北村家 くるみ小料理屋

閉店・移転、情報の修正などの報告

台湾ではなかなか触れることができない味、それは日本の家庭料理の味。恋しくなったらココに来ます


こんにちは、台北ナビです。台湾のB級グルメもいいけれど、やっぱりたまには食べたい日本の味。それもできれば実家で、お母さんの料理を食べているような家庭の味が無性に恋しくなるものです。日本食を食べるのに事欠かない台北ですが、ここまでほっこりとさせてくれる場所、あったでしょうか…?

北村さんファミリー

ここ「北村家」は2010年3月22日オープン!住所を頼りにタクシーで訪れたナビたちは、車窓からすぐにお店に気付きました。日本語とのれん、一見するとラーメン屋さんにも似た雰囲気がありますが…、やっぱり目立ちます。通りすがりで、外から店内やメニューを覗きこむ人が多くいました。日本の家庭料理の味を求めるのは日本人だけではないようで、このように通りすがりで見つけて飛び込みで入ってくる台湾人も多く、今は全体の8割が台湾のお客さんなんですって。
早速のれんをくぐり店内に入ると…トーンダウンされた落ち着いた空間がナビをやさしく迎え入れてくれました。その空間に笑顔がひとつポッと浮かんでいます。北村豊晴さんです。北村さんは台湾で活躍する映画監督・俳優さん。実は先日、台北ナビの取材を受けていただいていたのです。取材に同行しなかったナビはこの時初対面。聞いていた通り、関西弁があたたかい印象の北村さん。伺うと、こちらのお店は北村さんのご両親が開いた小料理屋さんでした。お父様の北村茂さんは、日本で40年以上のコックの経験が!日本では、あるゴルフ場のレストランを任されていたそうなのですが、「いつか自分の店を持ちたい」というのは長年の夢だったそう。そんな中、息子の北村さんが台湾で活躍していることもあり、台湾という海外の地でその夢を実現することを一大決心したのです。「くるみ小料理屋」の「くるみ」は、お母様のカワイイお名前でした。くるみさんは基本的に茂さんのお手伝いですが、くるみさん特製メニューも食すことができます。店長は北村さんの後輩にあたるCUTEな台湾女性、蘭ちゃん。いつも笑顔で感じのイイ蘭ちゃんは、日本語も少しできますよ。
北村さんが迎えてくれます

北村さんが迎えてくれます

茂さんとくるみさん

茂さんとくるみさん

蘭ちゃん

蘭ちゃん

こだわりの店


茂さんの長年の夢の実現というだけあって、店内には至る所に“こだわり”を見ることができます。さて、店を入ると10名が座れるバーカウンターになっています。地下1階は、取材時まだ改装中。20~40名収容できる宴会場にする予定なんですって。北村さんは茂さんにとっては頼りになる次男坊、ということで店のデザインなど北村さんが中心となって進めてくれたそう。お皿一枚までもこだわり、滋賀県甲賀市出身の北村さんは、もちろん信楽焼のものを揃え、たぬきもまた然り、です。また、くるみさんは生け花が趣味ということもあり、お店にはキレイにお花が飾られています。さりげないのですが、あるとないのでは大違い。グンと華やかになり…全体的に“モダン小料理屋さん”といった趣に。さらに、店内ではインターネットラジオで日本のラジオがリアルタイムで聴けるんですよ。スピーカーにもこだわったそうで…細かい所にも気を使っているのがわかりますね。
もちろん一杯やれるこちらではコースターだけでも4種類。茂さんの顔がトレードマーク!

もちろん一杯やれるこちらではコースターだけでも4種類。茂さんの顔がトレードマーク!

スプーンもくるみさんが直接選びました。重みがあっていいんです。

スプーンもくるみさんが直接選びました。重みがあっていいんです。

ポンポコたぬき

ポンポコたぬき

本当に食べたい料理


さて、お目当ての料理!メニューは北村さんファミリーで相談しながら考えたのだとか。台湾在住歴12年になる北村さん。その北村さんが台湾で本当に食べたくなる料理を中心に選んだといいます。それって自然と在住が長い日本人の食べたいものにつながりますもんね…そして、北村さんが育ってきた中で、大好きな父の味&母の味を看板メニューに!また、その看板メニューこそ多くの人に味わってもらいたい、ということで値段設定もお安くなっているのでありがた~い!
牛肉刺し(生和牛肉搭配北村家獨家醬汁)220元

牛肉刺し(生和牛肉搭配北村家獨家醬汁)220元


ズバリ、北村さんお気に入りの1品。ナビもこれには納得!台湾ではなかなか生肉は食べられないんですよー。オーストラリアの牛肉を使用しており、柔らかい!中国語名にあるように、タレが北村家特製!これが、しょうゆベースにニンニクがきいていて…イケル!
ママ愛情小鉢(媽媽愛心的小鉢)1品70元/4品240元 ママ愛情小鉢(媽媽愛心的小鉢)1品70元/4品240元

