閉店・移転、情報の修正などの報告

金針花が満開の季節は、ぜひ青山農場まで来てみてください

こんにちは、台北ナビです。
青山農場レジャーファームは、台東県太麻里郷の金針山に位置しています。こちらは台鉄「太麻里」駅から車で30分ほど。標高800mのところに約15軒の民宿やレジャーファームがあり、中でも青山農場は1967年から金針花の乾燥工場をこの地に持っていた関係で、金針山では古参の宿泊地と言えます。
当時、青山農場を経営する蔡さん一家は山の麓に住み、金針花の採収期だけ、ここに長期滞在をしました。現在宿泊所となっている建物は、当時花を摘み、乾燥作業を行う人たちが休む小屋だったそうです。1998年になって古い工場の構造を残したまま、レジャーファームとして改造を加えた後、営業を開始しました。現在のロビーにはその当時の面影が残っています。
青山農場のロビーは、金針花の乾燥工場だったところです

青山農場のロビーは、金針花の乾燥工場だったところです

当時の機械室には使用していた農機具や当時の生活用品などを残し、観光客が昔の金針花の乾燥作業のことを知るのに役立っています。壁に掛かっていた1923年の電話機には、大正の文字が刻まれていました。現在のレストランや農産物の販売ショップエリアも工場の一部でした。
昔の工具類 昔の工具類 昔の工具類

昔の工具類

大正時代の電話機

大正時代の電話機

電気が通っていなかった時代に使用していた自家用モーター

電気が通っていなかった時代に使用していた自家用モーター

昔の電話は政府から使用許可が必要だったそうです 昔の電話は政府から使用許可が必要だったそうです 昔の電話は政府から使用許可が必要だったそうです

昔の電話は政府から使用許可が必要だったそうです

満開の時期はこんなにきれい

満開の時期はこんなにきれい

左からつぼみ、咲く前、開花、しぼんだ次の日の4日間の様子

左からつぼみ、咲く前、開花、しぼんだ次の日の4日間の様子

蔡オーナー曰く、金針花の種類は6万種にもなるそうで、うち1000種が台湾では見られるそうです。オレンジと黄色だけかと思っていたら、赤や紫もあるんですね。ファームの壁にはこの金針山で見られる、主な花の写真が飾っていました。種類によって、千鶴や紅鈴、紫后などの名前がついています。
赤や紫は豪華な印象を受けます 赤や紫は豪華な印象を受けます

赤や紫は豪華な印象を受けます

蔡オーナーとお父様、弟さんは皆さん憲兵をしていました

蔡オーナーとお父様、弟さんは皆さん憲兵をしていました

青山農場周辺MAP

青山農場周辺MAP

天井には大きなスズメバチの空っぽの巣

天井には大きなスズメバチの空っぽの巣

天ぷら料理に使われるつぼみ

天ぷら料理に使われるつぼみ

蔡オーナーファミリー

蔡オーナーファミリー

アメニティ

レジャーファームなので、ごく簡単なアメニティ類しかありません。あるものは、フェイスタオル、歯ブラシセット、シャンプー、ボディソープ。
客室内には、テレビ、ドレッサー、ドライヤー、ミネラルウォーター2本(ロビーには飲水機があります)
ルームキーのところにWiFiパスワードがあります

ルームキーのところにWiFiパスワードがあります

タオルはフェイスタオルで、歯ブラシセットのみ

タオルはフェイスタオルで、歯ブラシセットのみ

ボディソープとシャンプーはあります

ボディソープとシャンプーはあります

ドライヤー

ドライヤー

ドレッサー

ドレッサー

ミネラルウォーターと紙コップ

ミネラルウォーターと紙コップ

浴室用スリッパ

浴室用スリッパ

ポールハンガー

ポールハンガー

テーブル椅子、扇風機、室内スリッパ

テーブル椅子、扇風機、室内スリッパ

部屋を見ていきましょう

部屋は全室16室。2人部屋と4人部屋の2種類しかありません。部屋には植物の名前がついています。金針山は1年中花の季節ですが、特に金針花の季節には混みますので、お早めにご予約ください。エキストラベッドはありません。
お湯が出るのは、17時から23時までだけなので、ご注意ください。

部屋に向かう途中の休息コーナー 部屋に向かう途中の休息コーナー 部屋に向かう途中の休息コーナー

部屋に向かう途中の休息コーナー


精緻二人房 青楓 
2人まで宿泊可

精緻四人房 柳杉
4人まで可。
金針花が目の前で見られる部屋です

金針花が目の前で見られる部屋です

和室二人房(人数増加可)も数室あります。

朝の景色

台湾で一番早く日の出が見られる太麻里。海岸まで朝日を拝みに行く人も多いのですが、金針山の展望台からも朝日が望めます。この日は朝5時過ぎに歩いていきました。坂を上ること約15分、視界が開け、眼下に太平洋を望むところに立ちました。この日の日の出は5時40分、のはず。が、お天気が悪く、20分ほど待ちましたが暗いまま。諦めて、この場をあとにしました。
金針山の方向へ少し登っていきます

