好氏研究室

GOOD INSTITUTE STORE好氏研究室

閉店・移転、情報の修正などの報告

ここは理科の実験室?! 独自のセンスが光る無機質×クールなカフェでまったり時間

真っ白なタイルに金文字で施された店名。<br>どこか懐かしいのに、スタイリッシュなデザイン!

真っ白なタイルに金文字で施された店名。
どこか懐かしいのに、スタイリッシュなデザイン!


こんにちは、台北ナビです。


今回ナビがご紹介するのは、国立台湾大学の近くにある「好氏研究室」。なんでも、研究室×カフェという異色のコンビネーションだとか!

さてさて、どんなお店なのでしょうか?ワクワクしながら、その研究室をちょっとのぞいてみます♪

個性的なカフェが多い台湾大学周辺で異色の光を放つお店

白と黒のタイルがスタイリッシュな店構え。<br>外からちらりと見えるおしゃれな店内に引き寄せられます。

白と黒のタイルがスタイリッシュな店構え。
外からちらりと見えるおしゃれな店内に引き寄せられます。

周辺は静かな住宅地。<br>周辺の景色に馴染みつつも、お店からはおしゃれなオーラが全開〜

周辺は静かな住宅地。
周辺の景色に馴染みつつも、お店からはおしゃれなオーラが全開〜

骸骨さんがお出迎え〜!

骸骨さんがお出迎え〜!


読書をしたり、勉強をしたりするのにしっくりくるカフェが多い台湾大学の周辺。文化人が好んで集いそうな個性的なお店も多いのですが、そのなかでひと際異色の光を放つのが「好氏研究室」です。

「研究者のような姿勢で真剣なモノ作りをしよう」という理念のもと、ブランドデザインをはじめ、空間デザインやディスプレイデザインなどを幅広く手がけてきたデザイン会社「好氏品牌研究室」が約3年前にオープンしました。

こだわりの食事やドリンクを提供するカフェ部門ほか、研究者精神に則って自らがブランディングした商品などを展示販売したり、研究心をくすぐるさまざまなイベントを開催したりしています。店の随所に“研究者”としてのこだわりが見られ、まさに気軽に立ち寄れる“研究室”といったところです。

まるで理科の実験室に迷い込んでしまったよう!

お店には研究室を連想させるインテリアや商品がたくさん溢れ、まるで理科の実験室に迷い込んでしまったような錯覚に!手前にショップエリアがあり、その奥がカフェエリアになっています。

<ショップエリア>
無機質な空間にグリーンのインテリアが映えます。

無機質な空間にグリーンのインテリアが映えます。


まるでショールームのようなディスプレイですが、どれも購入可。
自社ブランドの商品に加えて、プロデューサー自らがセレクトした他社ブランドの商品も並んでいます。

品数自体は多くないのですが、じっくりと見れば面白い品がいっぱい!ナビを一瞬にして虜にしたのは昆虫の文鎮でした。こういうの、マニアには堪らない~!

ハマる人はとことんはまりそうな、そんなツボなラインアップがこの店の魅力です。
骸骨がエプロンをしているユニークさ!着用しているのはメイドイン台湾のエプロン。しっかりとした作りで、モノ作りへの情熱が感じられます♪ 骸骨がエプロンをしているユニークさ!着用しているのはメイドイン台湾のエプロン。しっかりとした作りで、モノ作りへの情熱が感じられます♪ 骸骨がエプロンをしているユニークさ!着用しているのはメイドイン台湾のエプロン。しっかりとした作りで、モノ作りへの情熱が感じられます♪

骸骨がエプロンをしているユニークさ!着用しているのはメイドイン台湾のエプロン。しっかりとした作りで、モノ作りへの情熱が感じられます♪

昆虫の文鎮

昆虫の文鎮

昆虫の標本。どれも台湾で採れた昆虫だとか

昆虫の標本。どれも台湾で採れた昆虫だとか

色鮮やかな金魚の標本。価格は大きさによって異なり、だいたい200元~1700元

色鮮やかな金魚の標本。価格は大きさによって異なり、だいたい200元~1700元

目が覚めるようなピンク色のコースター。天然石と聞いてびっくり!

目が覚めるようなピンク色のコースター。天然石と聞いてびっくり!

天然石でできたカッティングボード

天然石でできたカッティングボード

やさしい色合いの天然石

やさしい色合いの天然石

香草と鼠尾草のお香。火をつけて香りを楽しみます。

香草と鼠尾草のお香。火をつけて香りを楽しみます。

聖木のお香。火をつけると天然の木の香りが漂います。

聖木のお香。火をつけると天然の木の香りが漂います。

キャンドル

キャンドル

台湾の工芸品であるマグカップ

台湾の工芸品であるマグカップ

独特の配色が素敵な香港ブランドのお財布。

独特の配色が素敵な香港ブランドのお財布。

ナビがとっても気に入ったお財布。日本の「所作」というブランドで、外見はごく普通ですが開くとびっくり。縫製が一切施されていないシンプル作りでかっこいい! \n

ナビがとっても気に入ったお財布。日本の「所作」というブランドで、外見はごく普通ですが開くとびっくり。縫製が一切施されていないシンプル作りでかっこいい! \n


<カフェエリア>

ショップの後ろがカフェエリアになっています。
オープンキッチンには、ビーカーやフラスコがずら~り!料理をするスタッフが研究員のように見えてきませんか?


店内はスタッフが1ヵ月に一度のペースで模様替えをしているのだとか。定期的に行く楽しみが増えそうですね。
自然光が気持ちいいソファー席。緑もあってなんだか癒やされます。

自然光が気持ちいいソファー席。緑もあってなんだか癒やされます。

タイル張りのテーブルも研究室の雰囲気たっぷり!

