スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ビューティー 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場
  • わいわい広場


小林髮廊

ShowLin Beauty Salon

閉店・移転、情報の修正などの報告

台湾ではお出かけ前のシャンプー&ブローは当たり前!?たっぷりの泡で洗うこのスタイルはクセになっちゃうかも♪

こんにちは、台北ナビです。台湾式シャンプー&ブローを体験すべく、ナビが今回選んだヘアサロンは、台湾に約250店舗のチェーン店を持つ「小林髮廊(シャオリン ファーラン)」の本店。若者やセレブの多い繁華街、東区にあり、アクセスもよし!スタイリストが最後に巻髪などのステキなスタイルに仕上げてくれるので、台湾風に、おでかけ前にちょっと立ち寄ってみる、というのはいかが?

来店客の7割以上はシャンプー&ブローのみ

常連さんのマイシャンプー

常連さんのマイシャンプー


聞いて驚きました!来店される地元のお客様の7、8割はシャンプー&ブローのみ。昔の人は、お出かけ前にヘアサロンでシャンプー&ブローするのが習慣で、常連さんは「マイシャンプー」をお店に置いています。自分の好きな香りでリラックスしながらシャンプーしてもらえるなんて、ちょっぴり贅沢ですよね★もちろん自分の好きなシャンプーを持ち込んでもOK。比較的空いているのは午前中なので、この時間帯が狙い目!昼過ぎから閉店までは、約60席あるこの店舗は満席状態。金曜の昼休みはOLさんたちでこみ合います。週末だからデート前に、お出かけ前にってことなんでしょうね。日本よりもずっと気軽に利用されている様子に、ナビもビックリ、でした。

気になる『小林(シャオリン)』の由来!


この名前を見て、もしかして日本人の小林さんが開業させたのかしら?と思った人も多いはず。実は私もそう。が、違うんですって。この店のごオーナーは房治林さん。実は、台湾では名前に「小(シャオ)」をつけて呼ぶと親しみのあるニックネームになるんです。 “小林(シャオリン)”とっても素敵な響きですね。小林さんは13歳のころから美容の修行し、わずか2年で美容師デビュー。しかし、1970年代初期、美容業は台湾社会においては誤解も多く、社会的地位も低い職業だったため、苦労も多かったようです。苦労を乗り越え、1975年に今の「小林髮廊」をオープンさせました。

スタッフの教育にも熱心!毎年ロンドンや日本に研修に!

小﨑さん出勤の日はラッキー、日本語でいろいろ説明が聞けます。最近日本人のお客さんも多いとか。

小﨑さん出勤の日はラッキー、日本語でいろいろ説明が聞けます。最近日本人のお客さんも多いとか。

研修中のスタッフたち。主にシャンプーを担当します。

研修中のスタッフたち。主にシャンプーを担当します。

スタイリストさん スタイリストさん

スタイリストさん

聞くところでは、小林さんの次男の奥さまはなんと日本人!ロンドン・ヴィダルサスーンアカデミーに留学中に知り合ったという奥さま、小﨑和世さんにいろいろとうかがってみました。
「毎年キャリアアップのため、何名か、ロンドンや日本にスタッフを派遣し、研修させ、技術を身につけさせたり、流行をチェックします」とのこと。また、来店してみて意外だったのは、15-18歳までのスタッフが多いこと。実は美容の専門学校に通いながら、修行をしている学生さんたちなのでした。小林髮廊は台湾では珍しく、学校と提携して、実地トレーニングしながら独自でスタイリストを育てるスタイルをとっています。3年間勉強しながら修業をし、その後スタイリスト見習いを半年から1年。その後、試験を受けて合格すると、正式にスタイリストとしてデビューできるのだそうです。

いよいよ台湾式シャンプーを体験

この座ったままでのシャンプー。さてさてどうやって泡立てていくのかな~と興味津津。シャンプーに、少しずつ水を加えながら、器用に泡立てていきます。お見事!!途中で一度泡を捨てに行くほど、この泡立ちっぷりはすごい。
今回担当の小Eくんは高雄出身の18歳。親元を離れ、将来スタイリストになるため頑張っています★

今回担当の小Eくんは高雄出身の18歳。親元を離れ、将来スタイリストになるため頑張っています★

シャンプーの前に髪を梳いてくれます

シャンプーの前に髪を梳いてくれます

今回使用したシャンプー

今回使用したシャンプー

水を加えながら泡立てていきます

水を加えながら泡立てていきます

たっぷりの泡で洗ってもらってきもちいい~

たっぷりの泡で洗ってもらってきもちいい~

泡を捨てに行くときはこんな感じになっちゃいます・・・(笑)