金針山の方向へ少し登っていきます

この辺りには15軒の民宿

この辺りには15軒の民宿

蔡オーナーの2人の腕白っ子たちも早起きして、一緒に歩きました

蔡オーナーの2人の腕白っ子たちも早起きして、一緒に歩きました

が、待てど暮らせどこの日は日の出が見えず

が、待てど暮らせどこの日は日の出が見えず

農場にいったん帰ることに…

農場にいったん帰ることに…

朝食

露天カフェは農場の隣

露天カフェは農場の隣

トースト、飲み物とフルーツの朝食セット

トースト、飲み物とフルーツの朝食セット

宿泊の建物の前には、露天咖啡(露天カフェ)があり、朝食はここでいただきます。必要な場合は1日前には申し出てくださいね。カフェ内はオーナーの趣味で植えた植物であふれています。朝食はコーヒーや紅茶の飲み物とトーストから選びます。カフェの周辺は、花や木などの植物観賞エリアで、金針花、百合、桜、杏子、アジサイ、烏心石樹林、台湾楠などが約10万坪の土地に植わっていて、散歩道も整備されています。台湾の南にある台東県ですが、標高800mの金針山は冬場は少し寒くなり、秋口には若干の紅葉も楽しめます。4、5月にはなんと20種ものホタルがあちこちで見られるそうです。
新鮮なフルーツ

新鮮なフルーツ

ヘン顔して遊んでる2人

ヘン顔して遊んでる2人

押すとズボンに葉っぱの形♪

押すとズボンに葉っぱの形♪

オーナーの趣味だそう オーナーの趣味だそう オーナーの趣味だそう

オーナーの趣味だそう

奥様の手作り金針花入りクッキー

奥様の手作り金針花入りクッキー

ご当地愛玉

ご当地愛玉

田媽媽「青山農場・田園料理」

金針花づくしの料理

金針花づくしの料理

「田媽媽」というレストランが台湾各地にあるのですが、これはご当地食材を上手に使った、油、塩分、糖分控えめで高繊維な料理です。新鮮な食材を低カロリーでというヘルシーな理念の下、季節によって旬の食事を提供しています。2人分500元から一卓10人分までアレンジしてくれます。2日前にはご予約ください。青山農場では、シナモンも栽培し、手作りのシナモンジンジャークッキーなどがあります。
この日は、金針花シリ-ズの料理をいただきました。天ぷらやスープ、煎り卵など。地鶏料理も絶品!
乾燥させた金針花は低カロリーで、たんぱく質、脂肪、糖類、繊維以外に多くの鉄分が含まれています。オーナー奥様の鄭淑芬さん曰く、乾燥させた金針花は鉄分が多いので、女性にはいいよと。しかし、生の花はむくみには効くけど、食べ過ぎると体が冷えてくるので、胃腸が弱い人や空腹でいただく場合、炒め物や天ぷらはほどほどにした方がいいとのこと。
金針花スープは単品で注文すると120元から。地鶏料理の水晶油雞は200元でした。
あっさりしたいい味のスープ

あっさりしたいい味のスープ

花が入っています

花が入っています

つぼみの天ぷらとホクホクのカボチャの天ぷら

つぼみの天ぷらとホクホクのカボチャの天ぷら

こちらも工場を改造したレストラン こちらも工場を改造したレストラン

こちらも工場を改造したレストラン

ショップ

昔の工場だったショップ

昔の工場だったショップ

2種類の金針花

2種類の金針花

乾燥金針花は、スープや煮物に使えますが、花自体の味はそう強くありません。どちらかというと無味に近いかも。野菜や豚肉などを入れたスープには、この金針花の色がよく映えますね。実は花の色を保つために体には害がないのですが、NaHSO3を添加しています。添加しなかった場合の自然乾燥の花は黒くなり、ショップでは2種類販売しているので見てみてください。味の方はそう変わらないそうです。他にも台東名物のローゼルの蜜付けやジュース、紅烏龍茶や蜜香紅茶、釈迦頭のケーキやクッキーなど、お土産がいっぱいそろっています。
釈迦頭のお菓子

釈迦頭のお菓子

台東産のお茶

台東産のお茶

キヌア

キヌア

ローゼルの蜜漬け

ローゼルの蜜漬け

ローゼルジュース

ローゼルジュース

ローゼルや釈迦頭のアイスクリーム

ローゼルや釈迦頭のアイスクリーム

以上、台北ナビでした、

記事登録日:2017-10-16

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2017-10-16

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

金針山(台東県)

金針山(台東県)

金針花が満開になる山は、7,8,9月が見ごろです