楽天養生会館(中山店)

樂天養生會館(中山店)

閉店・移転、情報の修正などの報告

  • 10%OFF。(足の角質除去、耳掃除コ-ス割引なし)

    10%OFF。(足の角質除去、耳掃除コ-ス割引なし)
    李先生を指名する場合は割引が適用されませんのでご了承ください。

    (来店時に必ずナビクーポンをご提示ください)。

    【利用条件】 南京店でも適用されます。

    【提示条件】 来店時に必ずご提示ください。

    【有効期限】 2018-10-31

歩き回って疲れた身体に、整体&マッサージでリフレッシュ!足裏の角質取りは、かかとがチュルチュルに!

こんにちは、台北ナビです。
今回ご紹介するのは、足裏角質取り名人が店長のマッサージ店「楽天養生会館」です。ナビが訪れたのは、2010年4月23日にリニューアルオープンした中山店の店舗。MRT「中山」駅から徒歩5分のこちらのマッサージ店「楽天養生会館(中山店)」は、周辺に「リージェントホテル」など高級ホテルや、「新光三越」などのデパート、他にもお茶専門店やパイナップルケーキなどのお土産店があり、ロケーションバツグン。日本語堪能で優しいスタッフが出迎えてくれます。ショッピングやカフェの合間に、至福のときを過ごしてみるのはいかがですか?

オープンしたて!新しくて清潔な店内

こちら中山店はもともと同じ場所の2階に店舗を構えていました。となると、階段を上がらなくてはいけないため、足の悪いお客さんは大変な思いをしていたとか。店長の李亮さんはそんな方を気遣って、1階にも店舗を設けることを決めたそうです。ナビは今回1階の店舗で取材に。店内はとても清潔です。ちなみに、2階店舗も引き続き営業中。こちらはお店がグンと広くなりますので、好みによりどちらで施術を受けるか決めることもできるそうです。
メッセージカードがいっぱい!

メッセージカードがいっぱい!

どれも感謝の言葉ばかりです。

どれも感謝の言葉ばかりです。

2階店舗は広々 2階店舗は広々

2階店舗は広々

さて、約束の時間になり、胸を高鳴らせながらいざ店内へ。李さんと、先ほど店頭で呼び込みをしていた女性・アップルさん(この方もマッサージ師です)が、笑顔で出迎えてくださいました。日本語が堪能な台湾人の中には、日本語の口調が少しキツイ感じに聞こえる方もいますが(わざとではないんでしょうけど…)、李さんの日本語はソフトでとても優しい口調。聞いていてホッとします。荷物を入り口近くの鍵付きの棚にしまうと、ベッドのほうへ案内され、置いてある甚平に着替えるよう指示されました。薄手でとても快適、これで自分の洋服がしわになる心配もありません。

いざ、開始!

今回ナビが体験したのは、人気のA1コース(足裏+整体+全身マッサージ+足浴)とLコース(足裏の角質取り+足浴)です。まずは足浴で、足の裏の皮をやわらかくします。角質除去をする際のお決まりですね。目の前の大きなテレビでは、NHKのニュースが流れています。ゆったりした気分でラベンダー湯に足を浸すこと10分。
タオルで丁寧に足を拭いてもらったら、いざ、角質除去の開始です。

「刀片」とは?

この隙間で角質を削ります

この隙間で角質を削ります

角質除去初体験のナビ。期待と不安にドキドキです。李さんが、野菜の皮むき器のような道具でナビの足裏の角質を削り始めました。この道具は中国語で「刀片」というそうです。「刀片」は、1人のお客さんにつき1枚使用し、再利用はしないとのことです。清潔で安心ですね。さて、ヒールの高い靴を好んで履くため、足裏の皮が厚くなり、魚の目までできてしまっている悲惨な状態のナビの足。李さんは慣れた手つきでどんどん角質を削っていきます。女性はハイヒールを履く人が、男性は皮靴を履く人が、角質が厚くなりやすいそうです。そして代謝の良し悪しも角質に関係あるとのこと。ナビの足裏の状態を見た李さんに、ナビは代謝があまり良くなく、さらに少し乾燥もしていると言われました。ナビの足、本当に悲惨だぁ…。ですが、そんな悲惨な状態の足も、李さんの手にかかれば問題なし!実際、他店で手の施しようがなかったお客さんが、李さんを訪ねてお店に来ることもあるそうです。

削られる感覚って??


