾のコンビニ、駅の窓口・自動販売機で受け取ることができます。
・コンビニで発券した切符は「QRコード」が印刷された電子チケットになります。改札時は改札の機械にQRコードをかざし使用します。

<キャンセル、払い戻し>
・予約して期限内に支払いがない場合、切符は自動キャンセルとなります。
・すでに支払い済みの場合、発車時刻の30分前まで、1回のみ無料で予約を変更できます(利用日、出発時間)。
・人数の増減、区間の変更、キャンセルは払い戻しとなります。切符1枚あたり20元の手数料がかかります。
・払い戻しにはパスポート番号、予約番号が必要になります。
・発車時刻30分前以降の払い戻しはできません。

〇スマホのアプリから買う
下のアプリから切符の予約可能です。

T-expres

・スマホを切符(QRコード型乗車券)としても利用できます。
※画面は英語で表示されます。
※予約、支払い、切符の受け取りはインターネット予約とほぼ同じです。


〇コンビニで買う
台湾にある一部コンビニで購入できます。(*2017年10月現在)

-セブンイレブン、ファミリーマート、OKマート、ハイライフ-

・切符の予約、支払い、発券ができます。
・運賃や空席の案内もあります。
・指定席(普通車、グリーン車)のみ可能です。。
・1日24時間可能です。
・キャンセルは7:00~23:00(セブンイレブン、ファミリーマート)、5:00~23:00(ハイライフ、OKマート)のみ可能です。
・乗車する日の28日前の午前0時から当日の1時間前まで、予約が可能です
・1回につき片道10枚、往復5枚まで予約できます。
・グリーン車のみ、席の指定が可能です。
・コンビニに設置された専用機で予約が完了後、10分以内にコンビニのレジカウンターで代金を精算します(10分を過ぎると自動キャンセルされます)
・現金のほか、各コンビニで指定した支払い方法で代金を精算できます。
・手数料として別途10元がかかります(往復切符の場合は20元)。
・コンビニで発券した切符は「QRコード」が印刷された電子チケットになります。改札時は改札の機械にQRコードをかざし使用します。

〇電話で買う
自動電話予約システムがあり、電話でも切符を予約することができます。

申込電話番号:
<台北から>4066-0000 
<苗栗地区>4266-0000
<台東・金門地区>4666-0000
<馬祖地区、携帯電話から>02-4066-0000
<海外から>+886-2-4066-3000
※日本語予約サービス:+886-2-4066-3000+ガイダンス後内線4

・1日24時間、電話予約が可能です。
・切符の予約、確認、キャンセルが可能です。
・運賃、時刻表を確認できます。
・指定席のみ予約が可能です。
・乗車する日の28日前の午前0時から当日の1時間前まで、予約が可能です
・1回につき片道10枚、往復5枚まで予約できます。
・予約完了後、3日以内に料金を支払います(予約日から3日以内に発車する列車の場合は乗車日の前日まで、当日の列車を予約した場合は列車が乗車駅を出発する30分前まで)。
・支払いはインターネットの予約システム、台湾のコンビニ、駅で可能です。
・切符は高鉄と提携する台湾のコンビニ、駅の窓口・自動販売機で受け取ることができます。
・コンビニで発券した切符は「QRコード」が印刷された電子チケットになります。改札時は改札の機械にQRコードをかざし使用します。

<切符における注意>
・6歳以下で座席が不要な乗客は保護者同伴の場合2名まで無料。3名以上は1人毎に半額の乗車料金が必要となります。
・12歳以下は半額。6歳以下で115cm以上、12歳以下で145cm以上の子供は年齢を証明するものが必要です。
・子供料金は半額。
・シニア割引切符、バリアフリー席は中華民国の国籍所有者のみ利用できます。
・台鉄(国鉄)との乗り継ぎ切符はありません。
・乗り遅れた場合、後続の高鉄の自由席に乗車できます。
通常の切符

通常の切符

コンビニで買う切符

コンビニで買う切符

<台湾新幹線・用語解説>
自動券売機やコンビニの機械で表示されるのは中国語。漢字でだいたいの意味がわかるものもありますが、中国語の単語もチェックしておきましょう。

■自由席:自由座  ■指定席:對號座
■片道切符:単程票  ■往復切符:去回票
■目的の駅:到達站
■大人:成人  ■子供:児童
■普通車:標準車廂  ■グリーン車:商務車廂
■帰りの日程(往復の場合):返回日期

それでは実際に乗ってみよう!

