閉店・移転、情報の修正などの報告

淡水雲門舞集敷地内にある小籠包、“金品茶語”の分店「花語」

こんにちは、台北ナビです。淡水の丘の上に去年2015年4月に開幕した台湾が世界に誇る舞踊芸術集団“雲門舞集”。その敷地内に同時オープンしたのが中山区に本店、ナビプラザのすぐ近くに南京店を構える“金品茶語”の分店「花語」。芸術の香り漂う「花語」を今日はご紹介していきます。

淡水雲門舞集と同じ建築家がデザインした建物です

建物手前にある像は、雲門舞集ダンサーの第一人者“羅曼菲”さんの像

建物手前にある像は、雲門舞集ダンサーの第一人者“羅曼菲”さんの像


「花語」の店名は雲門舞集の作品のタイトルから由来しています。雲門舞集の建物と同じ建築家“黃聲遠”氏が手がけました。黄氏は宜蘭の出身で今までの作品はすべて宜蘭地区のみだったのですが、今回初めて台北まで飛び出し彼の才能を魅せてくれたのがこの両建物の設計になります。黄氏は地区や都市の改造プロジェクトをもって街づくり全体を考える建築家でもあります。去年暮れに日本での建築関係の展覧会にも参加しています。

淡水雲門舞集と同じ建築家がデザインした建物です



店内は天井が高くとても開放的。入口ドアから進むと縦長になっています。手前には丸テーブルが並び、いちばん奥側に大人数で座れるベンチ椅子のテーブルが。壁がガラスになっているため、外の緑が見渡せてさらに気持ちいい。ナビが訪れた時はあいにくの雨でしたが、晴れていればパーフェクトです。カウンター側にある椅子は背もたれ付きなのですが、今回こちらを紹介してくれたTerryさん曰く、座りにくいのだとか。その正直な説明に思わず笑ってしまいました。背もたれがまっすぐすぎるのだそう。猫背矯正にはいいかもしれないですね。テラスにもベンチテーブル席がありますよ。
天井が高くとても開放的です。そして壁がガラスになっているため外の緑が見渡せますよ~ 天井が高くとても開放的です。そして壁がガラスになっているため外の緑が見渡せますよ~ 天井が高くとても開放的です。そして壁がガラスになっているため外の緑が見渡せますよ~

天井が高くとても開放的です。そして壁がガラスになっているため外の緑が見渡せますよ~

テラス席と座りにくいといわれる椅子(笑) テラス席と座りにくいといわれる椅子(笑)

テラス席と座りにくいといわれる椅子(笑)

可愛いギフト



入口右側の棚に並べられたカラフルなお茶のギフトボックス。もともと天母でお茶屋さんとして始まった金品茗茶は、1978年創立以来、誠実の精神と革新の理念を持ち続け、台湾茶産業の発展に貢献してきました。台北国際優良食品鑑賞会ほか、いろいろな大会などで受賞しています。パッケージがセンス良く可愛いだけではなく、消費者が安心してお茶を飲めるように、全てのお茶の入荷時にSGS国家残留農薬検査の合格を証明し、工場でもSGS ISO9001及びSGS ISO22000国際食品衛生安全認証を取得しています。お客様が「いつ」「どこで」買ったかに関わらず、同じ品質のお茶を買えるようにしたのです。
センスの良い可愛い風呂敷に包まれたお茶のセット1000元。極品高山金萱茶、高山烏龍茶、極品貴妃美人茶、紅水烏龍茶、極品高山烏龍茶の5種類のお茶が楽しめます センスの良い可愛い風呂敷に包まれたお茶のセット1000元。極品高山金萱茶、高山烏龍茶、極品貴妃美人茶、紅水烏龍茶、極品高山烏龍茶の5種類のお茶が楽しめます センスの良い可愛い風呂敷に包まれたお茶のセット1000元。極品高山金萱茶、高山烏龍茶、極品貴妃美人茶、紅水烏龍茶、極品高山烏龍茶の5種類のお茶が楽しめます

