閉店・移転、情報の修正などの報告

台湾でエスニックもイイかも!と思える日本未上陸のマレーシア料理


こんにちは、台北ナビです。

台湾に来たからには台湾料理?いえいえ、それだけではもったいない!東南アジアからの移民や労働者が意外と多い台湾、各国エスニック料理も本場さながらの味が楽しめるんです。その中から今日ご紹介するのはマレーシア料理の店。2015年6月現在、日本未上陸「PappaRich」をご紹介します。

Fromマレーシア、本場の味

店名は創設者のMr.Rich Tan氏の名前から

店名は創設者のMr.Rich Tan氏の名前から


「PappaRich」は2005年マレーシアのクアラルンプールでオープンしました。マレーシアはいわずと知れた多民族国家で、マレー系・インド系・中華系の国民がそれぞれの文化を融合させながら暮らしています。食の面でも同様、さまざまな民族の飲食文化が混ざり合い独自の味を作り出しています。そんなマレーシア料理提供しているのが「PappaRich」。伝統的な味と適正価格が人々の心をつかみ、オープンからわずか10年余りで世界各国に100店舗を超えるまでに成長。2015年5月、満を持して台湾の東区に台湾第一号店をオープンしました。

マレーシアのファミレス!?



メニューは実に豊富で160種余り。ドリンク類だけでも30種以上、スイーツや軽食と合わせれば60種以上とお食事以外にカフェとしても楽しめそうです。それもそのはず、「PappaRich」はマレーシアスタイルのコーヒーや朝食を提供するカフェ、コピティアムの概念も取り入れているのだとか。そのため営業は早朝8時~。夜も台湾のレストランにしては遅く平日で23時、週末(金土)で24時までオープンしています。
もちろん、台湾のレストランにありがちなランチタイム後の昼休憩はなし。文字通り朝から晩までオープンしていて、なんだか日本のファミレスみたい。価格もお手頃、お子様連れにも優しい子供椅子の用意もあり。店員さんを呼ぶベルまであるのだから、やっぱりこれってマレーシアのファミレスですよね!?
コピティアム風にバーカウンター

コピティアム風にバーカウンター

ゆったりめのテーブル席とソファー席

ゆったりめのテーブル席とソファー席

店内の雰囲気もファミレスっぽいですよね~

テータリックなどのパフォーマンスも見事 テータリックなどのパフォーマンスも見事 テータリックなどのパフォーマンスも見事

テータリックなどのパフォーマンスも見事

オーダーは記入式


台湾の小吃店での注文といえば、メニューがズラリと並んだオーダーシートに自分で記入するのが常。ここ「PappaRich」もオーダーシートを採用しています。これは別に台湾式に倣ってのことではないそうで本国マレーシアでもこのスタイル。台湾一般のオーダーシートと違うのはメニューが書かれていないこと。ではどうやってオーダーすればいいのかな?

①メニューブックからお好きな料理をチョイス
※中国語と英語しか書かれていませんが、
写真付きなので安心!







②オーダーシートにメニュー上の数字を書き込む
※Noodle=N01…、Drink=D01…
と書かれているのでわかりやすい!






③テーブル上のベルを押して店員さんを呼ぶ
※あとはオーダーシートを渡すだけ!
以上のように言葉がちょっと心配…なんて人も一言も発することなくオーダーすることができるのです。もちろんスタッフの中には日本語を話す人もいるので、困ったことがあったら頼ってみましょう。

おすすめメニュー

それでは早速、世界の「PappaRich」ユーザーが愛する人気メニューを中心にいただいてみましょう。なお、TOP10 Favorite Dishesはメニューブックのトップページに載っていますのでわかりやすいですね。おいしそうなものがありすぎて何をオーダーしたらよいのか迷ったらこちらからチョイスするのもイイですね!
マレーシアから取り寄せたさまざまな香辛料が使われています

マレーシアから取り寄せたさまざまな香辛料が使われています

R08爸爸海南鶏飯
Pappa Chicken Rice
290元
中国海南省からの移民たちが伝えたチキンライス。85℃の湯でじっくり煮ること40分、火が通ったらすぐに氷水で冷やすと、身のしまった弾力のある肉に生まれ変わります。皮はつるりと滑らか。タレは3種、バジルベース・辣醤ベースはチキンに、甘いとろみ醤油ベースはごはんにかけてどうぞ。付け合わせのスープもエビのだしが効いています。

R03椰漿飯+咖哩鶏
NsiLemak with Curry Chicken
290元
ナシレマーク・チキンカレーは香辛料とココナッツの香りが食欲をそそる一品。チキンのほかにもピーナッツ・揚げ小魚・キュウリ・玉子がのっていて、これをスプーンとフォークでぐちゃぐちゃと混ぜて食べるのがマレーシア流だとか。ピリリと辛いですが、キュウリがいい箸休めとなってパクパク。
N03爸爸咖叻沙
Pappa Curry Laska
260元
アメリカのネットメディア「ハフィントン・ポスト」で、生涯で必ず食べたい世界十大美食の1つとして選ばれたのがこのカレーラクサ。いわゆる麺ですが、チキン以外にもフィッシュチップス(魚餅)・厚揚げなどが入っているのがマレーシアっぽい。ココナッツがまろやかで食べやすいのですが、あとからピリッとくるのが特徴です。
R04蘇丹黄黄組合
Super Rich Combo
450元
ボリュームもたっぷり!チキン・ビーフ・イカが楽しめちゃうコンボプレートです。カラリと揚ったチキンは塩気が効いていて◎。ちょっと濃い目の煮込みビーフはジュワ~と甘めソースが口の中に広がります。台湾では珍しいインド産のインディカ米を使用。ほかにも豊富にいろいろ食べられちゃう贅沢な1ディッシュです。

