閉店・移転、情報の修正などの報告

オーナーこだわりのおいしい朝食いただきます!

こんにちは、台北ナビです。

台湾人は朝から活動的!朝ごはん屋さんが毎朝賑わっています。日本には意外とないので朝ごはんを楽しみにしてくる日本人の方も多くいらっしゃいますよね。
ということで今回は、台北101から徒歩10分の場所にある「陳根找茶」というお店にやってきました。とても人気のお店なので朝から人が並んでいますよ~。

店内も可愛らしい~期待が高まります!


注文をすると整理券が渡されるので、順番が来るまでお店の前で待ちます。モニターの左側「座位」が店内で食べる方、右側「外帯」がお持ち帰りの番号ですのでご注意ください。

5分ほどで店内に入れました。店内はピンクの壁に黄色のテーブルで全体的に可愛らしい雰囲気です。お客さんも若い方が多いですね。

期待以上です!!

今回ナビが注文したのはこちらの3つ。上から時計回りに乳焙餅、法式乳魚、乳火蛋です。

今回ナビが注文したのはこちらの3つ。上から時計回りに乳焙餅、法式乳魚、乳火蛋です。

乳焙餅
こちらはお店の二大看板メニューの乳焙餅です。台湾の朝食といえばきっと誰もが口にするのが蛋餅ですね。蛋餅とは厚めのクレープのような生地とふわふわの卵を一緒に焼いたものです。こちらのお店の乳焙餅はハムとチーズをくるんで巻いたものでした。皮の厚さはちょうどよく、まさにフワフワモチモチでうまい!少し大きめの一口サイズに切ってあって食べやすい!
法式乳魚
お店の二大看板メニューのひとつ、フレンチトーストです。ふわふわのフレンチトーストにハム、チーズ、ツナペーストをサンド。フレンチトーストが結構甘めですが、ツナやハムのしょっぱさでちょうどよい!そして見てください、このみよーんとのびたチーズ!チーズ好きにはたまらないとろとろ加減です。デザート感覚でペロッといけちゃいました。
乳火蛋
サックサクのトーストに卵、ハム、チーズをサンドしたものです。トーストがサクサクでシンプルだけどそれが最高においしい!ザ・朝食といった感じでこの量や軽さが朝食べるのにぴったりです。こういうのを朝ササッと作れちゃう人になりたいなぁ……!
おいしいって幸せ~

おいしいって幸せ~

飲み物の注文って最初とまどいませんか?

どこのお店に行っても一度は戸惑うのがドリンクの注文。なんだかたくさん聞かれてる~と焦ったことがある方もいるのではないでしょうか?ということでこれさえ押さえとけば大丈夫!をまとめてみました。

(冰/熱)→(アイス/ホット)
(少冰・去冰)→(氷少々・氷なし)
(半糖・無糖)→(砂糖半分・無糖)

漢字なので大体意味はつかめると思いますが、基本はこの3つが選べます。これらを選んでメニューを指させば注文できます!

*お店によっては砂糖の量が4段階や5段階のところもありますが、基本選べるんだということが分かっていれば問題ありません。

ドリンクも美味!

ナビは巧克力奶茶、特調奶茶、虹吸式咖啡を注文。日本だとマグカップにストローってあまり見ませんが、台湾では冷たい飲み物はストロー付きで来ることがよくあります。量が結構多いのでストローがあると飲みやすいです。

巧克力奶茶はチョコにミルクにティーって絶対激甘でしょ!という組合せですが、思ったほど甘くなく程よい甘さがくせになります。特調奶茶は半糖で注文したのですが、日本のミルクティーに比べると少し甘めでした。虹吸式咖啡はスッキリとした味わいのブラックコーヒーで、朝の目覚めにも効果抜群!
チョコレートミルクティー

チョコレートミルクティー

特製ミルクティー

特製ミルクティー

コーヒー

コーヒー

オーナーの陳根さんにお話を聞くことができました!


可愛らしくきれいなお店で今どきの新しいお店かなと思っていたのですが、実は創業23年と長く営業していらっしゃるお店なんです。

以前は別の場所(呉興街)でやっていましたが、12年前この場所に移り改装して新しく始めたんだそうです。その頃はよくある朝ごはん屋さんと同じようにサンドイッチやバーガー、大根餅などたくさんのメニューを売っていたそうですが、オーナーはこれでいいのかという思いがあり、メニューを少なくし、ひとつひとつのクオリティーを上げる努力をなさったんだとか。どうりで全部おいしいわけですね。今のメニューは10年ほど前に考案したとのこと。

ちなみにメニューは食べ物も飲み物もすべて陳さん自身が試行錯誤して、考えついたものだとのことです。

こだわりのひとつがこの鉄板です。パンを焼くときトースターではなく鉄板で焼きます。その方がおいしい上に衛生的なんだとか。蛋餅などの他のメニューもすべてこの鉄板で作られています。追及されていますね~。

そしてお母さんの手際が良くて見ていて気持ちいい!食材はチーズだけがオーストラリア産で、ほかのバターやハムなどすべて台湾産のものを使っているそうです。
蛋餅の生地は常に一定の大きさ。お姉さんのさじ加減にあっぱれ

蛋餅の生地は常に一定の大きさ。お姉さんのさじ加減にあっぱれ

ナビが食べた乳焙餅

ナビが食べた乳焙餅

肉田麩の蛋餅もおいしそう~

肉田麩の蛋餅もおいしそう~

巻いた蛋餅をはさみで切って完成!

巻いた蛋餅をはさみで切って完成!

見ているとよだれが垂れてきそう

見ているとよだれが垂れてきそう

笑顔がすてきな陳さん

笑顔がすてきな陳さん

お持ち帰りで食べるのもいいけど、店内でできたてのを食べるのが陳さんのオススメ。台北101に来るならぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。素敵なブランチが楽しめますよ♪
お店は台北101から徒歩圏内

お店は台北101から徒歩圏内

荘敬路を曲がって行きます

荘敬路を曲がって行きます

お店の左前方の景色です

お店の左前方の景色です

以上、台北ナビでした。

記事登録日:2017-09-07

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2017-09-07

スポット更新日:2017-09-07

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供