スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


欣葉食藝軒(台北101)

SHINYEH DINING

閉店・移転、情報の修正などの報告

地上396メートルで食す台湾料理!台北101ビルの85階には、あの「欣葉」が君臨しています


こんにちは、台北ナビです。

「台湾・台北のシンボルと言えば?」「台北101ビル!」それもそのはずですよね、地上508メートル、今までは世界一高いビルだったんですから。最近ではどこぞの国のビルに、その高さは抜かれてしまいましたが、台湾にとっては変わらず誇り高き「台北101ビル」。その85階にたった2軒だけレストランが入っているのはご存知でしたか?予約必須で、その字の通り敷居が高いレストラン。その1軒が台湾料理の老舗「欣葉食藝軒」なんです。

入店からスペシャル気分~


「台北101ビル」実は2つの棟に分かれています。ショッピングモールの方は低い棟。85階レストランが入っているのはニョキっとそびえる本棟の方。オフィスが数多く入っているビルの方なんです。ショッピング棟の方からはつながっていないのでご注意を。

松智路側入り口から入ったら、目の前の改札口みたいなのを無視して左側に進みます。2階に上がるエスカレーターが見えますので、これに乗るとカウンターが。こちらで「欣葉」の予約をしていることと名前を告げると、カウンターにいる女性がお店と確認を取ってくれます。OKが出たら改札口を通れるのです。ここにはコワモテの警備員さんがいて、緊張感ありあり。否応なしにもいつもと違うスペシャル気分になってしまうのです。

85階までは直通ではなく、60階で乗り換えが必要。ここにもエスコートしてくださる男性が。いよいよ85階に上がるとなるとエレベーターの中では耳がツーンとしてきて、「上がってる、上がってる~」と実感でき、ナビのテンションまで上がっちゃうのでしたー↑
松智路側入り口

松智路側入り口

このエスカレーター 

このエスカレーター 

2階カウンター

2階カウンター

60階。別のエレベーターに乗り換えます

60階。別のエレベーターに乗り換えます

専用エレベーター 専用エレベーター

専用エレベーター

景色はサイコー!

いざ!店内へ

いざ!店内へ

雲の上へ向かうトンネルを抜けて…

雲の上へ向かうトンネルを抜けて…

香りの招待は壁の生花

香りの招待は壁の生花


耳抜きに必死になっていると、もう85階に到着していました!エレベーターを降りると、シックで落ち着いた空間が広がっていました。そこが「欣葉食藝軒」。2015年に10周年を迎え店内もメニューも一新。新しく生まれ変わりました。暗く輝き、芳しい香りを放つ店内へと続く空間はまるで異次元へとつながるトンネルのよう。そのまま進むと前方からいきなり光が差し込み、まぶしいくらい。そこに広がっていたのは一面の台北の姿が見下ろせる最高の景色!感動モノです!今日くらいの晴れ間なら窓際席でなくとも十分に景色を堪能することができそう。さらに窓の近くによって下を覗くと、まるで模型のように小さい台北を見下ろすことができました。
この日の景色…

この日の景色…

天気がいい日はこんな景色が広がるんです! 天気がいい日はこんな景色が広がるんです! 天気がいい日はこんな景色が広がるんです!

天気がいい日はこんな景色が広がるんです!

予約必須

ところで、平日の昼間なのに&この時はすでに14時近かったのに…客席は満席状態!これにはビックリしました。伺うと「2007年のオープン以降いつもこんな感じ」なんですって。ビジネス風の方もいればファミリーの方も。外国の方もいらっしゃいました。どんな方にもどんな時にも利用されているんですね。席のスタイルも多種で2名席、4~6名席、それ以上の8~10名席…、個室からカーテンで仕切られた個室風、また円卓のサイズもさまざまです。当然人気のある窓際の席は1~2ヵ月前から予約が必要だそう!その他は1~2週間前でも平気みたい。ただ!旧正月・バレンタイン(年2回=2/14と旧暦の7/7)・クリスマス・そして母の日は特に早く予約が埋まってしまうとか。予約金は7名以上の予約の場合発生しますが、それ以下は必要ありません。予約済みの方には基本的に前日にお店よりリコンファームの電話が入ります。
さて、席にはそれぞれミニマムチャージがあります。窓際の席はひとり当たりランチ1800元以上、ディナーは2300元以上。(サービス料の10%含まず)窓際以外の席は、ランチひとり1080元以上、ディナーひとり1800元以上(いずれもサービス料の10%含まず)です。

