スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ホテル 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


佳佳西市場旅店(台南市)

JJ-W Hotel佳佳西市場旅店

閉店・移転、情報の修正などの報告

※上記の合計価格には税・サービス料は含まれております。

日本人建築家、藤本壮介氏も設計に参加、台湾発のあっと驚くホテルが台南に出現!

こんにちは、台北ナビです。
今日は台南の新しいホテルへやってきました。ここは昔、佳佳飯店と呼ばれていた歴史あるホテル。ところが、外観も中身も時代遅れとなってきたその佳佳飯店…2009年、新進気鋭の建築家やインテリアデザインを手掛ける若いデザイナーたちが、一大プロジェクトを企画し、全く新しいスタイルに生まれ変わった「佳佳西市場JJ-W」ホテルに蘇らせました!台南の、かつては商業が一番栄えた旧市街一帯で、ひときわ目立つ南欧風の建物がここ「佳佳西市場JJ-W」。ホテルの隣も趣ある倉庫。
全く新しいスタイルのホテルで、ホテル内では、地元の人たちの素朴な生活が楽しめるだけではなく、多様多元的な文化や時代の足跡も感じ、新旧の差異や融合を玩味することができます。また、古い町並みを眺めながら、それぞれのアーティストの作品を味わい、ゆっくりと旅の疲れを癒すことができるでしょう。南国の旅情を十分感じとることができます。

外観は南フランス風

真っ白で、窓が多いホテルに到着しました。正面入口は正興街に面したところですが、ナビたちは右側から入りました。目の前に広がったロビーを見た時の最初の感想は、おしゃれなブティック。フロントはきれいなタイルと大理石の建材でセンスのよさが光っています。中央は吹き抜けで、置かれているオブジェも個性的。奥のほうにはちょっとアンティークなテーブルと椅子が並んでいます。超モダンと古のよきものが入り混じって、心地よい空間を造り上げています。朝食やランチ、アフタヌーンティーもここでいただきます。
*エレベーター横には自転車が数台置いてあり、200元で1日レンタルできます。ホテルの周辺には、市場や50年以上の老舗店も多く、徒歩でも回れますが、自転車だともっと便利ですね。

ロビーも面白くて、楽しいものがいっぱい! ロビーも面白くて、楽しいものがいっぱい! ロビーも面白くて、楽しいものがいっぱい!

ロビーも面白くて、楽しいものがいっぱい!

チェックインカウンターはこちら 

チェックインカウンターはこちら 

古い家具が新しいインテリアに溶け込んでいます 

古い家具が新しいインテリアに溶け込んでいます 

正面入口には昔の郵便ポスト

正面入口には昔の郵便ポスト

各部屋のインテリアの一部 各部屋のインテリアの一部

各部屋のインテリアの一部

西市場とは?

隣は倉庫と思いきや、ずっと入っていくと昔の市場の跡、一番奥を左に曲がると、今の市場がありました

隣は倉庫と思いきや、ずっと入っていくと昔の市場の跡、一番奥を左に曲がると、今の市場がありました

台南市の西市場は俗稱「大菜市」(大市場)と呼ばれ、明治38年(1905年)日本人によって、新設された洋式市場。当時は台南地区で最大の雑貨集散地や貨物の卸市場でした。近年、台南市の商業中心が転移したことによって徐々に没落していき、以後市場の主体建築は、古跡と定められて残されたのです。

このエリアは清朝康熙後期から統治年間にかけての170年間、「五條港地区」と呼ばれ、当時台湾の経済センターとして重要なエリアでした。現在も残されている道具、店の看板、および屋台の仕切り、配置、建築の風格や色彩など、空漠とした回廊は、かつての様々な出来事を物語っているようです。

隣の倉庫内を探検してみました。昼間は市場になっているところもあります。 隣の倉庫内を探検してみました。昼間は市場になっているところもあります。 隣の倉庫内を探検してみました。昼間は市場になっているところもあります。

隣の倉庫内を探検してみました。昼間は市場になっているところもあります。

内部探険!

屋上にはParty空間もあります!

屋上にはParty空間もあります!