ママ愛情小鉢(媽媽愛心的小鉢)1品70元/4品240元

これはくるみさん特製の小鉢メニュー。バーカウンターの前に大皿で盛られていて、注文すると小鉢に入れてくれるんです。4品注文するのがおトク~。目の前にあったら頼まずにはいられませんよね!?内容は毎日変わります。今回のメニューではナビのお気に入りはナスのショウガ和え。ホッとする味です。筑前煮もあって、うれし涙が出そうになっちゃった…
牛すじ煮込み(香嫩牛筋味噌煮)160元

牛すじ煮込み(香嫩牛筋味噌煮)160元


ものすごく煮込まれているので、牛筋がハンパなくヤワヤワトロトロ!噛んだ記憶がございません。コラーゲンを食しているといいましょうか、唇がベトベトしてくるほどなんです。
カニクリームコロッケ(特調鮮蟹奶油可楽餅)2個200元 カニクリームコロッケ(特調鮮蟹奶油可楽餅)2個200元

カニクリームコロッケ(特調鮮蟹奶油可楽餅)2個200元

「台湾でカニクリームコロッケ食べるの初めてかもー!?」と思わず叫んでしまったナビ。ナビ個人的に何年ぶりかに見るメニューです。かなり大ぶりの外見ですが、中も期待を裏切らず具だくさんで、クリームもたっぷり~。ソースからもカニ風味を感じました。
北村家牛ヒレ串(北村家招牌牛菲力炸串)2本120元 北村家牛ヒレ串(北村家招牌牛菲力炸串)2本120元

北村家牛ヒレ串(北村家招牌牛菲力炸串)2本120元

これも北村さんイチオシの1品!生でも食べられる牛ヒレを使用しているので、ナビたちは撮影後冷めた状態で食べたのですが、それでも柔らかくかなりのおいしさ!それでこの価格は赤字覚悟でしょうか!?かかっているソースはデミグラスソース。これが実はいちばん手間暇込めているそう。牛筋などを1週間ほど煮込み作ったソースです。茂さんは、休みの日もこのソースのためにお店に出てきて見ているんだとか…子供みたいにじっくり育てているんですね。
半熟玉子牛オムハヤシ(正宗日式紅酒嫩牛肉半熟歐母飯)300元 半熟玉子牛オムハヤシ(正宗日式紅酒嫩牛肉半熟歐母飯)300元

半熟玉子牛オムハヤシ(正宗日式紅酒嫩牛肉半熟歐母飯)300元

出ました、本場オムハヤシ!そのご自慢デミグラスソースをふんだんに使いました。ソースの中には赤ワインで煮込んだ厚切り牛肉が入っています。中のご飯は白ご飯で、ソースとの相性ピッタリ。台湾のコシヒカリを使用しています。この卵の半熟具合もいいですね~!台湾の卵は生で食べるのに抵抗がありますが、「北村家」ではいい卵を使っていますので、その点も安心ですよ。

一杯どうですか?

これらの料理と一緒に…一杯、といきたいですよね。「北村家」では、北村さんセレクトのお酒の数々も並びます。日本酒に芋・大麦・米・蕎麦などの焼酎、泡盛、梅酒、ゆず酒など…今後は故郷、滋賀の地酒なども持って来たい、とおっしゃっていました。グラスも切子グラスがステキでした。
蔵元の梅酒140元

蔵元の梅酒140元

日本酒 男山160元

日本酒 男山160元

薩摩焼酎 鉄幹170元

薩摩焼酎 鉄幹170元

アサヒの生も!

アサヒの生も!

おつまみにポテトサラダはいかが?

おつまみにポテトサラダはいかが?


お腹もいっぱい、お酒も入ったので身体があたたかくなってきたナビですが、心までなんだかホカホカに…それは言うまでもなく、北村家のみなさんのおかげ。お店に来た、というよりも本当に「北村家におじゃました」という気分になるのです。ナビの場合は、日本の実家に帰ったみたい…茂さんくるみさんご夫婦がナビの両親と同じ年代というのも大きかったかな。
おふたりは只今中国語の勉強中。海外での夢の実現、不安もあったかと思いますが、中国語も話せる北村さんを頼りに、そして誇りに思っているようで、北村さんの活躍が取り上げられた地元の広報紙をナビたちにも見せてくださいました。親心ですね…
レッスン帳を覗き見…がんばってますね! 

レッスン帳を覗き見…がんばってますね! 

広報紙。息子の活躍は親の誇りです

広報紙。息子の活躍は親の誇りです


ナビも日本の味が恋しくなったら、そして家族が恋しくなったら、またここに来ま~す。その時は北村家のみなさん、どうぞよろしくお願いしますね!
以上、台北ナビでした。

記事登録日:2010-04-19

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-04-19

スポット更新日:2011-08-30

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

仔仔ファンイベントに潜入!

仔仔ファンイベントに潜入!

やっぱりスゴイ!ファンの方たちの熱く一途な想い…今回は身をもって感じてきました

台湾で活躍する日本人⑩『北村豊晴』インタビュー

台湾で活躍する日本人⑩『北村豊晴』インタビュー

中国語と映画制作を学んで俳優デビュー。コツコツと実績を積み、今夏には初監督を務めた映画「愛你一萬年」(ヴィック・チョウ主演)の公開も決定!