泡を捨てに行くときはこんな感じになっちゃいます・・・(笑)


洗いながらときどきググッとマッサージしてくれて、これまた気持ちいい~。ツボを刺激されてる感じで、硬くなった頭皮がほぐれていきます。週に何度も通っちゃう常連さんの気持ちがわかる~。クセになりそう。

そしてシャンプー台へ移動。あれれ、アイマスクとかないのね。このシャンプー台は首に負担がかからなくて、すごく楽チン。きれいに洗い流したあとは、リンスで仕上げ。ここでもマイトリートメント持参OK。(スチームを使ったりするもののみ別料金がかかります)


髪を洗い終わったら、ホットタオルを首に巻いてくれるのですが、これがまたジワジワ~と温かくて気持ちいいの。そしてここからは、スタイリストさんにバトンタッチ。名古屋のお嬢様っぽく、くるりと巻いてくれました。スタイリスト1年目の担当者だとシャンプー&ブローで180元ほど。(ベテランになるほど金額はアップします)こんなにみっちり洗ってもらって、セットしてもらって、こんなに安いの?小﨑さんによると「お客様への感謝の気持ちを込めてこの値段に設定しています」とのことでした。サラサラに仕上がって、いつもとちょっぴり違う髪型に大満足です。
ホットタオル&軽くマッサージ ホットタオル&軽くマッサージ

ホットタオル&軽くマッサージ

スタイリストさんにブローしてもらいます スタイリストさんにブローしてもらいます

スタイリストさんにブローしてもらいます

Before

Before

After

After

■基本的に1人のスタイリストさんがコーディネートしてくれます。シャンプーはアシスタントが担当するので、もしアシスタントの指名の希望などがあればシャンプー前にスタイリストに伝えます。出来上がりの希望の髪型があれば遠慮なく伝えてください。雑誌の切り抜きや写真を持っていくと便利。

★ちょっぴり贅沢なヘアサロンの使い方★

ネイルケア中

ネイルケア中


さて、ここ「小林髮廊」で見つけた究極に贅沢なヘアサロンの使い方♪メニューを見てみると、なんとヘッドスパや、ネイルケア、フットマッサージなんてメニューもありました。フットマッサージはヘアーと同時進行が可能。ちょっと意外だったのが、ネイルケア(爪切り)のみに来店される男性客もいらっしゃること。こんな使い方もあるんですね~。そして無料のお茶やコーヒーのサービスまでもあるんです。コーヒーはスイス製のバリスタマシンを利用しているこだわり様。きっと至福のひとときになること間違いなし♪
マッサージ師常駐なんです

マッサージ師常駐なんです

カラーやパーマならテレビを見ながら!
というのアリ こだわりのバリスタマシーン

カラーやパーマならテレビを見ながら! というのアリ こだわりのバリスタマシーン

こだわりのバリスタマシーン

こだわりのバリスタマシーン

~台湾人のヘアサロンの選び方~

高級サロンにしか卸さないというロレアルの別ブランド、ケラスターゼ

高級サロンにしか卸さないというロレアルの別ブランド、ケラスターゼ


みなさんヘアサロンはどのように選びますか?台湾人はまず、シャンプー&ブローを体験して、スタイリストさんとのコミュニケーションを深めます。ここでピタッとくれば、そのヘアサロンを選ぶ!ということなんですね。なるほど、一度お店の雰囲気やスタッフのサービスなどを確認できるので、これはいい方法ですね♪
岱珍さん(6番)はご指名の最も多い、人気のトップスタイリスト 岱珍さん(6番)はご指名の最も多い、人気のトップスタイリスト

岱珍さん(6番)はご指名の最も多い、人気のトップスタイリスト

★この時も常連さんが来店されてました。「小林髮廊」の看板は、街を歩けばいたるところにあるのだけれど、実は店舗によって値段やサービス内容が異なるそう。ここ本店はセレブや若者で賑わう東区にあり、有名な台湾デザートのお店『東區粉圓』のお店の2階にありますので、お買い物や観光ついでに気軽に立ち寄ってください。

以上、台北ナビでした。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2008-03-27

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    robin935

  • photo

    t-bell

  • photo

    タージー

  • photo

    タージー

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2007-11-05

スポット更新日:2014-06-15

利用日
女性 男性