外観だけでなく、ホテル内の階段や2Fのリビングなどは、日本人建築家藤本壮介氏の設計によるもので、27室の部屋のほとんどは、台湾のデザイナー劉國滄さんと蔡佩烜さん、2人のデザイナーの手によるものです。
リビングには、洗濯機があり、自由に使えます。PCもあるし、無線LAN完備。コーヒーカップも揃っているので(飾りではなく、使っていいそうです)、いつでもコーヒーやクッキー、フルーツをいただくことができます。
このリビングに置かれているいろんな形のチェアは、東南アジアから購入したもので、どれも座り心地抜群なんですよ。

リビングの窓から飛び出したテーブル

リビングの窓から飛び出したテーブル

反対側から見てみました

反対側から見てみました

壁にはオーナーが描いた台南の歴史的建造物がありました

壁にはオーナーが描いた台南の歴史的建造物がありました

ホテルにある台南の小吃がすべて詰まっている本で、作者の方もこのプロジェクトの一員、王浩一さん

ホテルにある台南の小吃がすべて詰まっている本で、作者の方もこのプロジェクトの一員、王浩一さん

こちらでくつろいでください

こちらでくつろいでください

まずは食事を

 朝食も個性的で、洋食でありながら、台南名物サバヒーのお粥がついていました。パンもコーヒーもよし、おいしい朝食で1日が楽しく始められそうです!朝食時間:7:00~10:00、内容は季節によって少しずつj変わります。

朝食メニューはこんな感じ

朝食メニューはこんな感じ

アフタヌーンティーは特製プリン(おいしい!)や昔ながらのお菓子がついています\n

アフタヌーンティーは特製プリン(おいしい!)や昔ながらのお菓子がついています\n

台南にしかない特製2枚重ねクッキー、横にあるジンをコーヒーに入れ、クッキーをかじりながら飲みます

台南にしかない特製2枚重ねクッキー、横にあるジンをコーヒーに入れ、クッキーをかじりながら飲みます

アフタヌーンティー(14:00~20:00)のごく一例

ではお楽しみのお部屋といきましょう!

どの部屋も伝統と歴史を重んじながら、遊び心がいっぱいという印象を受けました。バスルームにバスタブはなく、すべてシャワー。また、ボディローションは、フランスブランドのDAMANA、ソープは手作りのものが置かれ、使わなければ持って帰ってくださいとのこと。とてもいい香りがします。歯ブラシ、歯磨きはないので、忘れずにもって行ってくださいね。シャワーキャップ、ブラシ、綿棒はあります。シャンプー(リンスなし)とボディソープもDAMANAブランド、100%植物エキスから抽出したものなので、肌に優しく、さわやかな香りがします。
ペットボトル2本はフリーで、ポットもあり、トワイニングのアールグレイとダージリンがありました。 


L タイプルーム (淮山舖房)
健康でありますようにと、祈りが込められた部屋で、漢方にちなんだものがたくさんありました。薬を抽出した杵や臼、壁には薬箱、薬瓶(中になんか入ってる!)、昔の茶棚は洋服掛けと冷蔵庫へと変身しています。この部屋は室内ベランダがあり、漢方の足湯が体験できるんですね(40分/250元)。外の景色を見ながら窓辺でリラックスというのもいいもんです。心静かに落ち着ける部屋です。
体がよくなりそうな部屋なんです 体がよくなりそうな部屋なんです 体がよくなりそうな部屋なんです

体がよくなりそうな部屋なんです

洗面台周りはすっきり

洗面台周りはすっきり

歯磨き、歯ブラシだけはありません

歯磨き、歯ブラシだけはありません

シャワールームも十分な広さ

シャワールームも十分な広さ

いい香りのシャンプーとボディソープ

いい香りのシャンプーとボディソープ

スイッチやコンセントも上手に隠れています

スイッチやコンセントも上手に隠れています

トワイニングのお茶

トワイニングのお茶

*ナビも漢方足湯を体験しましたが、10種類の薬材を30分以上かけて煎じたお湯に両足をつけること30分。部屋には冷房を入れてましたが、額からは汗がしたたり落ちました。ほっかほかになり、夜ぐっすり眠れたことは、言うまでもありません。夏場は、ミントも加えるので、さわやかさも感じられるとのこと。こちらの部屋には、宿泊費の中に足湯が含まれていますが、他の部屋で足湯を行いたい場合は、250元かかります。煎じるのに30分とヒノキの桶が2つしかないので、足湯希望の場合は、チェックインのとき、予約したい時間を申し出てくださいとのことです。雑誌と果物、濡れたままシーツなどに触れると色がつくので、足拭き用のタオルも持ってきてくれます。
足が赤くほてっているのがわかりますか? 足が赤くほてっているのがわかりますか? 足が赤くほてっているのがわかりますか?