それでは新幹線に乗ってみましょう。

1.切符を持ち、新幹線専用の改札を通ります。
2.新幹線ホームで待ちます。
3.新幹線の車両に乗り込みます。
4.指定席の場合は指定席に座ります。

<新幹線の車内は>
普通車

普通車

グリーン車

グリーン車

荷物置き

荷物置き

トイレ

トイレ

おしめ台

おしめ台


<台湾新幹線、駅一覧>

いかがでしたか?新幹線(高鉄)を利用すれば短時間で地方にいけるから、半日か1日、日帰りでも地方に足を延ばすことができますよね。高鉄を乗りこなせば、台湾の地方旅行がぐっと便利になるはず。また日本以外の新幹線に乗るのは台湾でしかできない貴重な体験。旅の思い出にぜひ利用してみてください。
以上、台北ナビでした。

記事登録日:2017-10-13

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2017-10-13

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

高鉄新竹駅

高鉄新竹駅

台鉄の連絡線と接続、新竹地区にある新幹線の玄関駅

高鉄左営駅

高鉄左営駅

台鉄とMRTが接続、高雄における新幹線の玄関駅

高鉄台北駅

高鉄台北駅

MRTや桃園空港MRT、台鉄と接続。台北の玄関駅

高鉄台中駅

高鉄台中駅

台鉄が接続、台中市内にある新幹線の駅

高鉄板橋駅

高鉄板橋駅

MRT、台鉄と接続、台北郊外にある新幹線の駅。

高鉄雲林駅

高鉄雲林駅

雲林にある新幹線の駅

台湾新幹線に乗って、中南部ツアーに行こう!

台湾新幹線に乗って、中南部ツアーに行こう!

ちょっと遠くまで足を運んで観光した~い!

8/16~ 高鉄(台湾新幹線)が無料車内WiFi提供を開始しました

8/16~ 高鉄(台湾新幹線)が無料車内WiFi提供を開始しました

高鉄移動中も車内でネットが楽しめます

2017年 台湾ランタンフェスティバルを訪れる、魅惑の雲林日帰り見物ツアー+新幹線往復チケット付き!

2017年 台湾ランタンフェスティバルを訪れる、魅惑の雲林日帰り見物ツアー+新幹線往復チケット付き!

新幹線に乗ってひとっ飛び!魅力あふれる雲林の魅力ある町並みに、夜はランタンフェスティバルまで、1日楽しみましょう☆

台湾高鉄(新幹線)&台鉄3日間周遊券

台湾高鉄(新幹線)&台鉄3日間周遊券

高鉄と台鉄に乗って、台湾をぐるっとひとまわりも夢じゃない!

高鉄3日パス(高鉄(新幹線)3日間周遊券)

高鉄3日パス(高鉄(新幹線)3日間周遊券)

高鉄に乗って中南部まで足をのばしてみませんか?

新幹線で新竹遊び!

新幹線で新竹遊び!

高速鉄道(台湾新幹線)に乗って、新竹駅まで。ちょっと新竹市内に足を伸ばし、ビーフンを食べに行ってきました。

一足先に新幹線♪板橋-台中間を初乗り!(2007年)

一足先に新幹線♪板橋-台中間を初乗り!(2007年)

新幹線開通の直前、ナビは台中まで試乗してきました!台北駅からの乗り方をシュミレーション+乗り心地をレポート!

新幹線・新竹駅落成式典に行ってきました!

新幹線・新竹駅落成式典に行ってきました!

ホームで試運転車両に遭遇!新幹線開業前に、駅の様子をチェック。チケットの買い方、構内の雰囲気をお伝えします。

開通直前!早く会いたい!台湾新幹線(2006年)

開通直前!早く会いたい!台湾新幹線(2006年)

台湾で日本の新幹線初海外デビューの日が待たれています。開通日はまだはっきりと発表されていませんが、それを前に、ナビでは先取りレポートを敢行!