オススメコースをご紹介


こちらではほとんどのお客さんがコースメニューを注文するそうです。ランチは1080元と1380元のコースが、ディナーは1800元、2800元、3800元のコースが用意されています。今日はその中でもカップルやご夫婦にオススメの3800元のコースをご紹介します。

※こちらは2名からのオーダーになっていて、料金はひとり当たりのものとなりますのでご注意ください。
食藝軒雙人套餐(アンビエントダブルコース)3800元/人+10%(オーダーは2名~)は李秀英オーナーの思い出もいっぱい

食藝軒雙人套餐(アンビエントダブルコース)3800元/人+10%(オーダーは2名~)は李秀英オーナーの思い出もいっぱい


寶喜美彩蝶 
牛ヒレの前菜五種盛り合わせ

牛肉をからしみそ・辣椒・バジルソースの3種でいただきます。また、かわいらしい小皿はひと口サイズのカラスミ、地鶏、ゆば、ホタテ貝柱のキャベツ捲きなど。スタートから贅沢な食材のオンパレードです。

紅燒大排翅
フカヒレの上海風煮込み 炊き立てご飯と共に

大きなお皿いっぱいに鎮座する大きなフカヒレに感動!もちろん味もピカイチ。しこしことした食感のフカヒレは咬むごとにほろほろとほぐれていきます。醤油ベースの老母鶏(めんどり)スープも上品なお味。濃い目のソースに仕上げてあり、付け合わせの娃娃菜のあっさりさとマッチしています。そしてもう一つの感動がご飯を入れていただくこと。リゾットのようでもあり、鍋のシメの雑炊のようでもあります。さすが家庭的な味を大切にする「欣葉」。高級食材がグンと身近に感じた瞬間でした。

岩鹽鮮鮑魚
やわらかアワビの蓮の葉堤 岩塩焼き

岩塩の器を開けると蓮の葉。しっかり包まれたその中には鮑と豆腐。肉厚で贅沢な鮑はかみしめるほどに海の風味が広がります。

歌樂辣樂山龍蝦
活オマール海老と手羽先の海老味噌風味

香辛料がきいた一品は見た目ものすごーく辛そうですが、実際はそれほど辛くありません。オマール海老のぷりぷりとした弾力、手羽先肉のキュッとしまった歯ごたえ。辛さと共に食感も楽しめます。

干貝芥菜
高菜の干し貝柱あんかけ

シャキシャキとした歯ごたえとほんの少し苦味のあるカラシナをカリカリ&しっとりの貝柱ソースで。カリカリは香ばしさ、しっとりは染み出る味、2つの違いを味わえます。

茶油蟹肉麵線
ワタリガニの茶油そうめん炒め

李オーナーが最も好きだというこちら。幼い頃オーナーの父上がいろいろな食材と味噌などさまざまな調味料を入れて麵線を炒めてくれたとか。オーナーはそんなにいろいろ混ぜて大丈夫なのかしらと心配になったそうですが、これが抜群のおいしさだったとか。ヘルシー路線を追求する料理は苦茶油とカニを使ったもの。庶民の味を代表する麵線も一気にグレードアップしたような、上品な味でした。

冰糖燕窩
ツバメの巣の氷砂糖煮

美肌効果も期待できるツバメの巣。氷砂糖のスープを注いでいただきます。



陳年老茶/綠豆糕
陳年烏龍茶/緑豆の蒸し菓子

しっかり焙煎された年代モノのウーロン茶は、飲んだ後もふわっと鼻を抜ける香りと甘さを楽しむことができます。プーアル茶にも似た風味のある奥深いお茶。滅多に飲むことのできない年代モノです。また、それにピッタリのお供が緑豆のらくがん。といってもパサつきはなく、ミルク風味のしっとりとしたものでほんのりお豆の甘さが広がります。