足が赤くほてっているのがわかりますか?



L タイプルーム (三郊商房)
「郊」は雑貨の意味。この部屋では、米袋を雑貨に見立て、その雰囲気を思う存分に出しています。米袋クッションは座ると体がすっぽりはまり、おしりの形にも合わせてくれるようで、快適この上ありません。ロフト式のこの部屋は、2Fが寝室。
どの部屋もそうですが、コンセントが多いんですね。なぜかというと結構ホテルの部屋って、コンセントが少なくて困ることってありますよね。5つ星でもそう。ナビはTVのコンセントを抜いて、カメラのバッテリーを充電をしたことがあります。「JJ」では、部屋中どこへ行ってもノートパソコンや充電ができるのは、宿泊者への気遣いから。特に枕元のコンセントはありがたいものです。デザインだけじゃなく、機能性も十分重視してるホテルなんですよ~。


L タイプルーム (神農街房)
かつての農業、港の貿易、船、倉庫、旅などを描写しています。この部屋は遠近効果も取り入れているのです。
また、立つ位置によって、目に入るものがいろんな表情を見せてくれます。壁には港町の様子、梯子は、海岸沿いの倉庫だという意味の描写、昔のスーツケースは、飛行機がなかったころの船旅を象徴しています。


M タイプルーム (文曲星房)
真四角い部屋ではない間取りの部屋を、角を利用してうまく区切り、楽しい部屋に造り上げています。
この部屋には、昔の街区画は正方形ではなかったという意味も込められているのです。天井や壁には古の栄都が楽しく描かれ、この部屋はベッドじゃないところにも親しみがもてますね。


M タイプルーム (織女線房)
ホテルの近くには月下老人の廟があります。昔の女性は赤い糸で繋がった男性を求めて、よく廟へお参りにいきました。この部屋に泊まると、廟にお参りするときに必要なグッズも準備されています。赤い糸でハンガーや洋服掛けが巻かれ、昔のミシンもありました。
壁の洋服掛けに小さな小鳥がとまっていますが、これはこの部屋に泊まったオーストラリア人のイラストレーターの女性が描いたものだそう。彼女のサインも書いてあって、最初からここにあったように溶け込んでいます。

 
M タイプルーム (紅娘布房)
その昔西市場では、塩、砂糖、布が主要な貿易物資でした。様々な模様のカラフルな布も当時は大量に染められ、町を彩っていました。部屋には、天蓋として、ライトカバーとして、インテリアの中に活用されています。


M タイプルーム (崇文書房)

書籍はただ読むだけではなく、生活の一部であるという主張の部屋、壁にも本が描かれ、本棚も個性的。
洗面台は昔ながらの家屋と同じ建材であるレンガ造り。


M タイプルーム (水巷船房)
船を模した壁などから、この地方が港を中心に栄えていたことを表しています。デザイナーは、白と黒の写実的な空間を巧みに表現し、この部屋では、「神農」の部屋と共通した貿易、商業の栄華を見ることができます。
ライトをつけるとまた雰囲気が異なるんですね ライトをつけるとまた雰囲気が異なるんですね

ライトをつけるとまた雰囲気が異なるんですね



M タイプルーム (鹿耳窗屋)
昔台南の地主や裕福な家庭は窓に特別な装飾を施しました。一つとして同じものはない独自の窓です。ここでは、様々な様式の窓を再現してみました。


M タイプルーム (眠床臥房)
すっきりした部屋ですが、注意して見ると、シンプルさの中に隅々まで気をつかってデザインしているというのがわかります。

以上の10室以外に、上階にも部屋があります

異なる時期の文化が集積する河川「五條港地区」では、いろんなドラマがありました。台南人は、自分の生まれ育った土地を愛する人が多いので、古いものを大切にしながら新しいものをうまく取り入れてきたともいえます。各時代でのこだわりの風格や足跡などを、このホテルの各部屋で、じっくりと確かめることが出来ます。