角質除去は痛くないと聞いてはいましたが、話に聞いていたとおり全く痛みはなく、くすぐったいわけでもなく、不思議な感覚です。
日本の角質除去は、「刀片」のような刃の道具を使うことが禁止されており、やすりで削るだけのため、台湾の角質除去ほどの効果は感じられず、多くの日本人のお客様が訪ねてくるそうです。李さんを訪ねるために、1年に3~4回台湾に来ている日本人の方もたくさんいるとか。
「刀片」を使って角質を削り終えると、仕上げに大きなやすりでシャッシャッと足裏全体を丁寧にこすってくれました。
約20分、両足とも角質除去を終え、李さんが「触ってみてください」。

自らの足裏をさすり、ナビは思わず「わぁ~!」と歓喜の声を上げました。まるで赤ちゃんの肌みたいにチュルチュル!!足裏がかなり薄くなったのが実感できます。
そして削り落された角質の量に愕然。ナビはやっぱり一般的な角質の量より多めだそうです。青い布に積もった白い角質は、まるで雪のよう…(綺麗に例え過ぎですか?)。これだけ削られ、足裏も薄くなり、身長も1センチくらい低くなったのでは?という気分です。乾燥を防ぐために、夜はクリームを塗ってから寝てくださいとのこと。靴下を履くのがベストだそうです。

つづいて足裏マッサージ

角質除去が終わると、そのまま足裏マッサージに入りました。
足裏から膝までクリームを塗り、李さんは程よい強さで足ツボを押してゆきます。ギューッと押したり、ゴリゴリとこすったり。「気持ちいい~」という箇所もあれば、「あー、ちょっと痛いな…」という箇所も。でもその痛さも、我慢できない痛みではなく、ちょうど良い痛さなんです。「あぁ、効いてる~」という感じです。
李さんは、足裏から膝上までしっかり揉むことで、足に溜まった老廃物を上へ流すのだと説明してくださいました。マッサージのあとは、水分をたくさん取って排出するように、とのこと。「じゃないと老廃物がまた下にさがってきちゃうから」と李さん。せっかく上昇させた老廃物が戻って来たら困ります!
マッサージ後はたくさんお水を飲みました。ちなみに冷たいものは筋肉や骨、腰、リンパに良くないという李さんからのアドバイスがあったので、飲み物を買うときは「氷抜き」(中国語は「去冰(チュービン)」)です。ちなみに冷たいものを飲むと「“気”が悪くなる」と李さん。「気」とは、その人の周りに漂うエネルギーという意味で、日本人のナビにはなかなか「気」の概念が理解できず、李さんに「気」について色々質問してしまいました。中華圏の人は、「血のめぐり」「代謝」の概念と同じ感覚で、「気」の概念があるそうです。中華圏独特の「気」の概念、なんだか面白いですね!

痛い?くすぐったい?気持ちいい?感覚は人それぞれ

足ツボマッサージといえば、「痛い」「イタ気持ちいい」などと聞きますが、その感覚は人それぞれ。そして、痛いからといって、身体が悪いというわけではないそうなんです。問題なのは、揉んだときにゴリゴリしているところ。「ここ、ゴリゴリしているでしょ?」とナビの足をマッサージしながらいう李さん。ナビにも、ゴリゴリした感覚が自分でわかります。李さんはそのゴリゴリしたところを揉みほぐしながら、身体の悪い部分を教えてくれます。
また、マッサージ時は自分の体調をすすんで伝えるようにしましょう!特に女性は、生理中は子宮や卵巣のツボを押さないほうがいいそうなので、恥ずかしがらずに伝えてくださいね。
最後に熱いタオルを膝上まで包んでくれました。思わず「あつーい!」と声を上げたナビですが、ほどなくその熱さが気持ちよくなりました。熱いタオルの上から乾いたタオルをくるみ、仕上げのマッサージに入ります。
李さんは手をこぶしにしてナビの足をトントンと小刻みに叩いたり、肘を使って足裏をグイグイ押したり。これがすっごく気持ちいい!足に残ったクリームをタオルで拭き取りながら、最後のマッサージをして、終了。いやー、極楽でした。