センスの良い可愛い風呂敷に包まれたお茶のセット1000元。極品高山金萱茶、高山烏龍茶、極品貴妃美人茶、紅水烏龍茶、極品高山烏龍茶の5種類のお茶が楽しめます

単品でも購入できます。250~350元 単品でも購入できます。250~350元

単品でも購入できます。250~350元

缶入りのギフトボックスや茶葉クッキーなどもあります 缶入りのギフトボックスや茶葉クッキーなどもあります

缶入りのギフトボックスや茶葉クッキーなどもあります

紹介していただきました


今回お話を伺えたのはオーナーの息子さんTerry。彼は大学時代をアメリカで過ごし、そのまま現地で就職。8年のアメリカ生活を経て台湾に戻って来ました。その後、家業である金品茶語に尽力することになります。現在は運営マネージャーとして日々いろいろなアイデアを出して忙しくしているのだそう。Terryが好きなお茶は“杉林溪烏龍茶”。優雅な香りと飲んだ後お茶の余韻がするのが特徴です。
この花語のある場所は、もともとは雲門舞集のインフォメーションセンターとして機能する予定でしたが、雲門舞集の舞台を観に来たお客様が合わせてくつろげるようにとのことで、誕生したレストランです。雲門舞集の創設人であり芸術総監督の林懷民氏とはよく交流していて、作品についてもかなり詳しく、おすすめの作品などもいろいろ教えてくれました。お店にもちょこちょこ顔を出すそうで、とても情熱的で誠実な方でした!

お気軽小籠包セット

熱々の小籠包がセットになったお手軽な食事が楽しめます。
*花語經典套餐 350元
こちらはAセット 
小籠包/絲瓜小包(各3個)+東坡肉堡+焗燒(2個)+今日小菜+醇品茶(熱or冷)
セットに付いているのは通常のプレーンのタイプの小籠包が3個と絲瓜小包(ヘチマ小籠包)が3個のトータル6個になります。ヘチマ小籠包は台湾の離島、澎湖島のヘチマを使用しています。
東坡肉堡は手作りの肉包は味付けも薄めでやさしい味わいです。Bセットは、泡菜燒肉堡に変わります。こちらも味付けが控えめでキムチ入りですがまろやかです。
焗燒は肉包とはまた違った食感です。ゴマの風味が聞いてパクっと食べやすいサイズ。

今日小菜は日によって変わります。鮮やかなオレンジなので、ニンジンかと思ったのですが、かぼちゃでした。すっきりした味のピクルスです。

水出しの貴妃美人茶 70元。キリッとすっきりした飲み心地。レジ横にて販売しています。そのままお持ち帰りできるのも嬉しいです。


高山烏龍茶 70元。こちらも水出しで苦味なくスッキリと飲めます。これらのお茶は水出しすると、熱いお湯を注いで飲むよりもカフェインが少なく飲めます。

*花素蒸餃(6個) 120元
ねじり模様が均等に作られた花素蒸餃。中の具もたっぷり詰まっていて美味!
*紅燒牛肉麵 180元
いい感じのピリ辛味。見た目の色は濃いですが、スープは油っぽくなくスッキリしています。お肉もやわらかめで日本人好みの牛肉麵です。

タピオカミルクティーとボリュームたっぷりのスイーツ

珍珠(=タピオカ)は、かなりこだわっています。タピオカが約4時間で固まってきてしまうため、1日2回手間をかけて作っています。蜂蜜を入れて程よい甘さで弾力のあるタピオカはクセになりそうです!


紅水奶茶 80元

タピオカもGoodですが、ミルクティーの方もクリーミーで美味しいです


*茶冰樂 180元

ミルクティーシャーベットの上に、タピオカ+生クリーム+茶葉クッキー+紅水烏龍茶のアイスクリームがのったかなりのボリュームのスイーツ。暑い日にはもってこいです!


*紅水烏龍茶奶茶冰淇淋 85元

紅茶の茶葉は台湾の紅茶の名産地、日月潭の埔里産
雲門舞集を観に行ったり、観劇スケジュールがない日でも雲門舞集の建築物のある場所の周辺はのんびり楽しむことができます。台北からも近い郊外の淡水にある「花語」。是非訪れてみてください!

天井のカラフルのアクリル板はお花のイメージです

天井のカラフルのアクリル板はお花のイメージです

以上台北ナビでした。

記事登録日:2016-05-18

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-05-18

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

支店情報

地図で見る

金品茶樓

金品茶樓

セレブエリア天母でひそかな話題を呼んでいた、金品茶樓が台北市内にも!

真是牛牛肉麺

真是牛牛肉麺

カフェのようなおしゃれなレストランでいただく、新感覚ヘルシー牛肉麺&小吃。お茶もデザートも抜かりナシ!

金品茶語

金品茶語

おひとりさま、少人数でも本格小籠包が楽しめちゃう!おしゃれなカフェレストランで食事はいかがですか?

関連記事

夏の淡水は格別の雰囲気

夏の淡水は格別の雰囲気

日が暮れてもムード満点なんです♪