閉店・移転、情報の修正などの報告

「九份」の独特な旅情気分を、さらに盛り上げてくれる茶芸館。景色もすばらしく、店内に入るとお茶の香りが迎えてくれます

こんにちは、台北ナビです。本日は九份にあるステキな茶芸館から縦に隣接するギャラリー・工房をご紹介します!ここともう一軒、少し離れた場所にある「水心月茶坊」は同じオーナーが経営するお店。楽しみ方はあなた次第です。

映画の世界に迷い込んだかのよう!とっても絵になる「九份茶房」

まずはメインストリート、基山街沿いの「九份茶坊」にやってまいりました。こちらはかっての地元の名士翁山英さんの住居跡でした。ある日芸術家でオーナーの洪志勝さんが写生に来た際に九份の景色に魅せられ、長らく廃墟だった住居を1991年に、アートスペース兼茶芸館に生まれ変わらせました。ということで、びっくりするほどステキな作り。九份には茶芸館がいくつもあって、どこも本当に景色もよく、雰囲気がいいところばかりなのですが…ココはその中でもピカイチ!どの角度を見渡しても「絵になる」のです。ちなみに、候孝賢監督の「戯夢人生」のロケ地でもあるのだとか。
雑誌によく載る中央のスペース

雑誌によく載る中央のスペース

店内に入ると、焙煎したお茶の甘い香りが出迎えてくれます。手前はお茶や茶器の販売スペースになっています。奥の座席用のお湯もここで沸かすので、日光が差し込む中、シュンシュン、と焼き物の急須が湯気を立てているのを見ているだけでも心が休まります。 でもって、早速お茶を味見。お茶菓子と一緒に飲ませていただきました。
いい香り

いい香り

どれもお茶に合っています

どれもお茶に合っています

お味はまろやかで渋みのない甘い味。冷めても美味しいお茶です。ナビ、日本にいた時は契約して産地からお茶を送ってもらったり、台湾でも友人のお茶屋さんから直接買っているのですが、こんなに美味しいお茶飲むのひさしぶりって感じでした。高山金宣茶は人気商品で、どこの山で採収されたお茶かというのもポイントみたいです。一般的には高度がある方がなおよいと言われています。

九份の醍醐味がここに!

さて、店内には滝もあり、短い橋を渡ると飲食スペース。日本のテレビ局も撮影に使ったという、趣あふれる室内もよいですし、大人数でも一気に座れて、雨が降っていなければ屋外がおススメ!! 山も海も一望できる景色がとにかく気持ちよいのです。もちろん窓からのぞいても美しいのですが、臨場感が全然違います。屋外スペース自体も、花園のようになっていてオーナーの奥様の作られたキュートな猫型陶器のライトが飾ってあったりなど、行き届いた美意識がなんともリラックスできるのです。お茶器もオーナーのデザインしたものを使っていてシンプルで機能的なのに、どこか温かみが感じられます。
九份茶坊では以前混みあっているときに、知らない男女が同席になり、自然とカップルになって結婚したというお話もよくあるそうです 九份茶坊では以前混みあっているときに、知らない男女が同席になり、自然とカップルになって結婚したというお話もよくあるそうです
九份茶坊では以前混みあっているときに、知らない男女が同席になり、自然とカップルになって結婚したというお話もよくあるそうです 九份茶坊では以前混みあっているときに、知らない男女が同席になり、自然とカップルになって結婚したというお話もよくあるそうです

九份茶坊では以前混みあっているときに、知らない男女が同席になり、自然とカップルになって結婚したというお話もよくあるそうです


以前の家の玄関は、実は戸外テーブルの右のドアだったそうです

以前の家の玄関は、実は戸外テーブルの右のドアだったそうです

九份の海がよく望めます

九份の海がよく望めます

建物に絡まるガジュマルなど、いろんなところが絵になっています 建物に絡まるガジュマルなど、いろんなところが絵になっています 建物に絡まるガジュマルなど、いろんなところが絵になっています

建物に絡まるガジュマルなど、いろんなところが絵になっています

落ち着く茶芸館です

どこもかしこも懐古的で美しい芸術空間なのですが、決して押し付けがましかったり、堅苦しくなく、お店の方もフレンドリーで日本語もOKの、リラックスできる九份茶坊。団体客のツアーポイントでもあるそうですが、朝をはずしていくとそんなに混み合わないと思う、とはお店の方の弁。ナビはお昼ごろ行きましたが、もちろんお客はいたけれども大分落ち着いていました。日本人のツアーで寄るお店のイメージとはまったく違って、おいてあるものの水準が高い!ことに驚きです。

地下一階にも下りてみましょう!

さて、「九份茶坊」のオーナーは他にもギャラリー「九份芸術館」、「陶工坊」、そして「天空之城」を経営していて、すべて坂道に沿って「縦」に隣接しています(山の上にある九份らしいですね)
落ち着いた雰囲気のギャラリー「九份芸術館」では、オーナー洪志勝さんの陶器・絵画作品を展示・販売しています。ちょっとしたポストカードなどもおいてありますし、一般開放もしているので、絵画で九份の美しい景色が楽しめます。さらに下におりると陶工坊も解放していて、次はこういう作品が楽しめるのかーと眺めることもできます。
下りてみました 下りてみました 下りてみました

下りてみました

最初の空間はこちら 最初の空間はこちら

最初の空間はこちら


更に行くと、更に素敵な空間が待っていました 更に行くと、更に素敵な空間が待っていました

更に行くと、更に素敵な空間が待っていました

お茶も美味しく、眺めも最高。和みの空間です

ギャラリーの中を歩いて、山側の道を歩いて行くと、ちょうど「水心月茶坊」の前に出ます。オーナーの世界観はそのままに、さらに展望のいい落ち着いた茶芸館です。豎埼路の階段を下りて一段下の通りに出る行き方もできますよ。こんな雰囲気のお店、台北にもあったらいいのにな~。絶対また来よう♪と思ったナビでした。

記事更新日:2009-06-28

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ジンズ

  • photo

    ばふばふ

  • photo

    ヒトシのおかん

  • photo

    ヒトシのおかん

  • photo

    ヒトシのおかん

  • photo

    ヒトシのおかん

  • photo

    ヒトシのおかん

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2007-07-01

スポット更新日:2017-11-14

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

水心月茶坊(九份)

水心月茶坊(九份)

270度に開けた窓とテラス席から九份の眺めを楽しめる茶芸館。九份茶坊のオーナーが手がけたアートな空間で贅沢な時間を過ごしましょう

九份 & 黄金博物園区

九份 & 黄金博物園区

雑誌やTVでも紹介し尽くされてる九份ですが、九份の奥は深い。隣山の黄金博物館と一緒にさらに深く楽しんじゃいましょう。