その他のオススメなど…


杏仁汁杏仁豆腐 120元
杏仁おしるこの手作りモチモチ杏仁豆腐

コースメニュー以外にも単品メニューもあります。ナビが気になったのは今回のコースメニューになかったこちら(一部コースにはあり)、杏仁豆腐です。「欣葉」の杏仁豆腐といえば、固定ファンが多いことでも知られています。よくある杏仁豆腐とは違ってモチモチ~♪一度食べたら忘れられないその食感、ぜひお試しください。
オレンジとレモンのカクテル

オレンジとレモンのカクテル

日本酒

日本酒

お酒もいっぱい。紹興酒や台湾ビールはもちろん、ワインや日本酒、カクテルなどで台湾料理をいただけますよ。特に日本酒はコラーゲンでべたついたフカヒレ料理の後に飲むと、口の中をさっぱりとしてくれるし、よりフカヒレの風味が楽しめるとか。これは李オーナーのオススメの組み合わせ。
芋泥は懐かしい台湾の味、昔ながらの素朴なデザートです。台北では滅多にお目にかかることはありませんが、ナビ、新竹のとある老街に行ったときに見かけました。そんなスイーツは李オーナーが今回特にとオススメしてくれた裏メニューで、通常はメニューに載っていません。タロイモ独特のあっさりしたほのかな甘みが感じられる優しい味。気になる方はオーダー可能かスタッフにたずねてみてくださいね。

一生に一度の出会い?

オープン当時ナビがお伺いしたとき、案内してくれたあるスタッフはこんな話をしてくれました。「お客様とは一生に一度の出会いになるかもしれない。特に日本のお客様は、数ある国の中から台湾を選んでくれて、さらに数あるレストランから「欣葉食藝軒」を選んでくれた。この出会いを大切に、最高のサービスを心掛けています。」と…。その言葉をなんとも頼もしく思ったナビですが、こうして再び訪れた今日も以前と変わらぬテキパキと、そして気持ちのよいサービスがありました。

最高の景色と料理、そしてサービスを体験しにぜひ訪れてみてください。台北の最高の思い出ができることでしょう。
以上、台北ナビでした。

記事更新日:2015-11-09

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    鎮ねこ

  • photo

    popomar

  • photo

    popomar

  • photo

    popomar

  • photo

    popomar

  • photo

    popomar

  • photo

    komiya3

  • photo

    komiya3

  • photo

    komiya3

  • photo

    komiya3

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-11-09

スポット更新日:2015-10-28

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

支店情報

地図で見る

欣葉

欣葉

台湾へ来たなら一度は訪れたい、台湾料理の老舗!おいしい料理とおもてなしの心に出会えます

関連記事

ある日の豪華社員ランチの正体は…?

ある日の豪華社員ランチの正体は…?

台湾料理の老舗店「欣葉」が展開する日本料理ブランドのお弁当を注文しました♪

台湾料理の欣葉で、蕎麦をいただく…

台湾料理の欣葉で、蕎麦をいただく…

1年に一回の欣葉レストラン定例のイベントなのです

PappaRich

PappaRich

台湾でエスニックもイイかも!と思える日本未上陸のマレーシア料理

台湾マダムも一目置く欣葉のおかみさん登場♪美食と美肌の秘訣とは・・・??

台湾マダムも一目置く欣葉のおかみさん登場♪美食と美肌の秘訣とは・・・??

欣葉のおかみさんのレシピ本が中国語に翻訳されました~!

台北101ショッピングモール

台北101ショッピングモール

東アジア一のっぽなビルは絶景だけじゃない!ラグジュアリーブランド・MIT製品・スーパーマーケット…ショッピングもお土産探しもおまかせ!

台北101展望台

台北101展望台

東アジア一のっぽビル、89階「台北101展望台」で、台北を隅々まで見尽くしてください。