閉店・移転、情報の修正などの報告

メニューは2種。地元民に愛され続ける1963年創業の老舗店

photo

メニューは蒸包(10個入り・85元)、と酸辣湯(25元)の2種のみ。蒸包と注文すれば、豚肉の蒸し餃子が出てきます。常連さんは牛肉で注文する人もいるので、牛肉が食べたい人は牛肉の蒸包と伝えましょう。早朝から、作っては蒸し作っては蒸しの作業がお昼まで続くので、お客さんが多いときはちょっと待つことになります。が、テーブルに運ばれて来るのは今さっき包まれ、蒸しあがったばかりのまさに出来立てのホヤホヤ!皮はフカフカで、肉はちょうどいい量でうまみが詰まり、全体的にもちもち感もあり♪酸辣湯は、ニンジン、豆干、溶き卵、キクラゲなどが入っていて、醤油ベースの味。いわゆるレストラン風味ではなく、家庭作った酸辣湯のような味でお腹に持たれません。
醤油などの調味料は、セルフサービス。醤油、酢、からし(肉圓などにかかっているピンクのちょっと辛いもの)、ニンニク汁が並んでいますが、全部入れる方がおいしいです。常連客の方が、ニンニク汁は必須だよ、と教えてくれました。箸と醤油皿も同じところに置いてありますよ。
創業1963年。ナビは昔の掘っ立て小屋(失礼)の時にも行ったことがあったのですが、メニューや作り方は変わっていませんでした。そして、親切なスタッフの優しい笑顔とこの味も!古き良き店、このまま変わらずいてほしいものです。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-01-27

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供