上階の部屋は、少し小さめの S タイプルーム です。
 
展覽素房 ダブル

展覽素房 ダブル

展覽素房 ツイン

展覽素房 ツイン

展覽素套房(客室部分)

展覽素套房(客室部分)

展覽素套房(バスルーム)

展覽素套房(バスルーム)

他にもお部屋の種類は様々

1Fのロビーです 1Fのロビーです

1Fのロビーです

以上、台北ナビがおとどけしました。

記事登録日:2010-04-21

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    cheng428

  • photo

    cheng428

  • photo

    cheng428

  • photo

    cheng428

  • photo

    mukunya

  • photo

    mukunya

  • photo

    nozomaro

  • photo

    nozomaro

  • photo

    nozomaro

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-04-21

スポット更新日:2014-06-27

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

支店情報

地図で見る

佳佳小南天旅店(台南市)

佳佳小南天旅店(台南市)

台南に女性のためのプチホテルが登場、買い物や食事にも便利なロケーション!

佳佳・士林珮柏

佳佳・士林珮柏

あの佳佳グループが次に仕掛けたのはアパートメント型のステイ!アクセス至便な士林で台北暮らしを手に入れよう!

関連記事

佳佳グループに宿泊してワークショップ体験しよう!

佳佳グループに宿泊してワークショップ体験しよう!

おしゃれホテル佳佳グループ宿泊で生活を豊かにしてくれる教室が待っています♪

豊発黒輪(台南市)

豊発黒輪(台南市)

黒マグロ100%で作ったおでんのおいしさは格別。生ビールにあいます!

彩虹来了(台南市)

彩虹来了(台南市)

シンプルで心地よい生活をコンセプトとした、MITカジュアルファッションのお店。

小満食堂(台南市)

小満食堂(台南市)

ほっこりおちつく空間で、台湾のおふくろの味が楽しめます。

台南の西市場をご存知?

台南の西市場をご存知?

1905年設立の台湾南部最大の市場でした

可儷可儷(台南市)

可儷可儷(台南市)

週末は長蛇の列、手作りの固めのケーキを入れるとおいしいのです

正興楽器(台南市)

正興楽器(台南市)

台湾で買うとお得なもの、それには、ウクレレとギターもあります

Jojilian(台南市)

Jojilian(台南市)

インポート商品をあつかうオシャレなセレクトショップ

蜷尾家甘味處(台南市)

蜷尾家甘味處(台南市)

台南正興街の行列のできるソフトクリーム屋さん。

馥貴春重乳酪蛋糕(台南市)

馥貴春重乳酪蛋糕(台南市)

凍らしていただくのがグッド!台南正興街のチーズケーキ屋さん

下町洋房(台南市)

下町洋房(台南市)

正興街の一角にあるフォークアート雑貨と材料の専門店。DIY教室もあります。

地元民がおすすめする台南の穴場

地元民がおすすめする台南の穴場

見どころ満載の台南City、今回も面白いところへ皆様をご案内します~♪

エリアを歩く~佳佳小南天旅店(台南)~

エリアを歩く~佳佳小南天旅店(台南)~

台南の街は歩いて楽しもう!面白いところがたくさんあります!

エリアを歩く~佳佳西市場旅店(台南)~

エリアを歩く~佳佳西市場旅店(台南)~

「佳佳西市場」ホテルの周辺は、朝からにぎやか、台南ならではの美食が勢ぞろい!

正興咖啡館(台南市)

正興咖啡館(台南市)

古い家屋を改造して作った台南のカフェはムード満点、「正興」は民宿も併設しています!

高鉄3日パス(高鉄(新幹線)3日間周遊券)

高鉄3日パス(高鉄(新幹線)3日間周遊券)

高鉄に乗って中南部まで足をのばしてみませんか?

台南~街歩き~Part2

台南~街歩き~Part2

今日は朝早くから街歩きに出発です!昨日に引き続き、意外な発見やおもしろいものに出会えました!

台南~街歩き~Part1

台南~街歩き~Part1

グルメ満喫、掘り出しもの発見、歴史を知り、地元の人たちとも触れ合えた!台南市内2時間強の珍道中!