N1爸爸蝦麵
Pappa Prawn Mee
260元
ペナン島に移民した福建人により生み出された麺でペナンの代表的な料理です。新鮮なエビの殻と鶏の骨をじっくり煮込んで作ったスープは香り・味ともによし。辛味があとを引きます。

N11檳城炒粿條

Penang Char Kuay Teow
260元
元々ペナンの漁師や農民たちが好んで食べた料理です。平たい米の麺の焼きそばといったところで、エビ・玉子・もやし・ニラなど豊富な具が入っています。中華料理発祥であり醤油味ベースなので日本人の口にも合う料理の1つです。
N04檳城亜参叻沙
Penang Asam Laksa
260元
2011年CNNの旅番組で世界の美食50のうちトップ7に輝いた一皿です。シェフが営業開始の4~5時間前から新鮮な魚や香辛料とともに煮込んだスープが特徴です。トッピングにはキュウリ・ミント・パイナップルも乗っかっていてなんとも南国らしいヌードルです。 

B01爸爸海南蒸麵包+牛油與烘咖央
Pappa Hainan Steamed Bread with Butter and Kaya
90元
朝食としてもピッタリなパンにバターとマレーシアならではのカヤジャムのセット。パンはもちもちっとしていてふっくら。カヤジャムとはココナッツと卵・パンダナスの葉のエキスなどを混ぜ合わせたものでちょっぴり甘いですが、クセになりそうなおいしさです。

D01爸爸鴛鴦(熱)
Pappa Cham(Hot)
80元
白コーヒー(※下記D04 )にスリランカ紅茶とコンデンスミルクをまぜた海南風の鴛鴦茶です。テータリック(※下記D09)同様にパフォーマンスを見せてくれます。(実際のパフォーマンスはバーカウンターで行なわれるので見たい方はそちらまで行ってみてくださいね)

D04爸爸白咖啡(熱)
Pappa White Coffee(Hot)
80元
マレーシアのコーヒーといえば白コーヒー。通常のコーヒーと違い焙煎時にマーガリンや砂糖を混ぜるのだとか。「Pappa Rich」ではバターと砂糖を加えて焙煎後砕いて淹れます。すでにミルクや砂糖も入っているこちらはとっても甘い!
D09拉茶(熱)
Teh Tarik(Hot) 
90元
インド系住民によってもたらされたテータリックはインドのチャイにルーツを持つミルクティー。決定的な違いは牛乳の代わりのコンデンスミルクを使うこと。甘いです…。そして高い位置からカップへ注がれるパフォーマンスも見ものです。


D21三色奶茶(冰)「叮叮茶」
Rich Layer Tea Latte(Iced)
120元
70年の歴史があるドリンクで、紅茶・ミルク・パームシュガーの3層に分かれていることからこの名がつきました。また、スプーンでかき混ぜるとカラカラ(台湾人的には「叮叮」ディンディン)と音がすることから別名「叮叮茶」と呼ばれています。


D33熱帯青寧
Tropical Lemmon
150元
ミント+レモンの爽やかなジュース。アイスクリームもトッピング。夏にぴったり!


D41茘枝汽水
Lychee Soda
90元
ライチソーダ。想像より甘かったのですが台湾らしさも感じられる味。ライチのトッピングもうれしい♪
食後にサーブされるキャンディーでさっぱり

食後にサーブされるキャンディーでさっぱり

家庭でも楽しめるオリジナルインスタントコーヒー

家庭でも楽しめるオリジナルインスタントコーヒー

壁に飾られた温かみのある絵画 壁に飾られた温かみのある絵画 壁に飾られた温かみのある絵画

壁に飾られた温かみのある絵画

欣葉プロデュース

台湾の「PappaRich」は台湾料理の老舗として有名な「欣葉」とタッグを組んで経営しています。だからサービスも味も安心。なお「PapaRich」は今後日本への進出もめざしているとか。きっと日本でも話題になること間違いなし!その前に、台湾で一足お先に「PappaRich」体験しちゃいませんか?

以上、台北ナビでした。

記事登録日:2015-06-17

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-06-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

台北101、85階の欣葉食藝軒にて、食事はいかが?

台北101、85階の欣葉食藝軒にて、食事はいかが?

台湾中の食材がふんだんに使われたコースメニューが登場!

欣葉食藝軒(台北101)

欣葉食藝軒(台北101)

地上396メートルで食す台湾料理!台北101ビルの85階には、あの「欣葉」が君臨しています

欣葉

欣葉

台湾へ来たなら一度は訪れたい、台湾料理の老舗!おいしい料理とおもてなしの心に出会えます

台湾マダムも一目置く欣葉のおかみさん登場♪美食と美肌の秘訣とは・・・??

台湾マダムも一目置く欣葉のおかみさん登場♪美食と美肌の秘訣とは・・・??

欣葉のおかみさんのレシピ本が中国語に翻訳されました~!

新光三越A9館に、台湾料理の「欣葉」が登場!

新光三越A9館に、台湾料理の「欣葉」が登場!