つづいて整体へ

整体用ベッドへ移動すると、壁に大きなタイマーがかけてあるのが目に入ります。これで「知らないうちに施術時間を短縮されてないかな?」と心配する必要はありません。ベッドの穴に顔をおさめ、完全にリラックスモードのナビ。「寝てしまいそう~」と思っていたのですが、ここからアクロバティックな整体の幕開けとなったのです!足を引っ張ったり、押したり、パキパキと骨の鳴る音がナビの耳にも入ってきます。
李さんいわく、ナビは身体の歪みはないそう。やった!両足を比べてみたとき、歪みのある人は左右の長さが違うそうで、身体の歪みは、整体に通うことで良くなるそうです。

恐怖のバキバキ!!

腰、背、肩と順番に指圧され、そのたびにパキパキと骨の鳴る音がします。顔を横に向くよう指示があり、李さんは優しい声で「息を吐いて~」とささやきます。ナビはいわれた通り顔を横に向け、「フー」と息を吐いていると、李さんは先ほどの優しい声とは正反対の力強さで、バキバキッ!と横顔を押すではありませんか!突然の動きと力の強さと恐ろしい音に、思わず「うっ!!!!」と唸ると、李さんから「次は反対を向いて」と指示がありましたが、また同じバキバキ!をされるのかと思うと、痛いわけではないけれど、あまりのバキバキ音に、ちょっぴり恐怖を感じました…。そして反対側も、予想通り大音量のバキバキ!をされ、「うっ!!!!」と苦しみの声を漏らすナビ。
ナビは肩と首が硬くなっていたそうで、原因はパソコンで長時間同じ姿勢をしていることみたい。やっぱり…。
ちなみに、整体も初体験のナビ。タイ古式マッサージのように激しい動きがたくさんあり、中盤で勢いよく足を引っ張られたときは、なぜか爆笑しちゃいました。全く予想していなかった動きにビックリしすぎて笑っちゃったんです…。
施術中声を出すお客さんは多いそうなので、皆さんも遠慮なく声をあげてくださいね(笑)。

施術後は、「決明子」というお茶を飲みました。中国語では「ジュエメイズ」と読みます。日本語にもある言葉で、「ケツメイシ」と読みます。これ、ハブ茶のことなんです。麦茶のような味で、ホッとした気分になりました。こうして水分を取って、老廃物を排出するんです。

職人の手

李さんに「手の写真を撮らせてください」とお願いすると、「私の手は良い見た目ではないですよ」と恐縮しながらも、写真を撮らせてくれました。これぞ、マッサージ歴12年以上のベテランの手。李さん、自分の手にできたタコを、自分で削ったりもするそうです。さすが!
また、店内はオルゴール音の音楽が流れています。リラックスしながらマッサージができそうですね。ふだん、スタッフ同士の私語は禁止されており、歩くときの足音も立てないよう気をつけているとのこと。お客様がリラックスできるように気遣いです。


この日もヒールの高い靴を履いて行ったナビ。帰り道の中山北路を歩いているときに気づきましたが、足が軽い!!ふだんの足のダルさが全くないのです。足裏マッサージって、こんなに効果があるものなんですね。皆さんも台湾旅行中、観光に、ショッピングに、歩き疲れたときは足裏マッサージでリフレッシュしてくださいね。
以上、台北ナビでした。
  • photo

記事更新日:2010-06-17

ページTOPへ▲

主なメニュー

メニュー 所要時間 価格
Aコース 130分 2,000 (元)
Bコース 100分 1,500 (元)
B2コース 100分 1,500 (元)
Cコース 70分 1,000 (元)
Eコース 約60分 1,100 (元)

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2006-05-02

スポット更新日:2017-05-11

利用日
女性 男性

支店情報

地図で見る

楽天養生会館(南京店)

楽天養生会館(南京店)

駅から1分の好立地。確かな腕と豊富なメニュー!足裏マッサージから整体、足の角質除去に耳掃除。すべておまかせ!