閉店・移転、情報の修正などの報告

台北101が一番美しく見える場所は、ここだと確信しました!


こんにちは、台北ナビです。

ナビの住居は台北の北の方であるため、用事がない限り信義区の方へ赴くことはあまりなく、また今回台北101のカウントダウン花火が終わってしまってからなんですが、やっぱり象山から見る101は最高だった!というのを聞いて、一回でも象山に登ってみよう!と足を運んでみました。

多くの人がMRT「象山」駅で降りて、中強公園に沿って歩き、象山登山口~頂上へと向かうと思われます。確かにそのルートが一番わかりやすいのですが、普段運動不足の人には、おそらく象山の前半で苦しい~大変~!となるので、今回は市立療養院から上り、登山口へ向かって降りるというナビがとった比較的ラクなコースをご紹介します。

象山自然歩道


象山は、台北北部郊外の陽明山のように温泉はありませんが、交通の便では、MRT駅から歩けるということから、陽明山より格段便利です!また山も昔日の砂岩の石畳階段をずっと歩いていけば、自然の美を楽しみつつ、道に迷うことなく頂上に到達することができます。
象山の隣には、獅山、豹山、虎山が並んでいますが、この4つの山を総称して四獸山と言います。各山の形がそれっぽいので、そういう名前になったのかどうかは調べられませんでしたが、四獸山の後方には、標高313mの拇指山(親指山)、320mの南港山という山々もそびえています。こちらも山登りにちょっと慣れたら、簡単に挑戦できる山々です。
もちろん4頭の獣山も登れるので、山好きには、毎回コースを変えてチャレンジできる山が、MRTで行ける台北郊外にある、というのはうれしいことですよね。 

象山自然歩道には、3ケ所の入口があります

象山の頂上は、標高183mとそう高くはないのですが、ゆっくり平坦路線を長く歩くか、傾斜がきつい短い路線をとるか、いずれにしても、山歩きを楽しみながら完歩したいのであれば、3時間くらいは見ておいた方がいいでしょう。

3ケ所の入口
① 「永春崗公園」は、MRT「永春」駅下車。徒歩10分ほどで登山口着。②「市立療養院」は、MRT「象山」駅から歩いて20分で登山口着。③「登山口」は、MRT「象山」駅から歩いて10分ほどで着きます。

最初からバスで行くなら…。
① 永春崗公園:27、46、259、299、504番で「永春高中」下車。或いは258番、忠孝幹線、信義幹線で「松山商職」下車。その後永春崗公園まで歩き、公園右側の石畳の階段を登っていきます。
② 市立療養院:54、69、277番で「市立療養院」下車。療養院を右側に舗装された道路の山道を登って行くと、石畳の階段へつながります。
③ 登山口:1、22、32、37、38、226、288、503番で、「吳興國小」で下車,信義路150巷22弄に入ると「象山早覺會」が見え、前方の階段を登っていきます。  

では、行きましょう!

ここから登るんです、ちょっと楽しい♪

ここから登るんです、ちょっと楽しい♪


今回ナビは、実はあまり下調べもなくタクシーに乗ってしまい、「象山親山歩道」と告げたら、降ろされたところがなんと「市立療養院」側の登山口…。
象さんの像がたくさんあって、ちょっと亜熱帯雨林に入って行くような気分♪
この山は、本当に象がいるかも?という空想も膨らんできますよ!
象がいないのは当たり前ですが、この入口…登るのが楽しくなってきました♪
道は石畳になっていて、途中脇道もたくさん出現するのですが、まず石畳の一番大きな道を歩いていけば、簡単かつ確実に頂上に着くことができます。
ナビはどこから登るかは調べずに来てしまいましたが、大体20分くらいで到達できるらしい、とは聞いていたので、こりゃラクちんと思い、一歩を踏み出しました。
入口には地図がありました 入口には地図がありました

入口には地図がありました

ジャングルへ入っていくみたいな…気分上々!

ジャングルへ入っていくみたいな…気分上々!


この日、快晴。そして、午前10時半ごろ。
数日前は寒く、この日気温は上がるとは聞いていたものの、冬のコートを着ていたナビ。途中で熱くなって脱ぐだろうと思いつつ、階段はさほど苦にならず、汗もかかずで、まず「観景平台」に到着。途中分かれ道もいくつかありましたが、メインの石畳を上へ上へと行けばなんなく到着。はい、ここでコートを脱ぎました。「観景平台」に着いて街を見下ろすと、台北101が左に見えました。101の方角はわかったので、今度はそちらの方へ向かう小さな階段を上ることに。 
標識も明確

標識も明確

一番広い石畳を登っていきます

一番広い石畳を登っていきます

右側にはトイレもありました

右側にはトイレもありました

「観景平台」に入ってみます

「観景平台」に入ってみます

が、もうちょっと登った方が、街はよく見えそう

が、もうちょっと登った方が、街はよく見えそう

左の方に台北101が見え隠れ?