タイル張りのテーブルも研究室の雰囲気たっぷり!

テーブルの上にはピラミッド型の置物とクリスタル。<br>う~ん、ミステリアス。

テーブルの上にはピラミッド型の置物とクリスタル。
う~ん、ミステリアス。

氷出しコーヒー☆

氷出しコーヒー☆

ビーカーやフラスコがずらり!

ビーカーやフラスコがずらり!

売られているものもありますよ~

売られているものもありますよ~

荷物入れは竹製のバッグ。台湾らしい~!

荷物入れは竹製のバッグ。台湾らしい~!

ライトなどもこだわりまくり!店内を探検したくなっちゃいます ライトなどもこだわりまくり!店内を探検したくなっちゃいます ライトなどもこだわりまくり!店内を探検したくなっちゃいます

ライトなどもこだわりまくり!店内を探検したくなっちゃいます

研究室らしいカフェメニューで気分は研究員!?


<お食事メニュー>

厚醤燉飯(日替わりシチューセット)260元


日替わりのシチューにスープ、デザート、ドリンクがついたお得なセット。

上から見たら普通のシチューに見えるかもしれませんが、横から見ると...四角錐のピラミッド!研究室らしいアイデアで、食べるとなんだかパワーと聡明さが貰えそう~。
チキン、キノコ、ニンジン、ブロッコリーが入ったシチュー。日本人に馴染みのある食べやすい味でした。

チキン、キノコ、ニンジン、ブロッコリーが入ったシチュー。日本人に馴染みのある食べやすい味でした。

野菜たっぷりなコンソメスープ

野菜たっぷりなコンソメスープ

お店で焼いたチョコレートケーキ。ずっしり濃厚~❤

お店で焼いたチョコレートケーキ。ずっしり濃厚~❤

台湾日月潭産の紅茶

台湾日月潭産の紅茶

このセット以外にも、お粥などの中華セットがあります。季節ごとにメニューが変わります。

このセット以外にも、お粥などの中華セットがあります。季節ごとにメニューが変わります。


<ドリンクメニュー>
研究室三日冰藏(オリジナルアイスコーヒー)220元


出てきた瞬間、「理科の実験だ~!!」とナビのテンションを上げてくれたアイスコーヒー。フラスコに入ったコーヒーにグラス代わりのビーカー、いつぞやの理科の実験を思い出させてくれます。

丁寧にハンドドリップで淹れ、72時間も冷蔵庫で冷やしています。口当たりがよく、後味がスッキリとした美味しいコーヒーでした。なにより、コーヒーを注いでいるとまるで実験中のようで、ワクワクしました♪

こちらは数量限定。
お水もビーカーに入ってますよ〜

お水もビーカーに入ってますよ〜

台湾産を中心にしたコーヒーとお茶が揃っています。

台湾産を中心にしたコーヒーとお茶が揃っています。


<デザート>

蘋果風味磅蛋糕(リンゴのパウンドケーキ)140元


リンゴの果肉と紅茶の葉っぱが入ったパウンドケーキ。

外はサクサク、中はしっとりのパウンドケーキで、生クリームといっしょにいただくとちょうどいい甘さ。
こちらのデザートはすべてカフェで手作りされています。ほかにも、カステラやスコーンがあります。 こちらのデザートはすべてカフェで手作りされています。ほかにも、カステラやスコーンがあります。

こちらのデザートはすべてカフェで手作りされています。ほかにも、カステラやスコーンがあります。

多彩なイベントも要チェック!

面白いイベントが盛りだくさん!
(画像:ショップのHPより)

面白いイベントが盛りだくさん! (画像:ショップのHPより)


研究熱心なクリエイターが集う「好氏研究室」では、定期的にさまざまなイベントが開かれています。

男子限定イベントや昆虫、妖怪、キャンドルナイトなどなど面白そうなテーマが盛りだくさん。
みなさんも公式サイト(http://www.goodstudio.net/filter/Events/Events)でぜひチェックしてみてくださいね。


以上、台北ナビでした。
ナビたちが取材に訪れたのは、平日のお昼ごろ。カフェがある場所は繁華街からやや離れていて人通りも少ない界隈ですが、お客さんが入れ代わり立ち代わり訪れていました。学生街ですがサラリーマンやOLさんが多めで、ガヤガヤとした雰囲気はなく、静かな研究所といった感じです。 ナビたちが取材に訪れたのは、平日のお昼ごろ。カフェがある場所は繁華街からやや離れていて人通りも少ない界隈ですが、お客さんが入れ代わり立ち代わり訪れていました。学生街ですがサラリーマンやOLさんが多めで、ガヤガヤとした雰囲気はなく、静かな研究所といった感じです。 ナビたちが取材に訪れたのは、平日のお昼ごろ。カフェがある場所は繁華街からやや離れていて人通りも少ない界隈ですが、お客さんが入れ代わり立ち代わり訪れていました。学生街ですがサラリーマンやOLさんが多めで、ガヤガヤとした雰囲気はなく、静かな研究所といった感じです。

ナビたちが取材に訪れたのは、平日のお昼ごろ。カフェがある場所は繁華街からやや離れていて人通りも少ない界隈ですが、お客さんが入れ代わり立ち代わり訪れていました。学生街ですがサラリーマンやOLさんが多めで、ガヤガヤとした雰囲気はなく、静かな研究所といった感じです。

記事登録日:2015-11-23

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    にとろん

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-11-23

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供