スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


閉店・移転、情報の修正などの報告

激辛おしどり鍋の代表店。フードコート内にあるので入りやすい!


こんにちは、台北ナビです。

台湾では、いろんな人に「日本のラーメンはおいしいねえ」といわれますが、ナビはそんなとき「台湾の火鍋も相当おいしいですよ」と答えています。日本のラーメンの汁のこだわりも相当ですが、台湾のそれにあたるのが鍋。激辛、鶏がら、ミルク味、カレー味など、いろんなスパイス、食材を使った「鍋底」といわれるスープベース、そして工夫を凝らした具の数々で競っています。そのひとつ、台湾といえば激辛、というわけで、今話題のお店「大紅袍」さんの鍋に挑戦してみました!

おしどり鍋〜〜♪

こんな香辛料が入っているそうです。

こんな香辛料が入っているそうです。

さて、案内してくれたのが店主の程先生。「アップルデイリーの記者が取材にくるんだ、その時にどお?」と誘われ、お邪魔しました。お店に入ると、すでに香辛料の香りが鼻を刺激します。テーブルの上にはすでにもうもうと湯気をたてた鍋が用意されていました。ひとつの鍋で2種類の味が楽しめる「おしどり鍋」です。ひとつは、数10種類の香辛料を使ったという真っ赤な激辛スープ、ひとつは鶏がらスープ。激辛スープのほうは、本当にそのまま飲んだらむせ返るほど強烈。激辛ファンにはたまらないでしょうね。ナビはそれほど激辛派ではないのですが、激辛スープに入った「鴨血」は味がしみこんでいて大好き。鶏がらスープには、タレをつけて食べられるようになっています

ホルモン、ツミレ、キノコのセット



そして、串刺しにしたいろんな食材が運ばれてきました(※)。「こうしたほうが、食べやすいだろう、鍋の底に沈まないし」と、こんなところからして、店主の繊細な心遣いが分かります。運ばれてきたのは「これ、日本の人には人気があるんだ」というキノコのセット。それから、魚、エビ、豚肉のツミレ。これをスプーンで適当な大きさにちぎり、鍋に放り込みます(このツミレ、ほどなくとって食べると、ほどよい柔らかさとピリ辛さが絶妙でした)。すでに鍋に入っていた大腸(日本でいうホルモンですね)も、とても柔らかくって美味。これもおすすめです。

大腸

大腸

ツミレ3種

ツミレ3種

エビ

エビ

キノコのセット

キノコのセット

肉はもちろん、赤々とした柔らかい牛がおすすめ。

肉はもちろん、赤々とした柔らかい牛がおすすめ。

酸梅汁、野菜スティックもどうぞ


辛さでヒリヒリしたノドを潤してくれるお酒もありますよ。お酒を飲まない方は舌の痺れを和らげる「酸梅汁」(ほどよいすっぱみが美味)で口直し。こんなお店にはちょっとないオシャレな「野菜スティック」(ゴマだれつき)もどうぞ。


以上、台北ナビでした。

※2014年現在、食材の串刺しは行なっていません。写真は取材時のものです。ご了承ください。

記事更新日:2009-05-20

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2004-12-29

スポット更新日:2014-06-27

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供