左の方に台北101が見え隠れ?

ほぼ頂上、ということで


平坦な道に到着し、今度は象山の登山口へ降りていく方向へ向かうことにしました。
ここから南港山と書かれた方向に、象山の一番高いところがあるようですが、ナビはもうここで満足。
ここまで、なんと「市立療養院」側の登山口から登ったら、10分ほどで着いたのです!
南港山、雪山(宜蘭)、七里山、観音山の方向が書かれています 南港山、雪山(宜蘭)、七里山、観音山の方向が書かれています

南港山、雪山(宜蘭)、七里山、観音山の方向が書かれています

「撮影平台」(撮影スポット)と書かれた標識を発見!


東西南北の石畳の少し下の方に「撮影平台」と書かれた標識がありました。ここが、台北101の撮影スポットなんですね。
台北101のオフィシャル画像もここから撮っているようです。
ここで、しばし休憩。
休んでいる人たちも多く、皆おしゃべりに興じたり、食べたり飲んだり楽しそうです。もちろん写真を撮ったり!
人が集まり、にぎやか

人が集まり、にぎやか

階段の左に象

階段の左に象

右には、相機(カメラの中国語)の相の字とカメラマーク

右には、相機(カメラの中国語)の相の字とカメラマーク

ここでしたか!

ここでしたか!

まずは全体像を…皆さんは台北101が、台湾の縁起を担ぐ風水の塊のようなビルだってことを聞いたことがありますか?

まずは全体像を…皆さんは台北101が、台湾の縁起を担ぐ風水の塊のようなビルだってことを聞いたことがありますか?

こんなにほぼ平行の高さで、撮れることはないので、部分的にもじっくり見てみましょう♪

こんなにほぼ平行の高さで、撮れることはないので、部分的にもじっくり見てみましょう♪

台北101は竹の節を模しています、竹はどんどん伸びていく、すなわち出世、昇進を表す縁起のいいものなんですよ

台北101は竹の節を模しています、竹はどんどん伸びていく、すなわち出世、昇進を表す縁起のいいものなんですよ

節は全部で8個です、8は發、すなわち發財=どんどん儲かる、各節の階数も8階ありますよ、よく見て♪

節は全部で8個です、8は發、すなわち發財=どんどん儲かる、各節の階数も8階ありますよ、よく見て♪

そして、各節は金庫のようにも見えますね、鍵のようなものが見えますか?財運がぎっしり詰まっているのです。そして、下方には小判が4つ、これは邪気を跳ね返す魔除けでもあります

そして、各節は金庫のようにも見えますね、鍵のようなものが見えますか?財運がぎっしり詰まっているのです。そして、下方には小判が4つ、これは邪気を跳ね返す魔除けでもあります

101の麓にも水や丸い球のオブジェなど、商売繁盛を招くものがいっぱい、ここは台北で風水が最高の場所なんですね

101の麓にも水や丸い球のオブジェなど、商売繁盛を招くものがいっぱい、ここは台北で風水が最高の場所なんですね

風も気持ちよかったです 風も気持ちよかったです

風も気持ちよかったです

では、MRT「象山」駅へ向かいます

ここもきれい

ここもきれい

絶景ですね

絶景ですね

信義路5段150巷は中強公園脇、すなわち駅への方向です

信義路5段150巷は中強公園脇、すなわち駅への方向です

ここで大きな岩の間を抜け、下りの階段を見た瞬間に、あ、これは「市立療養院」から登るよりかなり大変!というのがわかりました。
階段が真上から見て、真下と45度の間。といったら極端ですが、それに近いほど急な角度だと思いました。下るのが怖いという感覚もあるくらいです。下りは手すりをしっかり握ってゆっくり降ります。途中少しゆるい傾斜になるところもありますが、「市立療養院」からの登りに比べたら、いやいや、これは大変です。登ってくる人たちのハアハアと苦しそうな呼吸が擦れ違う前から聞こえます。肩が大きく揺れている人もいます。水とタオルも欠かせませんね。ナビ、MRT「象山」駅から来ていたら、途中台北101がちょっと見えたところで、もうギブアップしていたかもしれません。 
ずっと目の前に101

ずっと目の前に101

下も見ないと大変…急でしょ?

