卓家汕頭魚麺(台南市)

卓家汕頭魚麵

閉店・移転、情報の修正などの報告

狗母魚のすり身で作った魚麺は、あっさりしてとても食べやすいんです。

photo

台南にある魚麺店の中で、最も歴史の古いお店がここ卓家汕頭魚麺。魚麺とは狗母魚(日本語:エソ)と呼ばれる魚のすり身を片栗粉と混ぜて麺状にしたもの。台南の魚料理といえば虱目魚(サバヒー)が一般的ですが、なぜ狗母魚なのかを聞いたところ、狗母魚の肉質は虱目魚に比べさっぱりと淡白な味で、今でこそ多くの人に親しまれていますが、小骨が多いため以前はだれも買い手がいなかったそう。そのため安く仕入れができるということが狗母魚を使い始めたきっかけだそう。それも今は昔、今ではこぞってこの狗母魚を仕入れるお店が増えたんだとか。
さてこのお店の魚麺は小麦粉を一切混ぜず、魚のすり身だけを使用し、しかも機械を使わず手延べで麺を作っています。お店の看板メニューはもちろん魚麺。スープ麺と乾麺の二種類がありそれぞれ45元(大盛りは75元)。少し太めの縮れ麺でコシがあり、つるつるとした食感でとても食べやすいんです。小麦粉を使用していないため、普通の麺よりもそれほどお腹が膨れないのが、いろいろ食べ歩きしたいグルメ観光客にとっては何よりもうれしいところ。もう一つのおすすめは魚冊と呼ばれる魚のすり身巻き。この魚冊という名前は、その形が昔の書物である巻物に似ていることからその名前がついたそう。これもスープありとスープなしがありそれぞれ35元。どれも量は少なめで食べ歩きにはちょうどいいですね。同じ通りにはくだもの屋や豆花店なども軒を連ねているので、ここで腹ごなしをしてから、次のお店へとはしごしてみるのもいいかもしれません。

ページTOPへ▲

関連タグ: 台南グルメ 魚麺 小吃

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-10-20

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

雙全紅茶(台南市)

雙全紅茶(台南市)

台南の路地裏にある小さな紅茶専門店

冰郷水果店(台南市)

冰郷水果店(台南市)

砂糖生姜醤油に付けていただくトマトは格別!八宝豆花も絶品です。

裕成水果店(台南市)

裕成水果店(台南市)

名物のマンゴーカキ氷の大きさにびっくり!思う存分マンゴーを堪能できます!