下も見ないと大変…急でしょ?

ほら、撮影スポット手前でもこんなにきれい

ほら、撮影スポット手前でもこんなにきれい

黙々と登ってきます。降りる方もラクラク、とはいきません。手すりをしっかり持ちましょう! 黙々と登ってきます。降りる方もラクラク、とはいきません。手すりをしっかり持ちましょう!

黙々と登ってきます。降りる方もラクラク、とはいきません。手すりをしっかり持ちましょう!


台北北部にある「天母古道」は、何回も上ったことがあるナビですが、はっきり言って、「象山」(登山口出発に限り)の方が大変と言ってしまいましょう。また、登山口からの道は、下りの方が、台北101が常に目の前に見えて面白いです。
ここを登ってくる人たちは、振り返って観賞する余裕などおそらくないと思われますが…。 
下から上を眺める余裕があるナビですが、これ、登る人は上を見たくないかも 下から上を眺める余裕があるナビですが、これ、登る人は上を見たくないかも 下から上を眺める余裕があるナビですが、これ、登る人は上を見たくないかも
下から上を眺める余裕があるナビですが、これ、登る人は上を見たくないかも 下から上を眺める余裕があるナビですが、これ、登る人は上を見たくないかも 下から上を眺める余裕があるナビですが、これ、登る人は上を見たくないかも

下から上を眺める余裕があるナビですが、これ、登る人は上を見たくないかも

だんだん台北101が自分より高くなってきています だんだん台北101が自分より高くなってきています だんだん台北101が自分より高くなってきています

だんだん台北101が自分より高くなってきています

途中101をカメラにおさめながら、どうやらもう到達です 途中101をカメラにおさめながら、どうやらもう到達です

途中101をカメラにおさめながら、どうやらもう到達です

「霊雲宮」に到着

食べ物を買って登って行く人たちもいます

食べ物を買って登って行く人たちもいます


果物や飲み物を売っていたり、散髪100元なんてのもやってます。戸外での散髪、気持ちよさそうですね~。
ちょっと一休み ちょっと一休み
ちょっと一休み ちょっと一休み

ちょっと一休み

この「霊雲宮」の真ん前から見えたビルの谷間の101も美しかったです。 
そして、やっと登山口に到着。ここを右に曲がれば、MRT「象山」駅の方向へ向かう道。
彼らの足元には

彼らの足元には

登山口の文字、ここからです

登山口の文字、ここからです

駅から来たら、この景色も登山口への目印 駅から来たら、この景色も登山口への目印

駅から来たら、この景色も登山口への目印

公園に降りていくところの坂の上からパチリ

公園に降りていくところの坂の上からパチリ


中強公園が見えてきました。
もう台北101も目線と同じ高さではなく、ちょっと見上げる感じ。

そういえば、MRT「象山」駅の構内にも、各種のカエルのオブジェや絵がありますが、中強公園の湿地帯には、台湾にしかいない「樹蛙」(台北青ガエル)の生息地があるのです。
緑色でちょっとおどけたようなかわいい小さなカエルです。 
中強公園には、YouBikeもありますよ 中強公園には、YouBikeもありますよ
中強公園には、YouBikeもありますよ 中強公園には、YouBikeもありますよ

中強公園には、YouBikeもありますよ

MRT「象山」駅到着

こんな景色に変わって、ビックリ

こんな景色に変わって、ビックリ

MRT「象山」駅から撮ると、下から上へ見上げる感じです

MRT「象山」駅から撮ると、下から上へ見上げる感じです


公園を抜けたら視界が開け、うってかわった大都市の模様が眼前に広がりました。
汗まみれになって下山した人は、気恥ずかしくなるくらいのこの都会の風景。
MRT信義線が下を走っている信義路五段には、おしゃれなイタリアンの店なども点在しています。
さっき「霊雲宮」の間から見えた台北101は、左方にそびえています。
前方は大都会、そして、後ろを振り向くと緑一色の光景。
MRT「象山」駅は、都会と山の分岐線上に存在してるのですね。
駅の構内で、カエルくんを探してみよう♪ 駅の構内で、カエルくんを探してみよう♪ 駅の構内で、カエルくんを探してみよう♪
駅の構内で、カエルくんを探してみよう♪ 駅の構内で、カエルくんを探してみよう♪ 駅の構内で、カエルくんを探してみよう♪

駅の構内で、カエルくんを探してみよう♪

以上、台北ナビでした。 

記事登録日:2014-01-15

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-01-15

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供